調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 酒類メーカー

「酒類メーカー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

酒類市場に関する調査を実施(2017年)

2017年07月03日 酒類市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸、輸入事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、アンケート調査、電話等による間接調査及び文献調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10分野(カテゴリー

2015年6月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

酒類市場に関する調査結果 2015

2015年06月19日 酒類市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年3月~5月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材と、アンケート調査、電話等による間接調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10 カテゴリーを対象として、算出した。 <低ア

2015年3月17日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査

2015/3/17“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査地ウイスキー、クラフトビール、着実な成長 〜 国内酒類市場は縮小続くも、新興勢力が台頭 〜はじめに若者のハード・リカー離れ、健康志向、第三のビールやプライベート・ブランド商品に象徴される根強い低価格志向。国税庁調べの酒類出荷量(国産+輸入、国税庁調べ)によれば、酒類全体の出荷量は2010年に900万klの大台を割り込んで以来、低迷が続いている。特に、ビール、清酒、焼酎の三大カテゴリーにおいて、その傾向が顕著だ。 しかし、その一方で“地

2012年5月31日東京商工リサーチフィードバック数:269ビジネス

「日本酒」メーカー倒産動向調査~ 10年間の倒産は74件 業歴100年以上が7割超 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 「日本酒」メーカー倒産動向調査~ 10年間の倒産は74件 業歴100年以上が7割超 ~ 「日本酒」メーカーの倒産は、2002年から2011年の10年間で74社発生し、そのうち7割以上を業歴100年超の老舗企業が占めた。また、売上高が判明した51社のうち、10年間で売上高が30%以上落ち込んだメーカーは36社(構成比70.5%)を数えた。急速に縮小する「日本酒」市場で、深刻な業績悪化に苦悩する業界の姿が透けて見える。 主な日本酒メーカ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ