調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 量的金融緩和

「量的金融緩和」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の名目GDPとマネーサプライから見えること

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 日本の名目GDPとマネーサプライから見えること乖離が大きい日本の名目GDPとマネーサプライ2012年央以降の日本経済は、アベノミクスもあって回復してきた。足元、景気は減速しているが、追加金融経済対策、円安株高に加えて原油価格安もあり、ふたたび景気は上向きになると見込まれる。ここで注目されるのが日銀の量的金融緩和策である。物価目標2%達成に向けて、年間の国債購入額80兆円を目途とする量的金融緩和が実施されており、長期金利が過去最低の0.2%台を記録する動

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

マーケットレター【底打ちしつつある米国リート市場】

底打ちしつつある米国リート市場2014年1月31日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に持ち直しつつあります。背景としては、12月に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)において量的金融緩和の縮小が決定されたものの、縮小幅を小幅にとどめたことに加え、当面はゼロ金利政策を継続する姿勢があらためて示されたことで市場の金融政策に対する懸念が後退し、長期国債利回りが低下に転じたことが挙げられます。1月に入ってからも、雇用統計こそ市場予想を下回る内容となったものの、多くの経済指標が米国の

マーケットレター【FOMCで量的金融緩和の縮小開始を決定】

FOMCで量的金融緩和の縮小開始を決定2013年12月19日<量的金融緩和の縮小開始>12月17-18日(現地)に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)で、量的金融緩和の縮小開始が決定されました。 FRB(米国連邦準備制度理事会)は、2012年9月以降、MBS (住宅ローン担保証券)を月400億ドル、同12月からはそれに加えて国債を月450億ドルのペースで購入する量的金融緩和を継続してきましたが、今回、MBSと国債の毎月の購入を各50億ドル減額し、それぞれ350億ドル、400億ドルとし、総

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国・資源国を取り巻く環境変化 ~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~

経済トレンド新興国・資源国を取り巻く環境変化~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~経済調査部西濵 徹(要旨)○国際金融市場において米国の量的金融緩和の縮小が意識されて以降、世界的なマネーの動きは大きく変化して新興国経済に悪影響が出る懸念が高まっている。緩和マネーが新興国の景気を押し上げる構図が終わりを迎えつつあるなか、中国経済の減速も重なり、世界経済を取り巻く環境は変化している。特に、新興国や資源国の中には経常赤字を抱える国が少なくなく、近年の景気刺激策によって財政状態が悪化している国

2013年8月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的緩和・円安でデフレから脱却できるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 量的緩和・円安でデフレから脱却できるのか?拡張ドーンブッシュモデルに基づいた構造VAR分析 ◆安倍政権の誕生した2012年末から追加的量的金融緩和が発表された2013年4月を通じて円ドルレートは大きく減価したが、その後5月に直近の最安値を記録して以来方向感を失っている。本稿ではまず、量的緩和政策がもたらしたこの一時的かつ急激な減価のメカニズムを理論と実証の両面から検証する。検証に当たっては短期・長期の

2013年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年8月) ~リスクマネーの変調で、かさ上げされた成長率の下押しは避けられない~

1/10Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年8月)~リスクマネーの変調で、かさ上げされた成長率の下押しは避けられない~発表日:2013年8月13日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨)アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率2013 年予測中2014 年予測2015 年予測国+7.4%(前回+7.8%)+7.0%(前回+8

コモディティ・レポート (2013年5・6月)

I.コモディティ市況全般:国際商品市況は一進一退コモディティ市況は、4月中旬に大幅下落した後、5月以降は一進一退で推移している。各コモディティをみると、需要は緩やかに増加する一方で、供給余力が大きいものが多く、市況は上値・下値とも限定的である。マクロ経済環境もバランスがとれており、コモディティ市況全体は横ばい圏の推移となろう。II.エネルギー市況:ブレント原油は100ドル台前半を中心に推移国際指標とされるブレント原油は、4月に96ドル近くまで下落した後、5~6月は100ドル台前半を中心に推移して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ