「金利上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月11日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

2017年3月の主要銀行の住宅ローン金利

「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS 3月の住宅ローン金利動向報道関係者各位2017年3月7日株式会社MFS3月の主要行住宅ローン金利は10年固定でやや上昇傾向 フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都新宿区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、3月の主要銀行の住宅ローン金利をまとめましたのでお伝え致します。ハイライト・ 変動金利と長期固定は前月と同じ水準・ 10年固定は10年スワップレート上昇に伴い上

『米REIT市場』足元の調整局面を考える

『米REIT市場』足元の調整局面を考えるは2010年から直近までのREIT指数の動きである。足元では今年1月末から調整局面にある。REITは昨年10月〜今年1月の4カ月で25%の急騰を演じた。相場に過熱感が出始めた時に、『利上げ観測』が高まり、調整のきっかけになったようだ。P/NAV(株価/純資産価値)は1月末の+10.8%から5月末には−3.5%と、割安の水準にまで調整が進んでいる。米国が年内に利上げとなると、2006年以来、9年ぶりの利上げになる。は前回の利上げ局面(2004年〜2006年)

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

PB黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある

リサーチ TODAY2015 年 6 月 18 日PB 黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本国債のCDSプレミアムの推移を示したものである。その水準は2009年頃までは欧米と同等の水準にあったものの、2011年3月の東日本大震災以降は、欧米より高めとなっている。このところ日本のCDSプレミアムに若干上昇の気配はあるが、基本的には落ち着いた水準にある。昨年末に、消費税率引上げが2017年4月まで先送りされたので、財政規律への不安

ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号

ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は足元で120円台後半とやや上昇しているが、依然膠着状態

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―湯元 健治 (株式会社日本総合研究所副理事長) 松永 明 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局審議官(経済産業政策局担当)) 2015年度の日本経済を展望する。その前提として、米国、欧州、中国を中心に世界経済が抱えるリスクについて、幅広い角度から分析。同時に、過去2年間のアベノミクスの成果を3本の矢に沿って検証。今後、日本経済がデフレから脱却し、少子高齢化、人口減少の下でも持続的な成長を続けるための課題を成長戦略に焦点を当

市場拡大が続くJ-REIT~需給懸念はあるが収益力に期待が持てよう

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月11日市場拡大が続くJ-REIT~需給懸念はあるが収益力に期待が持てよう J-REIT市場は、2013年半ばから堅調な推移が続いていましたが、2015年1月に1,990ポイント(東証REIT指数ベース)の高値を付けた後、軟調な値動きとなっています。これにはいくつかの要因が考えられますが、その大きなものとして「金利要因」と「需給要因」が考えられます。J-REITは投資家からの出資に加え、借り入れや社債などで資金を調達しており、

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年3月9日~) ~景気の強さに応じた米金利上昇なら日欧にはプラス~

Weekly Market Report(2015年3月9日~) ~景気の強さに応じた米金利上昇なら日欧にはプラス~

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 昨年の反省を生かしてUSD/JPY115予想を据え置く

Global Market Outlook昨年の反省を生かしてUSD/JPY年末予想115を据え置く2014年8月21日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15576.4716,979.139,314.576,755.484,240.79103.87 円1.324

ドル円相場、再始動の秋~マーケット・カルテ2014年9月号

ドル円相場、再始動の秋~マーケット・カルテ9月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円相場、再始動の秋~マーケット・カルテ9月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は7月末にやや円安方向に振れたが、8月には再び102円台での膠着した推移が継続している。目先は材料難もあって、相場観が大きく変わるとは考えにくい。夏の間は

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

QE3終了へのカウントダウン~マーケット・カルテ2014年8月号

QE3終了へのカウントダウン~マーケット・カルテ8月号 | ニッセイ基礎研究所 QE3終了へのカウントダウン~マーケット・カルテ8月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月に入ってからもドル円相場は膠着推移を続けている。好調な米雇用統計を受けたドル上昇も長続きしなかった。しかし、今後3ヵ月という時間軸では、従来の見方同

【2014年5月米住宅販売】住宅市場にも明るさが

【5月米住宅販売】住宅市場にも明るさが | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅販売】住宅市場にも明るさが 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月23日に全米不動産協会(NAR)が5月の中古住宅販売件数を、24日には米国商務省と住宅都市開発省(HUD)が共同で5月の新築一戸建て住宅販売件数を公表した。5月の中古住宅販売件数は季調済の年換算で489万

Market eyes No.122【『金利上昇』と『米国REIT市場』】

Market eyes No.122【『金利上昇』と『米国REIT市場』】

“金利上昇に備える”債券への人気が高まる

“金利上昇に備える”債券への人気が高まる

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook やっぱり「強い雇用統計」が欲しい

Global Market Outlookやっぱり「強い雇用統計」が欲しい2014年2月12日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:04 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14800.0615,994.779,478.776,672.664,283.32(円)14900前日比81.721

波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号

波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号 | ニッセイ基礎研究所 波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月入り後のドル円相場は、堅調な米経済指標や財政協議の合意(政府閉鎖回避)を受けた米緩和縮小観測の高まりと日銀の追加緩和観測の高まりによって円安基調をやや強め、中

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

みずほ米国経済情報2013年11月号[米国経済の概況]◆政府機関の閉鎖の影響は、消費者マインドの悪化を除けばほとんど出てきていない。むしろ企業業況や雇用、小売などは予想以上の出来栄えとなっている。ただ経済指標が「期待はずれ」の傾向を脱する動きはまだ鈍い。◆財政・政治面の動きが一服し、今月は金融政策の行方に関心が移った。イエレン次期議長の公聴会証言は基本的には新味に乏しい内容に終わったが、「株価はバブルでない」との発言は株式市場の追い風となったようだ。◆一方、予想外だったのは10月FOMC議事録で

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年11月4日~) ~ISMが強かっただけに、雇用統計まで動きにくいか~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年11月4日~)~ISMが強かっただけに、雇用統計まで動きにくいか~発表日:2013年11月4日(火)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日11月4日(月)11月5日(火)11月6日(水)11月7日(木)11月8日(金)11月9日(土)11月10日(日)国指標・イベント日本 祝日欧州-米国 パウエルFRB

米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めず

米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めず | ニッセイ基礎研究所 米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めず 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比0.9%と19ヵ月連続で上昇、前年比では12.8%の高い伸びとなった。一方、8月FHFA月例指数は前

2013年10月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2013年10月号)2013年10月23日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、全体として安定性を維持している。金融資本市場や金融機関行動において、過度な期待の強気化など、金融面の不均衡を示す動きは、現時点では観察されない。金融資本市場では、2013年度に入って各市場のボラティリティが高まったが、その大きさは、過去のストレス時に比べれば限定的なものにとどまっている。金融機関(銀行

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 | ニッセイ基礎研究所 割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 超低金利が続くなか、運用利回りの向上を目指す上では将来的な金利上昇に備えた国内債券運用が欠かせない。しかし今期末から始まる会計上の積み立て不足の即時認識

米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続

米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続 | ニッセイ基礎研究所 米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建て販売が前月比7.9%、中古販売が1.7%といずれも増加し、特に、中古販売では6年半ぶりの高水準へと続伸した。ただし、新築販売で

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年9月23日~) ~自縄自縛となったFRB議長を救うのは、素直な解釈による金利の低下~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年9月23日~)発表日:2013年9月24日(火)~自縄自縛となったFRB議長を救うのは、素直な解釈による金利の低下~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日9月23日(月)9月24日(火)9月25日(水)9月26日(木)9月27日(金)9月28日(土)9月29日(日)国指標・イベント日本 祝日欧州 欧製造

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 財政政策の話題再び

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 財政政策の話題再び底堅いがQE3の規模を維持させた金利上昇と財政問題は懸念材料 ◆財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳出の強制削減への対応、債務上限問題などの議論が行われなければならない。シリア情勢など議会で議論すべき課題は多いにもかかわらず、ねじれ議会の下では、課題は山積したままである。◆金利上昇と財政問題の不透明感などを背景に、9月は金融政策に変更はなかった。資産買い

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

この方程式はほどほどに 「タカ派=米金利上昇=日米名目金利差拡大=円安」

この方程式はほどほどに 「タカ派=米金利上昇=日米名目金利差拡大=円安」

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒 ~必要に応じて適切な行動をとる~

ECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒 ~必要に応じて適切な行動をとる~

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年8月5日~) ~9月縮小期待は後退も、米景気は着実に改善~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年8月5日~)~9月縮小期待は後退も、米景気は着実に改善~発表日:2013年8月5日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日8月5日(月)8月6日(火)8月7日(水)8月8日(木)8月9日(金)8月10日(土)8月11日(日)国指標・イベント日本-欧州 欧小売売上高(6月)米国 ISM非製造業景況指数

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

GlobalMarket Outlook 米住宅市場はバブル期並みの環境

Global Market Outlook米住宅市場はバブル期並みの環境2013年7月31日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:14 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値13668.321131.7015,520.598,271.026,570.953,986.611,994.78

米6月住宅販売:中古は年率508万戸に減少も、新築は5年ぶり水準に急増

米6月住宅販売:中古は年率508万戸に減少も、新築は5年ぶり水準に急増 | ニッセイ基礎研究所 米6月住宅販売:中古は年率508万戸に減少も、新築は5年ぶり水準に急増 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建て販売が前月比8.3%と急増、半面、中古販売では▲1.2%と減少し明暗を分けたが、前月に続き3年半ぶりとなる年率

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年7月8日~) ~業績相場移行への足掛かりができた~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年7月8日~)~業績相場移行への足掛かりができた~発表日:2013年7月8日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日7月8日(月)7月9日(火)7月10日(水)7月11日(木)7月12日(金)7月13日(土)7月14日(日)国指標・イベント注目度コンセンサスレンジ★+5,950+3,244~+11,5

2013年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連のDIは総じて改善、金利先高感が強まる ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2013年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%ptプラス、金融機関の貸出態度判断DIは1%ptプラス、借入金利水準判断DIは7%ptプラスとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善している。◆背景としては、業況判断の

2013年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利上昇は株高ドライバーのはず

米金利上昇は株高ドライバーのはず

良い金利上昇と悪い金利上昇

良い金利上昇と悪い金利上昇 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金利上昇には良い金利上昇と悪い金利上昇があるといわれている。良い金利上昇とは経済(景気)が良い(または将来良くなると見込まれる)時に上昇する金利、悪い金利上昇とは経済(景気)が悪い(または将来悪くなると見込まれる)時に上昇する金利である。近年の長期金利上昇はどの影響によるものな

2013年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今後は「今後のデータ次第」

Global Market Outlook今後は「今後のデータ次第」2013年6月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:44 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13014.581091.8115,112.198,197.086,348.823,839.34

インド経済の現状と今後の展望

インド経済の現状と今後の展望~ 鈍化するインド経済は、高成長軌道に復帰するのか? ~ ○インド経済は、2000年代半ばに、1947年の独立以来初めての高成長局面を迎えた。また、リーマンショック直後には、多くの新興国で経済成長率がマイナス転落する中、インドは、中国とともに経済が堅調に推移し、世界から注目された。しかし、2011年以降、インド経済は急速に鈍化している。○インド経済を足元で減速させている直接的な要因のひとつは、金利上昇である。金利上昇の背景となったのはインフレ率の上昇であった。金利上昇

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 米金利上昇と流動性低下だけで“債券離れ”は起きない

GlobalMarket Outlook 米金利上昇と流動性低下だけで“債券離れ”は起きない

2013年5月30日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

インフレ経済の基礎知識 ~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~

インフレ経済の基礎知識 ~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 「期待」に働きかけるだけでなく「協力」も働きかける異次元緩和

Global Market Outlook「期待」に働きかけるだけでなく「協力」も働きかける異次元緩和2013年4月4日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452317:22 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値12634.541037.7614,550.357,874

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年2月25日~) ~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年2月25日~)発表日:2013年2月25日(月)~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日2月25日(月)2月26日(火)2月27日(水)2月28日(木)3月1日(金)3月2日(土)3月3日(日)国指標・イベント日本-欧州 イタリア総選挙(~2

狼少年と国債金利上昇

狼少年と国債金利上昇 | ニッセイ基礎研究所 狼少年と国債金利上昇 経済研究部 主任研究員 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の財政状況を考えれば、国債金利(国債利回り)はいつ上昇しても不思議ではない…と言われるようになったのは、いつ頃からだろう。財政再建の必要性を強く訴える際の〝前フリ″として言われてきたことだが、巨額の財政赤字、経済規模比で見て

2013年1月10日旭化成★フィードバック数:1大型消費/投資

消費税増税による家計への影響についての調査です。

2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査

「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」の結果発表です。 「2013年の消費意欲と住宅需要」についてアベノミクス施行の前後比較アベノミクスが増税前消費を後押し=過半数超え(52.3%)増税前に買っておきたい商品2トップに変動なし=1位「住宅」、2位「自動車」増税でもアベノミクス効果により、夫のお小遣い額は下がらない傾向新築住宅は、「消費税増税前に購入したい」が8割以上「2013年の消費意欲と住宅需要に対するアベノミクスの影響調査」結果発表 旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都 新宿

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ