「金利市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性 | ニッセイ基礎研究所 通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性 金融研究部 准主任研究員 福本 勇樹日本の金利市場において金利低下が進んでいることから、本邦投資家が利回り確保のために外国債券へのアロケーションを増やすといった外貨投資に関する話題を聞くことが多くなっている。一方で、海外投資家による日本国債の保有残高がここ数年増加傾向にある。本邦投資家が利回り確保の観点で円建て資産への投資に対して悲観的になっている中で

2014年11月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の金融改革の進展と課題

中国の金融改革の進展と課題調査部上席主任研究員 藤田 哲雄    要 旨1.現在第12次5ヵ年計画に従って進められている中国の金融改革は、金利の自由化、 資本取引の規制緩和、人民元クロスボーダー取引の拡大、債券市場の発展、民間 資本の活用、預金保険制度の導入検討、地方政府の金融監督体制の整備など幅広 い政策課題を対象としている。 2.中国の金融改革において、残された重要な自由化項目としては、金利の自由化、 金融業務の自由化、為替の自由化、資本取引の自由化が挙げられる。このうち、 金利の自由化につ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ