「金利政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

米国経済(週次)予測(2015年1月16日)<連銀が長期に停滞する日本経済から学ぶべきはデフレではなく、異常な低金利政策を長期に維持しても経済が 持続的な高成長には戻らないこと>

米国経済(週次)予測(2015年1月16日)<連銀が長期に停滞する日本経済から学ぶべきはデフレではなく、異常な低金利政策を長期に維持しても経済が 持続的な高成長には戻らないこと>2015-01-19 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

広範な雇用問題と米金利政策~定性的判断を越えて最初の利上げ時期を占う方法~

広範な雇用問題と米金利政策~定性的判断を越えて最初の利上げ時期を占う方法~

2013年10月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

超低金利政策が引き起こす英国の不動産バブル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 超低金利政策が引き起こす英国の不動産バブルフォワード・ガイダンス、持ち家購入支援スキームに警戒 ◆英国で不動産価格の上昇が加速している。住宅金融組合最大手であるネーション・ワイドが発表する価格指数によると、2013年7月の住宅価格は前年同月比3.9%と2010年9月以来の大幅な上昇を記録した。金融危機以降、著しい復調を見せる不動産市況を背景に、超低層都市であったロンドンも建築物が高層化する傾向にある。

2013年4月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年3月)

▶3 月29 日のCQM は2012 年10-12 月期 (2012Q4)のGDP 統計(確定値)とそれ に対応する2 月の国民所得・消費支出のみ を更新した。 ▶その結果、支出サイドでは2013Q1 の実質 GDP 伸び率を2.97%から3.15%へ、所得サ イドでは1.98%から3.45%へとそれぞれ上 方に修正した(図表1)。▶連銀エコノミストの中で、ハト派対タカ派 の意見の相違がかなり表面化している。 ▶タカ派の代表であるプロッサーフィラデル フィア連銀総裁は低金利政策のコストの大 きさ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ