「金利水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

史上最低金利と債券の期待リターンを考える

史上最低金利と債券の期待リターンを考える | ニッセイ基礎研究所 史上最低金利と債券の期待リターンを考える 臼杵 政治債券金利が史上最低の水準にある中、債券の期待リターンをどう設定するか。ここではLeibowitzらの論考を参考に、現在の金利水準をスタートポイントとして、金利上昇の程度、投資期間によって期待リターンが決まることを確認してみたい。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社

予想外の利下げに踏み切ったオーストラリア

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月4日予想外の利下げに踏み切ったオーストラリア オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は3日、金融政策決定会合を開催し、政策金利を0.25ポイント引き下げ、2.25%とすることを決定しました。直前の市場予想では金利据え置きが優勢であったものの、足元で、原油価格の下落に伴なってインフレ圧力が低下しており、資源国を中心に、予想外の利下げや金融緩和が続くなか、同国もそれに追随する形での利下げとなりました。これまで、オーストラリア

低金利下での「イールド・ハント」の時代に注目されるCoCo債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月7日低金利下での「イールド・ハント」の時代に注目されるCoCo債 2008年の金融危機以降の世界的な金融緩和などにより、主要国の金利水準は未だ低い水準にあり、景気回復基調が続く米国でも足元の10年国債利回りは2%台となっています。長引く低金利の下、少しでも高い利回りを求めて投資先を探す「イールド・ハント(利回り追求)」の動きが強まっています。こうした中、近年、相対的に利回りが高い金融商品として、株式と債券の商品性をあわせ持

2014年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り引き続き堅調な企業金融関連DI 2014年7月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%pt高い10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査と同じ15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 | ニッセイ基礎研究所 日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 大山 篤之2010年10月5日、日銀は「包括的な金融緩和政策の実施」を公表し、資産買入等の基金を創設した。そして、この基金が廃止される2013年3月末までに28兆円の長期国債を段階的に買入れた1。更に、同年4月4日、日銀は黒田東彦総裁のもと、アベノミクスの金融政策の柱でもあった異次元の金融緩和「量的・質的金融緩和」の導入を決定する。具体的2には、消費者物価の前年比

2013年2月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:3社会/政治

国債を中心に日本の財政について分析しています。

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは?

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? | ニッセイ基礎研究所 日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? 押久保 直也1――はじめに2――日本国債の神話の背景3――中長期的な財政状況のシミュレーション4――今後求められる財政再建に必要な経済政策5――おわりに欧州債務問題を発端に、金融市場において各国の財政状況が非常に注目されており、ここ数年欧州の国債の金利水準に大きな影響を与えている(図表1)。先進国の国債はかつてリスクフリーの安全資産だと考えられていたが、もはや

2012年6月5日内閣府フィードバック数:3社会/政治

国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性

今週の指標 No.1033 国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性ポイント2012年6月4日 リーマンショック以降、各国(ここではアメリカ、ドイツ、英国、日本のことを指す。以下、同じ。)の国債の利回り(10年物)は低下傾向にある(図1)。利回りの変化には多くの要因があると思われるが、ここでは、各国の国債利回りに織り込まれる現在の経済成長率、物価上昇率見通しの違いから、今後の金利環境の変化の可能性について見ていく。 各国の国債利回りを比較すると、年限によって差異がある

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ