「金融危機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

資本市場の変貌と証券ビジネス

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。経済一般書資本市場の変貌と証券ビジネス 「証券経営研究会」は、わが国における証券経営の将来の方向性を検討するという実践的な課題を掲げ、大学や証券会社系研究所の研究者の参加も得て活動を行っている。本書は、資本市場の変貌、金融規制改革の動向及び証券経営をめぐる変化が急激かつ広範囲にわたる一方で、それらを包括的かつ体系的に、分析の俎上に載せるのは困難であったことから、執筆者それぞれが関心の強いテーマについて原

2015年3月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか:金融政策運営への含意に関する一考察池田大輔、黒住卓司(日本銀行) No.15-J-2, 2015年3月24日キーワード:金融危機後の緩慢な景気回復、全要素生産性の低迷、社会厚生最大化金融政策JEL分類番号: E52、O33:takushi.kurozumi@boj.or.jp(黒住)要旨先般の世界的金融危機に限らず、これまでの金融危機の歴史を振り返ると、危機後の景気回復は、通常の回

2014年12月2日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

国際移民アウトルック2014年版

OECDによると、移民トレンドの変化に対応する政策改革が必要2014年12月1日金融危機の影響で減少していた移民の動きが回復し、EU内では多くの人が移動し、OECD加盟国での移民登録が増加しています。OECD各国への高度スキルを持った移民の移動のほか人道的背景の移民も増加しています。OECDの最新報告書によると、このように移民の数・背景が変化する中で各国は移民政策を順次適応させる必要があります。国際移民アウトルック2014年版によると、OECD諸国への永住型移民フローは回復し始めており、新規の永

G-7(先進7カ国)の優等生『カナダ』~『経済』『財政』の健全性~

“⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM情報提供資料2014年12月1日No.144G-7(先進7カ国)の優等生『カナダ』~『経済』『財政』の健全性~【図表1】はG-7各国の『金融危機 (2008年)前のピー【図表3】はカナダの財政収支の推移である。同国は財ク』と『今年直近』の経済規模(実質GDP)を比較したも政健全化の早期達成に取り組んでいるが、2015年度のである。金融危機で落ち込んだ経済をどこまで回復さ(2015年4月~2016年3月)には財政黒字化を達成するせた かを示して い

2014年10月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)金融危機後の国際的要請を受けた資金循環統計の整備と拡充

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISH金融危機後の国際的要請を受けた資金循環統計の整備と拡充2014年10月15日 調査統計局 紺野 佐也子要旨2008年の金融危機を受けて、既存データでは把握できないリスクの積み上がりや金融・経済の脆弱性を把握することを目的に、新たな統計整備を進める動きが国際的に広がりをみせている。これを受けて、日本銀行では、資金循環統計の整備と拡充に取り組み、2011年から2013年にかけて、新たに3つのデータ(1.債券・貸出金のfrom-whom

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

米国における産業間の労働者移動と賃金動向

分析レポート海外経済金融米 国 における産 業 間 の労 働 者 移 動 と賃 金 動 向趙玉亮米国における賃金動向が注目されてい業(情報・通信業を除く)の流入が対照る。その理由は、景気・雇用回復局面に的である。製造業と建設業では金融危機おいての賃金上昇が停滞しているためでの影響を受け、労働者が大きく減少し、ある。2008 年金融危機後の大不況の影響その後緩やかに回復したとはいえ、リーを受け、大きく悪化した雇用環境は、そマン・ショック以前の水準に回復できず、の後の景気回復とともに、持ち直しつつ雇

2014年9月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDの調査です。

OECD Employment Outlook 2014

雇用の回復は、2015年も弱い2014年9月3日ほとんどのOECD諸国で、失業率は2014年後半から2015年にかけて徐々に下がるものの、2015年も金融危機以前の水準を上回る見込みだと、OECD雇用アウトルック2014は述べています。それによると、OECD地域全体の平均失業率は今後18か月で漸減し、2014年半ばの7.4%から2015年末には7.1%になります。これはほぼ4,500万人が失業していることになり、金融危機前よりも1,210万人多い状態です。世界全体で見ると、推定で2億200万人が

【米資金循環】米国における資金循環の動向

【米資金循環】米国における資金循環の動向 | ニッセイ基礎研究所 【米資金循環】米国における資金循環の動向 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿では米国の資金循環統計を用いて、金融危機後に生じた金融取引や金融資産・負債の変化を確認する。金融危機後の部門別の資金過不足を追うと、家計部門では一貫して資金余剰の状況が続いており、余剰資金額(名目GD

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 | ニッセイ基礎研究所 【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は金融危機で失われた雇用の「量」の面での回復は進んできたが、「質」の面での回復が遅れている。「雇用の質」を反映する指標のなかでも、賃金上昇率の動向には注目が集まる。イエレンFRB議長が雇用環境の改善は最終的に

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月6日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を公表した。5月の非農業部門雇用者数は前月対比で21.7万人の増加 (前月改定値:

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米経済のリセッションは2007年12月に始まり2009年6月

アメリカ経済についてのレポートです。

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に 土肥原 晋米国経済では金融危機からは5年が経過した。全治3~4年と言われ、実際、株価やGDPはリセッション前の水準を回復している。しかし、雇用や住宅市場がリセッション前の水準を回復するにはなおしばらく時聞を要しそうである。何より現在の回復

金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に

金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に | ニッセイ基礎研究所 金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済では金融危機からは5年が経過した。全治3~4年と言われ、実際、株価やGDPはリセッション前の水準を回復している。しかし、雇用や住宅市場がリセッション前の水準

アメリカ経済についてのレポートです。

資金循環に見る米経済の実態(2013年)

資金循環に見る米経済の実態(2013年) | ニッセイ基礎研究所 資金循環に見る米経済の実態(2013年) 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米経済の4-6月期は、主要な経済指標で、強弱が混在する状況となっている。好調なのは住宅関連指標と自動車販売であるが、いずれも金利低下のメリットが大きく、背景には金融危機時の落ち込みによるペントア

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

2009年、今年の日本を漢字一文字で表すと?(2009/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査2008年は、日本漢字能力検定協会が発表した「2008年を象徴する漢字」でも「変」が選ばれたように、世界金融の危機やゲリラ雨に象徴される異常気象、オリンピック、ノーベル賞での日本人の活躍、さらには相次ぐ首相の交代劇や米・次期大統領オバマ氏の勝利など、振り返れば喜怒哀楽の激しかった年となりまし

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12年夏をピークに、政府債務危機の連鎖による世界的な金融システムの混乱やユーロ崩壊への不安は後退しているが、ユーロ圏の景気後退は世界金融危機後を超える期間にわたり、失業率

米国の潜在成長力とシェール革命

米国の潜在成長力とシェール革命~金融危機の克服と「逆オイル・ショック」への期待~ 2013年02月14日○ 金融危機をきっかけに米国の潜在成長率の低下が懸念されるようになった。しかし、潜在成長率を決定する労働供給、資本投入、生産性の動向をみると、2000 年代前半から潜在成長率がすでに低下しており、低成長期に移行していたことが分かる。低成長下での金融面の不均衡の蓄積がバブルとその崩壊を招いたといえる。一方、金融危機の前後で、労働供給、資本投入、生産性の動きは大きく変化しておらず、潜在成長率のトレ

2010年8月10日IBMフィードバック数:11企業情報システム

日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題

プレスリリース日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題 2010年8月10日日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題パラダイム・シフトに直面し強い危機感創造性とグローバル思考を備えたリーダーを求め人材改革に積極的意思決定の迅速さを重視しトップダウン志向、特に「花形」企業に顕著日本IBM(社長:橋本孝之、NYSE:IBM)は、今年5月に発表した世界のCEO(最高経営責任者)を対象に行った調査結果「IBM Global CEO Study 2010」について、日本の

2009年10月19日野村総合研究所★フィードバック数:2大型消費/投資

NRIによる金融危機の個人への影響調査です。

金融危機が個人金融資産に与えた影響に関するアンケート調査

「金融危機が個人金融資産に与えた影響に関するアンケート調査」を実施 ~ 富裕層の金融資産は2008年9月から半年で約3割減少 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は2009年3月から4月に、全国の高額納税者297名を対象にした「富裕層アンケート調査」を、また同年7月から8月に全国の20~74歳の男女計1,472名を対象にした「金融商品についてのアンケート調査」をそれぞれ実施しました。「富裕層アンケート調査」は2007年1月から3月、「金融商品につ

2009年8月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

金融危機後の製造業向けITビジネスに関する調査結果 2009

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2009年5月11日矢野経済研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

派遣市場の悪化に関する調査結果が出ました。

金融危機後の人材派遣市場に関する調査結果 2009

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2009年2月9日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

自治体財政と公会計改革に関するアンケート

金融危機による税収減の中、医療・福祉関連歳出の増加を懸念 ~ 「自治体財政と公会計改革に関するアンケート」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年10~11月に、都道府県及び人口20万人以上の市区町村を対象に、「自治体財政と公会計改革に関するアンケート調査」を実施しました。その結果、回答自治体の約8割が金融危機は地域経済に悪影響を与え、税収減の可能性があると考えています。またそのような環境下で、医療・福祉関連の歳出が拡大すること

2009年1月5日野村総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

「広告」は真っ先に削られるそうです。

金融危機下における日本企業の経営戦略に関するアンケート調査

金融危機下でも、「守り」と「攻め」の経営戦略を同時に展開 ~ 「金融危機下における日本企業の経営戦略に関するアンケート調査」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年11月下旬に、国内上場・未上場企業を対象に、「金融危機下での経営戦略に関するアンケート調査」を実施しました。その結果、回答企業の約9割が自社を取り巻く経営環境が悪化していると認識し、半数を超える企業が現在の経営環境変化を脅威と認識しています。一方、経営環境変化に対して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ