「金融商品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月26日日経リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」

新生iDeCo加入者、予定含めてもまだ8.7%日経リサーチ、最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」の結果発表 2017.02.21  株式会社日経リサーチは21日、「金融総合定点調査『金融RADAR』」の最新版の結果を発表しました。この調査は生活者の金融に対する意識や世帯における金融行動の実態を総合的に把握するため、日経リサーチが定期的に実施しているもので、前身を含めると30年以上の歴史と実績を持っています。今回の調査は2016年10~11月に首都圏40キロメートル圏内に居住する、20歳以

2016年9月4日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016

マイナス金利で相談に行った人、13.7%日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016」の結果から 2016.08.29  株式会社日経リサーチは生活者の金融行動・意識の実態を把握する「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016」を7月27日から8月2日にかけて実施しました。今回は日銀が今年導入した「マイナス金利政策」や「FinTech」といったテーマに沿った設問を加えて、家計の資産運用意識などを探りました。調査は首都圏40キロメートル圏内の20~74歳の男女を対象にイ

2016年7月18日楽天リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

イギリスのEU離脱に関する調査

『日本国民のイギリスの国民投票に対する認知や関心は高く、現段階の反応としては批判的な意見が過半数を占めた。ただしビジネス・個人生活への具体的な影響や、円高を契機とした消費行動、イギリスへのイメージの変化は限定的。』イギリスのEU離脱に関する調査 2016年7月8日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司)は、イギリスのEU離脱に対する日本国民の反応についてインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2016年6月29日から30日の2日間、楽天リサーチに登録してい

消費動向に関する調査(2015年5月度)

プレスリリース「消費動向に関する調査(2015年5月度)」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 消費動向に関する調査(2015年5月度) 報道関係各位平成27年6月8日株式会社クロス・マーケティング 消費者意識に変化の兆し-消費動向に関する調査(2015年5月度)-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に、「消費動向に関する調査」を実施しました。調査背景・目的 本調査は、現在の消費者の暮らしの状況

2015年4月26日富士通★フィードバック数:0大型消費/投資

金融サービスについての調査です。

個人利用者向けアンケート結果に見る若者世代の金融商品・サービス利用状況

個人利用者向けアンケート結果に見る若者世代の金融商品・サービス利用状況2015年4月24日(金曜日)少子高齢化、人口減少によって金融機関の将来の顧客である若者世代(10代、20代)が減少しています。若者世代の新規顧客獲得は金融機関の今後を占う重要なテーマとなっています。若者世代は、現在どのように金融商品・サービスを利用しているのでしょうか?本稿では、2014年に富士通総研で実施しましたWebアンケート調査の結果に基づき、年齢別の金融商品・サービス利用状況について探って行きたいと思います。調査概要

2015年2月12日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

NRIの調査です。

NISAの利用実態調査(第6回)

■ NISAがきっかけで投資を開始した人が半数強今まで投資の経験がなく、2014年に初めて投資を開始した人(以下「新規投資家」)のうち、NISA口座で投資を始めた人は52.5%でした(図1)。新規投資家の過半数は、NISAをきっかけに投資を開始しています。 2014年末までにNISA口座を開設した人(以下「NISA口座開設者」)※3の中で、新規投資家が占める割合は17.9%、2014年以前から投資をしている人(以下「既存投資家」)の割合は82.1%でした(図2)。 NISA口座開設者を投資経験(

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

複雑な金融商品の評価に伴う外部専門家の利用に関する国際比較研究

複雑な金融商品の評価に伴う外部専門家の利用に関する国際比較研究

2014年9月11日金融庁★フィードバック数:0大型消費/投資

野村資本市場研究所委託のレポートです。

「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」報告書

平成26年9月10日金融庁「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」報告書の公表について金融庁においては、自助努力に基づく資産形成を支援・促進し、成長マネーの供給・拡大を図ることを通じて、わが国金融・資本市場の魅力を高める観点から、様々な税制改正要望を行っております。今後の金融庁における税制改正要望等の参考とするため、今般、「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」を株式会社野村資本市場研究所に委託しました。報告書については、別添をご覧下さい。なお、当報告書の内容は、金融庁の

個人の資産形成を見直す契機に

個人の資産形成を見直す契機に | ニッセイ基礎研究所 個人の資産形成を見直す契機に 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の政権交代からおよそ1年が経過し、日経平均は60%強上昇し、円ドルレートも20%強円安が進みました。こうした市場環境の改善を受け、個人の投資行動にも変化が見られ始めています。株

保険も含む金融商品についての調査です。

「金融商品」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「金融商品」について、オムニバス調査(NOS:

家計の金融資産についてのデータです。

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 | ニッセイ基礎研究所 世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、金融資産を保有している世帯の割合は9割前後を示していた20年前に比べ15ポイントほど減少し、2

新しい金融商品に対する敵意と警戒心 - 関西人の描かれ方との共通点

新しい金融商品に対する敵意と警戒心 - 関西人の描かれ方との共通点 | ニッセイ基礎研究所 新しい金融商品に対する敵意と警戒心 - 関西人の描かれ方との共通点 金融研究部 准主任研究員 高岡 和佳子関西育ちの僻みかもしれないが、関西人は他の地域出身者に比べてドラマやアニメで悪者扱いされることが多かったように思う。大人になった今でこそ、そこに他意は無く、キャラクター設定しやすい程度の理由だろうと思えるが、子供のころはそうはいかない。「いなかっぺ大将」で意地悪なキャラクターの西一1だけが関西弁を話

2011年10月21日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

外貨投資についての調査結果です。

外貨建て金融商品に関する調査

現在地楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > 外貨建て金融商品に関する調査 2011年10月21日外貨建て金融商品に関する調査楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、外貨建て金融商品に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月28日から29日の2日間、楽天リサーチ登録モニター(約210万人)の中から全国の20〜69歳、男女計1,000人を対象に行いました。 ■外貨投資の未経験者は約8割。うち、5割以上が外貨投資に消極的外

2011年3月11日アイティメディアフィードバック数:1マーケティング

誠VOICE 第14回「動画サイトでどんな動画を見ていますか?」

Business Media 誠のトップページ右下で行っているアンケート「誠VOICE」。第14回では見ている動画のジャンルと投資をする理由についてアンケートを行いました。 「動画サイトで主にどのような動画を見ていますか?」と質問したところ、「ドラマ・アニメ」(28%)と「音楽」(26%)が上位。「政治」(7%)や「ビジネス」(1%)という回答は少数派で、ほとんどの人は趣味で動画サイトを利用しているようです。動画サイトで主にどのような動画を見ていますか? 「あなたはなぜ投資をするのですか?」と聞

2009年10月19日野村総合研究所★フィードバック数:2大型消費/投資

NRIによる金融危機の個人への影響調査です。

金融危機が個人金融資産に与えた影響に関するアンケート調査

「金融危機が個人金融資産に与えた影響に関するアンケート調査」を実施 ~ 富裕層の金融資産は2008年9月から半年で約3割減少 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は2009年3月から4月に、全国の高額納税者297名を対象にした「富裕層アンケート調査」を、また同年7月から8月に全国の20~74歳の男女計1,472名を対象にした「金融商品についてのアンケート調査」をそれぞれ実施しました。「富裕層アンケート調査」は2007年1月から3月、「金融商品につ

「クロスメディア消費」に関する調査です。

消費行動に関する調査--ネットユーザーに拡がるクロスメディア消費の正体とは?

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、消費行動に関する調査を行った。 消費行動に関する調査は、「消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなる!?」に続き2回目となるが、今回の調査では、ユーザーの消費行動を情報収集と購入時の2軸から分析をした。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用しています。(サービスの詳細についてはページ下段をご参照ください)≪調査結果サマリー≫金融商品は75%、化粧品

金融商品の購入に関する意識調査~ライフイベントと金融取引の相関関係、投資系金融商品を購入する動機等について~

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ