「金融市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国は「バブル」で「バブル」の清算を目指すのか? ~金融市場が活況を呈する背後で内需の弱さに懸念~

中国は「バブル」で「バブル」の清算を目指すのか? ~金融市場が活況を呈する背後で内需の弱さに懸念~

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号)

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) | ニッセイ基礎研究所 ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) 5月下旬以降、急速な円安ドル高が進行したが、投機主導によるドル高の色彩が強い。今後も中期的には、日米金融政策の違いや本邦貿易赤字の再拡大、国内投資家による対外投資という3つの理由から円安ドル高基調が続きそうだが、当面のドル円の方向性は米経済の反発力にかかっている。一段のドル高には、市場が前のめりぎみに織り込ん

2015年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、金融引き締めの手綱緩めず ~景気後退懸念も、金融市場からの信認向上を優先する姿勢~

ブラジル中銀、金融引き締めの手綱緩めず ~景気後退懸念も、金融市場からの信認向上を優先する姿勢~

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号)

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) | ニッセイ基礎研究所 米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) 一般的に、利上げを行う国の通貨には上昇圧力がかかるため、過去の米利上げ局面ではユーロ安ドル高基調になったと考えられがちだが、必ずしもそうではない。ユーロ発足後の2回の米利上げ局面では、為替の動きがまちまちだったうえ、ともに金利差から考えられる為替の方向性とは逆の動きになった。過去の米利上げ局面では

2015年4月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

2015年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Market Flash 金融市場売らずに一役買う

Market Flash 金融市場売らずに一役買う

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実 ~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~

「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実 ~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号)

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) | ニッセイ基礎研究所 膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) ドル円は、3月上旬に一時122円を突破した後に下落し、膠着状態が続いている。一番の原因は利上げに慎重なスタンスが目立った3月FOMCによって、米早期利上げ観測が後退したことだ。さらに、米経済指標の弱含みもこれを正当化した。しかし、だからと言って急激に円高が進んでいるわけではない。それは、日米金融政策の方向

2015年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

自作自演(!?)の市場環境で小躍りするロシア中銀 ~同国金融市場が抱える潜在的リスクは一段と増幅する懸念~

自作自演(!?)の市場環境で小躍りするロシア中銀 ~同国金融市場が抱える潜在的リスクは一段と増幅する懸念~

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号)

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) | ニッセイ基礎研究所 日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(トピック) 今後の日銀の追加緩和について、筆者は「追加緩和有り」だと見ている。期限内の物価目標達成の見込みが低いためだ。目標時期を延期する手もあるが、日銀への信認低下を招き、その後の政策効果を阻害してしまうリスクがある。最終的には延期せざるを得なくなるにせよ、何もせずに延期するとは考えづらい。緩和のタイミングは、展望

2015年3月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

ベイルインをめぐる動きと金融市場への影響について

ベイルインをめぐる動きと金融市場への影響について

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号)

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) ドル円レートは120円をかなり割り込んだ状態が継続。原油安などを原因とするリスク回避の円買いが発生しているうえ、これまで円安シナリオを支えてきた前提である「日米金融政策の違い」と「日本の巨額の貿易赤字」に変化が起きているためだ。前者については、原油安の影響で米国の物価上昇が鈍化、これを一因として利上げ観測が後

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2015年1月号)~原油安に潜む少し先のリスク

金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(金融市場) 年明けの金融市場は波乱の幕開けとなった。その一因は原油安だ。原油価格はさらに下値を模索する展開も有り得、下がれば下がるほど、その悪影響への懸念も高まるだろう。しかし、現状の低価格が長期間続く可能性は低い。いずれ減産や開発停止の動きが見えてくると予想されるためだ。需給緩和に改善の兆しが見えれば持ち直しのきっかけ

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済~金融市場の不安定性に備えを~ ◆2015年は原油価格の急落、ギリシャ問題再燃で明けた。今後はFRBの利上げ開始も待っている。これらから想定される今年の世界経済の姿は「実体経済的には米国の独り勝ち状況が継続しながらもトータルの成長率は改善、ただし金融市場の不安定性からそのプロセスに脆弱性がつきまとう」といったものであろう。◆こうした中、新興国は実

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは回復力が弱く、1年8ヵ月連続のマイナスとなっている。その他の国・地域では、台湾・マレーシア・インドネシア・フィリピンが好調(もしくは堅調)を維持、韓国・インドが軟調に推移している。貿易面では、輸出入ともに全体的に見て生産面よりも低調に推移してい

けいざい早わかり 2014年度第12号:最近の原油価格の下落について

Q1.原油価格が大幅に下落していますね。Q2.なぜ、原油価格は下落しているのでしょうか?Q3.注目されていたOPEC総会では減産が見送られましたね。Q4.原油価格は、さらに下がるのでしょうか?Q5.原油価格の下落は、日本経済や世界経済にどのように影響しますか?Q6.原油価格の下落は、金融市場にどのように影響しますか?

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(金融市場) 2015年はどのような年になるのだろうか。海外のスケジュールを見渡してみると、最大の材料はやはり「米国の利上げ」になりそうだ。来年の世界経済・金融市場はこの地殻変動と向き合うことになる。欧州では、債務危機の後遺症に苦しむギリシャとスペイン、EU離脱問題を抱える英国の選挙が注目される

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

2014年11月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場で商社はなぜ「勝者」になったか

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>2月18日(土)8:00 ~ 2月18日(土)12:00(予定) みずほ総合研究所株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2055号

2014年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場に寄り切られたロシアルーブル ~変動相場制に移行も、ルーブル安基調が続く可能性は残る~」

金融市場に寄り切られたロシアルーブル ~変動相場制に移行も、ルーブル安基調が続く可能性は残る~」

2014年11月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の金融改革の進展と課題

中国の金融改革の進展と課題調査部上席主任研究員 藤田 哲雄    要 旨1.現在第12次5ヵ年計画に従って進められている中国の金融改革は、金利の自由化、 資本取引の規制緩和、人民元クロスボーダー取引の拡大、債券市場の発展、民間 資本の活用、預金保険制度の導入検討、地方政府の金融監督体制の整備など幅広 い政策課題を対象としている。 2.中国の金融改革において、残された重要な自由化項目としては、金利の自由化、 金融業務の自由化、為替の自由化、資本取引の自由化が挙げられる。このうち、 金利の自由化につ

金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに

金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替・株) 今回の追加緩和は衝撃的なものであった。これまでの市場の反応は、昨年の異次元緩和後に匹敵するレベルになっている。緩和の規模や質では異次元緩和のインパクトに及ばないが、時期のサプライズ感は異次元緩和以上であったうえ、タイミングも絶妙であったことで円安・株高圧力が増幅された。今後も中期的

2014年10月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル大統領選は決選投票に持ち越し ~現職優勢のまま決戦投票も、当面の金融市場は「大動き」が続こう~

ブラジル大統領選は決選投票に持ち越し ~現職優勢のまま決戦投票も、当面の金融市場は「大動き」が続こう~

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは?

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) 8月中旬以降、急速な円安ドル高が進行し、一時110円を突破した。安倍政権発足期待を発端に円高が終焉して以降、今回は3回目の大きな円安局面(第3波)にあたる。今回は、第1波(12年11月~13年5月)や2波(13年10月~12月)でみられたような米長期金利の上昇トレンドが見られない一方で、米2年債利

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) ドル円レートは、8月下旬以降急ピッチな円安ドル高となり、昨年末の水準をほぼ回復している。この間、米サイドでは、堅調な経済指標が続いているという点では従来と変わりがないが、QE3終了までのカウントダウンが残り僅かとなる中で、ジャクソンホールでのイエレン議長講演がそれほどハト派的でなかったことが加わり、米利上げに

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴

金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) ドル円レートについては年末にかけて円安が再開するとみている。そのメインエンジンとなるのは米長期金利だ。直近1年間の53週について米長期金利とドル円レートの関係性を調べると、方向性に強い関係が確認できる。今後は米利上げの足音が意識されやすくなることなどから米金利が徐々に上昇することで円安を促すだろう。また、本邦

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見通しは、多少上振れた。最近は価格転嫁が比較的スムーズに行われており、企業が価格引き上げに対して、以前より自信を深めている可能性が示唆される。ただし、自社販売価格見通し

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

2014年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ 利下げで内需低迷打開に王手 ~金融市場安定の好機を狙う、改革期待による資金流入も追い風~

メキシコ 利下げで内需低迷打開に王手 ~金融市場安定の好機を狙う、改革期待による資金流入も追い風~

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) この夏はエルニーニョ現象の影響による冷夏が予想されており、景気への影響も危惧されている。一方、夏の気温と株価の関係を過去3

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(株価) 30日に米ダウ平均株価が史上最高値を更新した。一方、わが国の株価は不振が続いており、日米株価の格差は鮮明だ。本来、日米株価の相関性は強いが、最近は相関係数が大きく低下している。一方、日本株とドル円レートとの相関関係は、相対的に強い関係性を維持。ドル円は、年初以降3円程度円高ドル安になっているが、この間の動きは米長期金利の動きと殆

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(短観) 3月調査日銀短観から、「企業の物価見通し」の集計・公表が開始された。物価見通しの平均値は前年比で1.5%~1.7%という結果であった。日銀が掲げる2%の物価目標には届いていないものの、近い水準が示された形だ。ただし、回答分布を見ると、2%近いインフレ期待が企業に幅広く浸透しているとは言い難い面もあ

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン、今後の利上げへの布石か(Asia Weekly (3/24~3/28)) ~信用拡大による金融市場のリスクを警戒し、金融政策の正常化に動く~

フィリピン、今後の利上げへの布石か(Asia Weekly (3/24~3/28)) ~信用拡大による金融市場のリスクを警戒し、金融政策の正常化に動く~

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

けいざい早わかり 2013年度第15号:ビットコイン

2014/03/18調査部 藤田 隼平 Q1.ビットコインはお金ですか? Q2.ビットコインはどのようにして発行されるのですか? Q3.お金ではないのに、なぜ価値があるのですか? Q4.価値がなくなってしまったという話を聞きました Q5.今回の騒動で金融市場や経済に悪影響はありませんか? Q6.危ない商品であれば規制すべきではありませんか?

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替・株) ドル円は足元103円付近まで回復してきているが、年初の105円台には距離があり、上値の重さは否めない。この原因は、主にドルの反発力が見られないためだが、米長期金利の上昇が限定的であることが影響している。直近のウクライナ情勢を別にすると、米金利低迷の最大の要因は米経済の弱含みと考えられる。さらに、テーパリングが

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず、日本株の下落率と円の上昇率は突出することになった。昨年5月のバーナンキ発言後も同様であったが、海外発材料の影響がドル円・日本株市場では増幅されている。影響が増幅される

金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに

金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) 最近の為替相場は日米金利差だけで為替を理解・説明することが難しくなっている。昨年のドル円レートを被説明変数とし、長期金利差を説明変数とする単回帰分析を行うと、1%金利差が拡大すると5.4円の円安ドル高が進むという関係性が示唆されるが、これによって導かれたドル円理論値と実績にはかなりの乖離(差)が存在。市場のリスクオン・オ

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ | ニッセイ基礎研究所 金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ 伊藤 拓之2013年も残すところ数日となった。今年は「アベノミクス」に代表されるように経済の明るいニュースが増え、日本国内の投資家には良好な成績を収めた方も多かろう。日経平均株価は2012年末の10300円台から16000円近辺まで50%を超え上昇し、為替相場(米ドル/円)は86円台から104円台へと大幅に円安が進み、輸

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(株・為替) 少し早いが今年の市場を振り返ると、先進国を中心に世界の株価は大きく上昇した。とりわけ、異次元緩和で急激な円安が実現した日本株の上昇率は主要国で突出することとなった。では、2014年はどのような年になるだろうか。来年の最大テーマはやはり、米量的緩和の縮小・停止だ。その他海外発では

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

21 March 2017 最新の『対中経済審査報告書 (OECD Economic Survey of China 2017)』によると、中国経済は成熟して、やや鈍化していますがより持続可能な成長の軌道に乗っており、今後の政策はより効率的で安定的で包摂的になよう目を向けるべきです。 17 March 2017 OECDの年次報告書、『成長に向けて (Going for Growth 2017)』によると、各国政府は、労働、生産、金融市場の改革の相乗効果を有効活用する総合的政策を実施して、低

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(株価) 10月終盤に米ダウ平均株価や独DAX指数が過去最高値を更新した。米量的緩和の早期縮小観測が後退したうえ、世界経済の回復基調が途切れていないためだ。一方で、日本株の上値は重い。投資主体別の売買動向を見ると、一貫して売りを続けているのが国内の個人投資家だ。景気における内需の堅調さとは対照的に、株式

2013年10月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

イエレン時代は金融市場になにをもたらすか

イエレン時代は金融市場になにをもたらすか

2013年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

金融市場の動き(2013年10月号)~急騰期における金利の動き

金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(金利) 安倍首相が消費税率引き上げを表明した。日本の財政再建を一歩前進させる措置である。しかし、日本の財政再建の道筋はまだ先が長いのも事実。そして、財政懸念が高まる際の弊害が最もダイレクトに出るのが(悪い)金利急騰だ。また、アベノミクスが仮に成功を収めるとした場合にも金利は上昇するはずだ。バブル期以降で「3ヵ月前と比べて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ