「金融庁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月16日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

Data 数字は語る 年率23.06% 2014年におけるNISAでの投資収益率 金融庁および日本証券業協会の統計を基に大和総研で推計した値

4 月 日に金融庁は、﹁NISA口座の利用状況について﹂を発表した。この統計によると、2014年のNISA口座での総購入額2兆9770億円に対し、年末の残高や受取配当等の総額は3兆3230億円となった。つまり、NISAで投資をした個人投資家の資産は時価で3460億円増えた計算だ。  単純計算では総購入額に対し・ %増えた計算だが、年初に全額が投資されたわけではないので年換算の収益率はもっと高い。金融庁の統計と日本証券業協会﹁NISA口座開設・利用状況調査結果﹂によるNISA口座での月当たりの購入

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

金融庁、ジュニアNISA創設を要望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融庁、ジュニアNISA創設を要望平成27年度税制改正要望①~金融庁(NISA関連) ◆2014年8月29日、金融庁は「平成27年度税制改正要望項目」を発表した。本稿は金融庁の税制改正要望のうち、NISA関連について解説する。◆金融庁は、0歳から19歳の未成年者が口座開設できるジュニアNISAの創設を要望している。主に、親や祖父母等から贈与を受けた資金を用い、親権者等が未成年者のために代理して運用を行

2014年3月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域金融機関に求められる役割と持続可能なビジネスモデル ~論点整理~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域金融機関に求められる役割と持続可能なビジネスモデル ~論点整理~ 2013年9月6日に金融庁から発表された「平成25事務年度 中小・地域金融機関向け監督方針」において、中小・地域金融機関に求められる役割は「適切なリスク管理の下、デフレ脱却のため成長分野などへの積極的な資金供給や、中小企業の経営改善・体質強化の支援の本格化」(「平成25事務年度 中小・地域金融機関向け監督方針のポイント」)であるとし

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載 2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの上場株式等の譲渡益、配当等に対する10%税率に代わって、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ