「金融政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

どうすれば経済成長できるのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月25日パブリック・ポリシー・チーム 主席研究員(パブリックポリシーリサーチ担当) 鈴木 準米国経済は比較的堅調だが、国際機関による世界経済見通しの下方修正が相次ぐなど、世界的に経済成長率は当面停滞ぎみになるという予想が足下で増えている。米国の金融政策が新興国経済へどの程度影響するか注目されるが、米国経済の復調に伴う金融政策の正常化が、世界経済全体が悪くなる原因になるというのも本来妙な話で

2015年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 | ニッセイ基礎研究所 6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が3日、政策理事会を開催、現状維持を決めた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施の方針を確認する一方、長期にわたる低金利の環境でのボラティリティーの高まりに「なれるべき」との見解を示した。ギリシャと支援機関との改革プログラムの交渉の進捗状況やECBとしての政策対応について

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ2015年6月4日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.75%に>ブラジル中央銀行は、6月3日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.75%としました。中央銀行は2014年10月に利上げを再開し、今回で6回目の政策金利引き上げとなります。利上げ幅の合計は2.75%になります。中央銀行は声明文において、「マク

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

異次元金融緩和が企業金融に与えた影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元金融緩和が企業金融に与えた影響『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 金融政策は様々なチャネルを通じて企業の資金調達や資金使途に影響を与える。日本銀行が2013年4月に導入した量的・質的金融緩和は、企業の銀行借入れや株式増資、転換社債型新株予約権付社債発行による資金調達を増やし、キャッシュフローの改善につながっている。企業は調達した資金で設備投資や対外直接投資を増やし、賃金の

2015年6月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 1999年に設立されたECB(欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月には

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 中国人民銀行はマーケット機能を重視した金融政策体系の構築に取り組んできたが、それでもなお中国で最も有効な金融政策は窓口指導や貸出総量規制である状況に変わりはない。足元の景気下振れリスクの増大に対応するため、中国は金融緩和を実施している。中小・零細企業向けの貸出を増やすという中国人民銀行の政

2015年5月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策3】巨額の超過準備解消が出日戦略の焦点

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策3】巨額の超過準備解消が出日戦略の焦点

2015年5月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策2】欧州は日米と一線銀行重視で資金供給

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策2】欧州は日米と一線銀行重視で資金供給

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今いちばん気になる統計は?

今、 いちばん気になる統計は ?2015年1‑3月期の経済成長率に注目 2014年10‑12月期の経済成長率は、 個人消費の 持ち直しや輸出の拡大を背景に、 消費税率8%への 引き上げ後初のプラス成長となった。 もちろん個人 消費は本格回復からは程遠いものの、 2四半期連続 でプラスになっている。 一方、 これまで積み上がった 在庫の調整圧力もあり、 生産活動の停滞から設備投 資は3四半期連続のマイナスとなっており、 これが消 費税率引き上げ後の景気持ち直しの足を引っ張って いる。  ただ、 2

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ2015年4月30日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.25%に>ブラジル中央銀行は、4月29日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.25%としました。今回の利上げは2014年10月の利上げ再開以降、5回目となります。利上げ幅の合計は2.25%ポイントになります。中央銀行は声明文において、「マクロ経済シ

ドル高が米経済に与える影響-ドル高の影響が一部顕在化

ドル高が米経済に与える影響-ドル高の悪影響が一部顕在化 | ニッセイ基礎研究所 ドル高が米経済に与える影響-ドル高の悪影響が一部顕在化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩14年夏場以降、米ドル高が加速している。実質実効為替レートは、02年の高値より低い水準に留まっているものの、主要通貨に対するドル高のスピードは過去20年で最も早くなっている。ドル高の要因としては米国と他国の金融政策のサイクルの違いが指摘される。さらに、ドル高は物価を押し下げることで物価目標の達成がさらに困難になるため、米金融政策

2015年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 | ニッセイ基礎研究所 4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が15日、政策理事会を開催した。今回は、ドラギ総裁が、会見で量的緩和の規模縮小(テーパリング)や期間短縮の可能性について、どのような発言をするかが注目されていた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施に注力する方針を確認するとともに、国債買い入れの下限となる預金ファシリ

けいざい早わかり 2015年度第1号:弱めの動きが出てきた米国景気

Q1.米国景気はどのような状態ですか? Q2.米国景気と金融政策は今後どうなるでしょうか? Q3.米国株の見通しはどうでしょうか? Q4.米ドルレートは上昇が続くのでしょうか?

2015年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0大型消費/投資

家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格

世界の視点から 家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格Òscar JORDÀ サンフランシスコ連邦準備銀行リサーチアドバイザー / カリフォルニア大学デービス校教授Alan TAYLOR カリフォルニア大学デービス校教授 / CEPRリサーチフェロー住宅は世界金融危機の大きな原因であった。そのため、現在の超低金利の下、住宅市場が新たなバブルで膨れ上がっているのではないかとの懸念がある。本稿では、先進14カ国の過去140年分のデータを用い、超低金利が長期にわたって続いた場合の金融安定リス

2015年4月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ 景気回復の遅さに苛立つ暫定政権 ~金融政策に負荷。民政移管の道のりが遅れるリスクも~

タイ 景気回復の遅さに苛立つ暫定政権 ~金融政策に負荷。民政移管の道のりが遅れるリスクも~

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>2015-03-30 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場の不安定化と金融政策~市場の流動性低下と国債買入れの持続性~

国債市場の不安定化と金融政策~市場の流動性低下と国債買入れの持続性~

コモディティ・レポート (2015年1・2月)

I.コモディティ市況全般: 1~2月は下げ止まり後、反発力弱いドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、昨年6月下旬をピークに下落傾向で推移した後、小幅反発している。マクロ経済環境をみると、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念された状況は一服している。今後、米国を中心に世界景気の底堅さが確認されるとともに、コモディティ市況は上昇するとみられるが、反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: 下落後、やや持ち直し国際指標とされるブレント

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方>

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方>2015-03-02 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

ニュージーランド・ドルの今後の見通しについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月4日ニュージーランド・ドルの今後の見通しについて ニュージーランド・ドルは、年内の利上げが予想される米国と、金融緩和の継続が予想される日本の金融政策の方向性の違いなどを背景に、対米ドルで軟調ながら、対円では底堅い推移となっています。ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)が、昨年7月に利上げの一時的な中断を示唆したことなどから、ニュージーランド・ドルは下落基調となりましたが、10月末に日銀が追加金融緩和を決定すると、対

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定2015年3月4日<臨時利下げの背景>RBI(インド準備銀行)は3月4日(現地、以下同様)、臨時的に政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にしました。 利下げの理由は、声明文によると、インフレ率が鈍化しRBIの目標レンジ内での推移が確認されたこと、景気は回復基調にあるものの生産活動や貸出動向などはまだぜい弱さが残るため、インフレ鈍化見通しが優勢なこと、最後に2月28日に発表された来年度予算案で政府が財政構造の質的な改善に取り組むことが確認されたこ

2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 | ニッセイ基礎研究所 11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国では、経済が順調に回復しているため、11年ぶりとなる政策金利の引き上げが確実な情勢となっている。しかしながら、米国以外の国が金融緩和を強めている結果、米国との金融政策スタンスの違いが顕著となっており、ドル高が進んでいる。このため、FRBは米国経済だけでなく、ドル高による実体経済や物価への影響を見極める必要があり、金融政策の難しい舵取りを

慎重な金融政策を貫くトルコ中央銀行~ユーロ圏での量的緩和は追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月27日慎重な金融政策を貫くトルコ中央銀行~ユーロ圏での量的緩和は追い風に~ トルコ中央銀行は2月24日の金融政策委員会で、主要政策金利である1週間物レポ金利の引き下げ(7.75%→7.50%)を決定しました。それに加え、今回は、市中金利の事実上の上限となる翌日物貸出金利および同下限となる翌日物借入金利の引き下げ(それぞれ、11.25%→10.75%、7.50%→7.25%)もあわせて決定しました。中央銀行は声明で、食品・エネ

米国経済(週次)予測(2015年2月13日)<Patientなどの空虚な言葉に頼り、金融政策をData-Dependentでタイムリーに決められない連銀>

米国経済(週次)予測(2015年2月13日)<Patientなどの空虚な言葉に頼り、金融政策をData-Dependentでタイムリーに決められない連銀>2015-02-16 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米金融政策の3つの論点~原油安、ドル高と国際情勢、コミュニケーション~

米金融政策の3つの論点~原油安、ドル高と国際情勢、コミュニケーション~

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

Vol.20120152原油価格下落の背景と影響○原油価格下落の背景には、OPECの減産見送り、世界経済成長率加速見通しの剥落、米国以外での通貨安による米ドル建て購買力の低下などの要因があるようだ。○原油などの資源価格の下落は、輸出国の経済にはマイナス、輸入国にはプラスに働く。特に日本経済へのプラス効果は大きい。○原油価格下落によるインフレ率低下は景気にはプラスとして、日米欧の中央銀行は金融政策のスタンスを当面大きく変えないだろう。しかし、価格下落がエネルギー関連以外に広がって期待インフレ率が下

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)2018年が重要なターニングポイントに ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本稿では、同予測における金融政策および為替レートの見通しについて、メインシナリオを解説しつつリスクシナリオを整理する。◆物価上昇率は総じて緩やかに加速する

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号)

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは120円をかなり割り込んだ状態が継続。原油安などを原因とするリスク回避の円買いが発生しているうえ、これまで円安シナリオを支えてき

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC 政策変更を急ぐ必要はない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 政策変更を急ぐ必要はない国際情勢などを見極める時間があるうちに課題を検討すべき 2015年1月29日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年1月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を維持し、3月と4月のFOMCにおける利上げ開始の可能性が低いことを示唆した

2015年1月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

スイスショックが日本に突きつけた教訓

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年 1 月 27 日No.2014-048スイスショックが日本に突きつけた教訓調査部 研究員 井上肇《要 点》 1月 15 日のスイス国立銀行による突然の政策変更とそれに伴うフラン相場の急騰は、日本に対して重要な教訓を突きつけた。 第1は、米国やユーロ圏などの大国・地域の金融政策を反映して動いている市場の流れにその他の国が自国の金融政策だけで抗うのが難しいということ。今回、米国とユーロ圏との金融政策の方向性の違いが

カナダが予想外の利下げ

カナダが予想外の利下げ2015年1月22日<予想外の利下げ>カナダ銀行(中央銀行)は1月21日(現地、以下同様)、政策金利(翌日物金利の誘導目標)を0.25%ポイント引き下げ0.75%にすると発表しました。声明文では、原油価格急落が経済成長とインフレに与えるネガティブな影響への対応のための利下げ決定としています。カナダでは、2010年6月、7月、9月に各0.25%ポイントの利上げが続けて実施された以降は、政策金利は据え置かれていました。カナダ銀行は2014年10月の政策金利発表時に、将来の金融政

トルコ:1週間物レポ金利を引き下げ

トルコ:1週間物レポ金利を引き下げ2015年1月21日<トルコの金融政策:1週間物レポ金利を0.50%ポイント引き下げ>トルコ中央銀行は、1月20日(現地)に行われた金融政策決定会合で、1週間物レポ金利を0.50%ポイント引き下げ、7.75%としました。一方、翌日物貸出金利(コリドー上限金利)、翌日物借入金利(コリドー下限金利)については、それぞれ11.25%、7.50%で据え置きました。事前の市場予想では、据え置きと利下げで見方が分かれていましたが、今回利下げが見送られたとしても、2月には利下

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国の金融政策は今後も『外圧』が決め手か(Asia Weekly (1/12~1/16)) ~人民元安で輸出は堅調な上、資源安により中国の需要に底入れの動き~

韓国の金融政策は今後も『外圧』が決め手か(Asia Weekly (1/12~1/16)) ~人民元安で輸出は堅調な上、資源安により中国の需要に底入れの動き~

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう>

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう>2015-01-13 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

投資環境レポート 2015年1月

2015年の投資環境展望○2014年は、世界景気が回復しつつもそのペースは緩やかであったことを反映し、主要国の債券利回りが低下する中、世界の株式市場は値上がりし、為替市場では米ドル高が進展した。○2015年は、インフレ率が引き続き低位に留まる一方で成長率は緩やかに上昇することが期待されているが、米欧の金融政策は逆の方向を向き始めている。○原油安は世界経済の回復を支える一方でインフレ率を低位に留めることから、米国の利上げは緩やかなペースで進む公算が高く、株式市場には好材料だ。○投資国の選別を行う上

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか?

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか? 2015/01/15経済・社会政策部 片岡剛士年も改まり2015年となった。のっけから反省とお詫びで恐縮だが、本コラムは毎月一回程度のペースを目途に発信することになっている。しかし昨年後半は拙著『日本経済はなぜ浮上しないのか-アベノミクス第2ステージへの論点』(幻冬舎)の刊行作業やその他の業務に忙殺されてしまい、滞りがちとなってしまった。今年は毎月一回の執筆ペースを少なくとも守れるよう努力していきたい。2014年の日本経済は、安倍政権の経済政策(

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油安の物価への影響と金融政策への示唆

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 原油安の物価への影響と金融政策への示唆“厳格な”インフレ目標がはらむ危険 2015年1月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆本稿では原油価格の下落がコアCPIに与える影響を説明したうえで、原油価格の動向と金融政策の関係について考察した。原油価格は主にエネルギー価格を通じてコアCPIに影響を与えるが、エネルギー価格の内訳を細かく見ると、燃料費調整制度により原油価格の下

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向設備資金貸出を金融政策のトランスミッション・メカニズムから検討 ◆本稿では、「量的・質的金融緩和」における設備資金貸出の動向について考察する。また、金融政策のトランスミッション・メカニズム(波及径路)が、我が国の現状の設備資金貸出にどのように作用しているかについても検討する。◆設備資金貸出残高は2006年度以降、緩やかな増加基調にあり、2014年9月末時点で

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の米国経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の米国経済見通し政策不透明感復活も民間部門は底堅く、金融政策は慎重に正常化へ 2014年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年の米国経済は、中間選挙を控えた政治休戦のもとで、外部要因に左右されつつも民間部門が堅調で、金融政策が正常化に向けた出口を探る1年だったと言えよう。◆12月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策について据

【2014年12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始

【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 | ニッセイ基礎研究所 【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12月17-18日(現地時間)に開催された。予想通り、金融政策の変更は無かった。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場

日米の金融政策の違い『ドル高・円安』を後押し

日米の金融政策の違い『ドル高・円安』を後押し

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 中間選挙とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 中間選挙とその後政治情勢が米国経済の回復を阻害するか否かは金融政策にも影響する 2014年11月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆労働市場では、一部の業種で労働需給が引き締まって賃金が上昇するなど、雇用の質の改善の兆候もある。個人消費や住宅市場は底堅いが、海外経済の減速懸念で企業活動の回復ペースは減速する可能性があり、米国経済が加速するまでには至ってい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ