「金融機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年9月4日トムソン・ロイターフィードバック数:0企業情報システム

クラウドがIT予算に占める割合、2019年に46%へと高まる見通し

トムソン・ロイターのウェブサイトでは、お客様のオンライン・エクスペリエンス改善のために Cookie を利用しています。本ウェブサイトにアクセスすると、お客様のコンピューター上に Cookie が保存されます。Cookie の設定は、ブラウザーから変更することができます。 クラウドがIT予算に占める割合、2019年に46%へと高まる見通しアジア金融企業の取り組み強化の意向、トムソン・ロイターの最新調査で判明 マーケットデータの大部分がクラウドで1年以内に必要に金融企業による

2018年9月3日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年8月2日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査

2017年度の国内FinTech市場規模は前年度比12.5%増の1兆184億円、2021年度には1兆8,590億円まで拡大すると予測 ~銀行APIを介した連携やサンドボックスなどの積極活用が更なる市場拡大のカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内FinTech市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにした。 FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模推移予測1.市場概況2016年度の国内FinTech(フィンテック)市場規模(FinTech 系ベンチ

2018年4月10日CBREフィードバック数:0大型消費/投資

CBREが日本の投資市場動向(2017年第4四半期)

本ウェブサイトでは、お客様により便利にご利用いただけるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。本ウェブサイトをご利用される場合は、弊社のCookieポリシーに同意したものとみなします。詳しく見る同意する 戻るCBRE 三大都市オフィス空室率・平均賃料速報(2018年2月期) 次へCBRE 三大都市オフィス空室率・平均賃料速報(2018年1月期) CBREが日本の投資市場動向(2017年第4四半期)を発表 2017年の世界の事業用不動産投資額は9,576億ドル、対前年期比2.1%増加

2018年3月28日金融庁フィードバック数:0社会/政治

偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況について

平成30年3月15日金融庁偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況について偽造キャッシュカード、盗難キャッシュカード、盗難通帳及びインターネット・バンキングによる預金等の不正払戻し等の被害について、各金融機関からの報告を基に、被害発生状況及び金融機関による補償状況を別紙1~4‐3のとおり取りまとめました。1.対象期間以下の期間に発生した被害について、犯罪類型ごとに集計しています。■偽造キャッシュカード犯罪:平成12年4月から平成29年12月 ■盗難キャッシュカード犯罪:平成17年2月から平成

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2017年を振り返って(下)

公開日付:2017.12.29厚労省が労基関係法違反企業を公表 押し寄せる「働き方改革」の波 5月10日、厚生労働省労働基準局監督課が、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として法令違反した企業名を初めて公表した。違法な長時間労働や賃金未払いなど、いわゆる「ブラック企業」を想起させるこの企業リストは同省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環だ。違反企業は毎月定期的に掲載され、総数は全国で500社を超えた。企業名の公表は概ね1年間で、公表を続ける必要性がなくなったと認められる場合や是正及び改善

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

京都府内企業のメーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/26京都府内企業のメーンバンク実態調査(2017年)8年連続で京都銀行が首位〜 京都市内、「不動産」では京都中央信金が首位 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営基盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心に

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/19鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア48.62%〜 ランキング、上位15位に変動なし 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強まり

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査

2017/12/19第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査多摩信金がシェア22.97%で、9年連続の首位〜 シェア増加率首位も、多摩信金 〜はじめに帝国データバンクは、2017年11月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社)に収録されている多摩地区企業(2万7261社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し、集計した。調査対象は全業種全法人で、個人経営も含む。同調査は2016年12月に続き、今回で10回目。■本調査は「COSMOS2」に収録されている企業のデータ

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

島根県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/18島根県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア6割超〜 上位15位中、7つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第15回兵庫県メーンバンク調査

2017/12/18第15回兵庫県メーンバンク調査メガバンクシェアは5年連続減少〜 シェア拡大幅トップは但陽信金 〜はじめに近年、日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテックなどの技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関にも再編の波が押し寄せている。兵庫県内では、3月にみなと銀行が、大阪を基盤とする関西アーバン銀行と近畿大阪銀行との3行間で経営統合することを発表した。これを契機に、県内11信用金庫の経営統合についても再燃

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山口県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/15山口県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山口フィナンシャルグループ、シェア6割超〜 上位20位中、6つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/14岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの中国銀行、シェア47.32%に拡大〜 上位20位中、11の金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

神奈川県下メーンバンク調査(2017年)

2017/12/14神奈川県下メーンバンク調査(2017年)横浜銀行が20.6%でトップ、6年連続でシェアを拡大〜 メガ離れ進み、横浜信金が三井住友銀を逆転 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が相次いで発表された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/12中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)広島銀行が8年連続のトップ、シェア15.71%に拡大〜 ランキング、上位14番目まで変動なし 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

広島県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/12広島県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの広島銀行、シェア36.85%に拡大〜 上位20位中、8金融機関がシェアを拡大 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強まり、地

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査

2017/12/8第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査トップは千葉銀行、初めて40%へ〜 千葉、京葉、千葉興業の地元3行で62.7% 〜はじめに日本銀行のマイナス金利政策により、国内金融機関は貸出金利の低下を招いて経営環境は厳しさを増している。また金融庁は、従来の信用保証・担保依存から「事業性評価」に基づく融資姿勢の転換や、企業の経営支援を重視する「金融仲介機能のベンチマーク」の利用を呼びかけており、今後も「地域密着型金融(リレーションシップバンキング)」の深化が一層求められている。帝国デ

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国メーンバンク調査(2017年)

2017/12/8全国メーンバンク調査(2017年)9地域中6地域で「地方銀行」がシェアトップ〜「三菱東京UFJ」が9年連続全国首位 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になって

2017年12月13日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年10月報

2017年 10月報倒産件数は775件、2カ月連続の前年同月比増加 負債総額は1019億2000万円、2カ月ぶりの前年同月比減少主要ポイント■倒産件数は775件で、前月比は19.6%増、前年同月比も10.1%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った。負債総額は1019億2000万円と、前月比で2.4%減、前年同月比でも12.8%減少し、2カ月ぶりの前年同月比減少となった■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。このうち、サービス業(181件、前年同月比19.1%増)は3カ月連続、

2017年10月17日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

金融機関のリスク管理にスマートテクノロジー活用が進む一方で、テクノロジーの急速な進歩に対応するスキル獲得が大きな課題に

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年9月29日アクセンチュア最新レポート――金融機関のリスク管理にスマートテクノロジー活用が進む一方で、テクノロジーの急速な進歩に対応するスキル獲得が大きな課題に【ニューヨーク:2017年9月20日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、大手金融機関のリスク管理機能に、クラウド、バイオメトリクス、ビッグデータ分析といったスマートテクノロジーの活用が進む一方、金融機関の経営層の66%

2017年9月14日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2017」の結果から

銀行はあなたの味方?「そう感じる」18.0%金融機関に顧客が求めるのは「わかりやすさ」と「使いやすさ」日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2017」の結果から 2017.08.28  株式会社日経リサーチは生活者の金融行動・意識の実態を把握する「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2017」を7月7日~11日に実施しました。今回は金融庁が公表した顧客本位の業務運営を実現するための明確な指針「フィデューシャリー・デューティー」や、金融機関の間でも対応が広がっているオムニチ

2017年8月24日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年8月15日アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、金融機関の半数以上が、主に顧客からの期待値の高まり、デジタルがもたらす破壊的な創造、コスト削減圧力や新たな規制に対応するため、今後1年間で変革への投資を拡大する予定であることが明らかになりま

2017年8月8日Vidyoフィードバック数:0大型消費/投資

ビデオバンキングに関する調査 2017

金融機関でのビデオコラボレーションによる顧客エンゲージメントが本格化調査の結果、ビデオバンキングサービスの導入は拡大傾向にあり、導入済みの金融機関では前向きな成果が得られていることが明らかになりました。ビデオバンキング導入の効果顧客満足が向上した:64%支店の業務負荷が解消された:62%ビデオバンキング導入状況導入済み/試験運用中、または将来的に導入予定:83%ビデオバンキング導入に際し重視すること高いセキュリティ:67%高品質な映像:59% レポートの全文は次のリンクからご覧いただけます。リア

2017年7月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外貨預金 】に関するアンケート調査(第9回)現在外貨預金をしている人は1割。利用意向は1割強で減少傾向、「わからない」が2011年以降増加 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『外貨預金』に関するインターネット調査を2017年5月1日〜5日に実施し、10,947件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/produ

金融商品の購入・申し込みにおける生活者の意識調査

HOMEニュースリリース:2017年金融商品を購入・申し込みする際に、誤解した経験がある人は4割 重要事項説明書や目論見書は「読みやすくしてほしい」という意見が多い金融商品を購入・申し込みする際に、誤解した経験がある人は4割重要事項説明書や目論見書は「読みやすくしてほしい」という意見が多い2017年7月14日  デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、生活者の実態と意識を把握するためにさまざまな自主調査を実施しています。2017年3月30日に金融庁が「

2017年7月11日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

国内主要112行の預金・貸出金等実態調査

2017/6/30国内主要112行の預金・貸出金等実態調査貸出金11兆5371億円増、98行で増加〜 貸出金増加するも98行で「利ざや」が減少 〜はじめに将来に向けた人口動態や地方創生とともに各地域経済を支える金融機関の収益確保、統廃合の動向が注目され続けるなか、昨年は日銀のマイナス金利導入、今年は金融庁がはじめて地方銀行の運用部門への検査に乗り出すなど、新たな視点で金融機関の経営をチェックする動きが高まりつつある。帝国データバンクは、国内主要112行(大手銀行7行、地方銀行64行、第二地方銀行

2017年7月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外貨預金 】に関するアンケート調査(第9回)現在外貨預金をしている人は1割。利用意向は1割強で減少傾向、「わからない」が2011年以降増加 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『外貨預金』に関するインターネット調査を2017年5月1日〜5日に実施し、10,947件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/produ

2017年6月29日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム NISA(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 NISA(少額投資非課税制度) 】に関するアンケート調査(第3回)NISAの認知率は7割強。NISA口座保有者は2割強、NISA口座で投資を行っている人は2割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『NISA(少額投資非課税制度)』に関するインターネット調査を2017年4月1日〜5日に実施し、10,914件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https:/

2017年5月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム NISA(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 NISA(少額投資非課税制度) 】に関するアンケート調査(第3回)NISAの認知率は7割強。NISA口座保有者は2割強、NISA口座で投資を行っている人は2割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『NISA(少額投資非課税制度)』に関するインターネット調査を2017年4月1日〜5日に実施し、10,914件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https:/

2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

第2回「マイナス金利に関するアンケート」調査

第2回「マイナス金利に関するアンケート」調査 公開日付:2017.05.09 2016年2月の日本銀行によるマイナス金利導入から1年余りが経過した。日銀が目標とする消費者物価上昇率2%は達成できず、マイナス金利の拡大論議もくすぶっている。こうした状況下で、マイナス金利の拡大を望む企業は全体の9.9%と約1割にとどまることがわかった。東京商工リサーチは、日本銀行のマイナス金利について企業への影響をアンケート形式で調査した。マイナス金利が自社の経営にプラスになっている企業は約3割(27.9%)で、内

2017年3月22日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

2016年度(4-12月)実績 信用保証協会「保証状況」調査

2016年度(4-12月)実績 信用保証協会「保証状況」調査 公開日付:2017.03.14 2016年4-12月の全国51信用保証協会(以下、保証協会)の保証承諾は49万9,993件(前年同期比4.6%減)、金額6兆4,059億円(同4.0%減)と、件数、金額ともに前年同期を下回った。51保証協会のうち、件数では36保証協会(構成比70.5%)、金額では38保証協会(同74.5%)が前年同期を下回った。この背景には中小企業の業績回復と同時に、金融機関の保証協会離れの実態も浮かび上がっている。リ

2016年12月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2016年)

2016/11/30全国メーンバンク調査(2016年)8年連続で三菱東京UFJが首位〜 九州では福岡銀行が首位に 〜はじめに今年4月、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)が新銀行東京をグループに迎え、将来的な合併に向けた新体制を発足させた。一方、地方では2月、長崎県に基盤を持つ十八銀行とふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)が2017年4月をメドとする経営統合を発表、昨年10月に誕生した九州フィナンシャルグループ(肥後銀行・鹿児島銀行)に続き、九州エ

金融サービスの利用動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2016年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

Fintechと金融サービスに関する調査

5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味 Fintechと金融サービスに関する調査5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%調査結果サマリー「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%「Fintech」について、「知っていて、他の人に正しく説明できる」人は5.6%でした。「何となく理解しているが、他の人に正しく説明できる自信はない」人は6.2%、「名前は聞いたことがあるが、詳

2016年8月3日金融庁★フィードバック数:0社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査

平成28年7月21日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、28年3月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1)にとりまとめましたので公表します。主な調査結果は以下のとおりです。また、アンケート調査のうち、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2)へとりまとめ、障がい者等に対するCSRを意識した取組み事例、及び、金融サービス利

2016年6月15日エコンテフィードバック数:0大型消費/投資

住宅ローンに対する意識調査

Works 株式会社エコンテの実績を一部ご紹介します。トップページ実績紹介経験者の9割以上が「得をした」!マイナス金利で関心が高まる住宅ローンの借り換え事情経験者の9割以上が「得をした」!マイナス金利で関心が高まる住宅ローンの借り換え事情2016年1月29日に日銀が史上初のマイナス金利政策導入を決定し、大手金融機関の住宅ローン金利が過去最低を更新するほど低下しました。2016年6月1日には各大手銀行による3ヶ月ぶりとなる引き下げもあり、まだまだ影響は広がりそうです。このような背景もあり、住宅ロー

“Cloud is Critical to Digital Transformation in the Asia Pacific Financial Sector”(アジア太平洋の金融セクターのデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠)

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 アジア太平洋地域の金融セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠、規制の正しい理解が重要課題[2016年6月9日]アジア太平洋地域の大手金融機関が、当局規制をパブリッククラウドの取り組みを推進するための要因として活用Forrester Consultingの調査によれば、アジア太平

2016年5月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

マイナス金利導入に関する企業の影響調査

2016/5/19マイナス金利導入に関する企業の影響調査企業の4社に1社で金利の低下を実感〜 企業の1割で新たな資金需要が発生、うち64.2%が「設備投資」〜はじめに日本銀行は1月29日、消費者物価の前年比上昇率を2%とする「物価安定の目標」の実現を目指して、これを安定的に持続するために必要な時点まで「マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策」を導入することを決定し、2月16日より実施を開始した。他方、日本では初となるマイナス金利政策が企業に与える影響について、必ずしも政策当局においても明らかでは

2016年5月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

「マイナス金利に関するアンケート」調査

公開日付:2016.04.26 2月16日、日本銀行はマイナス金利政策を導入した。マイナス金利で一般銀行が日銀に預け入れている日銀当座預金のうち、一定金額を超えた分は日銀に0.1%の手数料を払うことになる。銀行の貸し出しを促し、企業の投資意欲の底上げを狙ったが、景気の先行き不透明感もあって企業側の規模拡大に向けた資金需要は低迷しており、新たな貸出先を見出すのは容易でない。東京商工リサーチは、マイナス金利導入で金融機関の企業向け貸出姿勢や企業の投資動向がどう変わったか、緊急アンケート調査を実施した

2016年5月2日地域総合整備財団フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業報告書

「平成27年度 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業報告書」および同概要版を掲載します。 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業ふるさと財団では今後の地域産業の育成・支援のあり方を探るため、平成26年度より、地域産業振興に力を注いでいる地方公共団体および金融機関等の参画を得て調査研究事業を実施しております。本報告書では、各地域において中核を成す産業や新規産業を育成するためには地方公共団体と金融機関の関与・連携が欠かせないとの認識の下、金融機関の取組事例や地方公共団体と連携・協調して取り組む

2016年4月7日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

金融機関に対する脅威 2015年版

金融機関に対する脅威 2015年版

2016年3月12日WhatzMoneyフィードバック数:0大型消費/投資

全国750金融機関の住宅ローン金利状況

[WhatzMoney] ,金利 住宅ローン 借り換え フィンテック Fintech マイナス金利

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は4割弱。男性30代での比率が高い 金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が3割強。商品購入先は「証券会社」「ネット専業証券会社」。最も投資したい商品は「株(日本企業)」が1位で「外貨預金」「金」などが続く 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

2015年12月1日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2015年)

2015/11/26全国メーンバンク調査(2015年)地銀シェア拡大傾向に足踏み感〜 首位は7年連続の三菱東京UFJ 〜はじめに11月2日、北関東に基盤を持つ常陽銀行と足利ホールディングス(傘下に足利銀行)が2016年10月の経営統合を発表した。来年4月には、コンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行・東日本銀行)が発足するほか、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)も新銀行東京を迎え入れる予定となっており、関東圏での地方銀行の再編がここに来て急ピッチで進んでいる。これ

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 銀行のサービス(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ銀行利用時の重視点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「銀行支店(窓口)の数・立地」「手数料の金額」など メインバンクの満足点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「銀行支店(窓口)の数・立地」が上位3位。新生銀行主利用者、ゆうちょ銀行主利用者、ネット専業銀行主利用者では「手数料無料サービスの有無」が1位 メインバンクに不満がある人は6割。不満点は「預金金利」「手数料の金額」「窓口の待ち時間」などが

「NISA(=少額投資非課税制度)及びジュニアNISA」に関する調査

HOMEニュースリリース:2015年NISA口座を開設したものの3人に1人が運用せず ジュニアNISA口座受付開始にあたり、制度・商品に関する理解度を高める工夫が必要NISA口座を開設したものの3人に1人が運用せずジュニアNISA口座受付開始にあたり、制度・商品に関する理解度を高める工夫が必要 2015年9月3日  情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、「NISA(=少額投資非課税制度)及びジュニアNISA」に関する調査を実施しました。今回の調査

2015年7月6日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年日本投資サービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 部門別の総合満足度ランキングは、野村證券、SBI証券、住信SBIネット銀行が4年連続1位。りそな銀行、スルガ銀行が初の1位。 2015年日本投資サービス顧客満足度調査専任の営業担当者がいると答えた個人投資家は50%で、近年上昇傾向 マルチチャネルで金融機関を利用する個人投資家が増加 部門別の総合満足度ランキングは、野村證券、SBI証

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクにどのような衝撃を与えるのかについて見解を

2015年6月29日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

日本株式会社の株主構成はどう変わるのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 "日本株式会社"の株主構成はどう変わるのか 2015年6月18日に東京証券取引所・名古屋証券取引所・福岡証券取引所・札幌証券取引所から「2014年度株式分布状況調査の調査結果について」が公表された。投資部門別株式保有比率(金額ベース)を見ると、外国法人等(以下、海外投資家)が前年度比プラス0.9%ptの31.7%と過去最高を更新する一方で、個人・その他(以下、個人投資家)は前年度比マイナス1.4%pt

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ