「金融法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計によるリスク資産への投資が増加 資金循環統計(2015年1-3月期)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家計によるリスク資産への投資が増加資金循環統計(2015年1-3月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2015年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇等を背景に金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は、株高による残高増加に加え、投資信託、保険・年金準備金、外国証券への資金流入等を背景に過去最高を更新した。依然として、現金・預金がポートフォリオの中心ではあるものの、金融資

資金循環統計(14年10-12月期)~個人金融資産は過去最高の1694兆円、前年比で50兆円増

資金循環統計(14年10-12月期)~個人金融資産は過去最高の1694兆円、前年比で50兆円増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年10-12月期)~個人金融資産は過去最高の1694兆円、前年比で50兆円増 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志・個人金融資産(14年12月末): 前期比では40兆円増・資金流出入の詳細: リスク性資産残高は高水準に・部門別資金過不足等: 企業に前向きな動き、海外勢の国債保有が過去最高に2014年12月末の個人金融資産残高は、前年比50兆円(3.0%

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

財投、政策金融など「官」の資金に変化はあるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 財投、政策金融など「官」の資金に変化はあるか資金循環から見た公的な法人の動向 ◆日本政策投資銀行と商工組合中央金庫の完全民営化が当面見送られる見込みとなったことに象徴されるように、政策金融を含む公的な法人の位置づけが変わってきている。◆2001年の財投改革、続く特殊法人等整理合理化計画、その一環ともいえる政策金融改革という流れの中で、財政投融資に関連する改革は、「民にできることは民に」「官から民へ」と

2014年12月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大和総研の調査です。

金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資、コーポレートガバナンスにかかわる実態調査

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資、コーポレートガバナンスにかかわる実態調査2014年度オルタナティブ投資アンケート結果 2014年12月22日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆大和総研では、全国の97金融法人(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生保・損保)及び89の年金基金(厚生年金基金、企業年金基金、公的年金)を対象にオルタナティブ投資

2014年9月29日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

資金循環の日米欧比較(2014年第2四半期)

資金循環の日米欧比較2016年12月22日 日本銀行調査統計局*本資料では、日・米・欧、日・米について、主要な部門を比較、掲載しています。Ⅰ.日米欧比較 ― 日米は2016年9月末、ユーロエリアは2016年6月末現在図表1 金融機関の金融資産・負債構成 ▽ 日本資産 ( 3,303兆円 )その他計 8% 投資信託 1%債務証券負債 ( 3,182兆円 )株式等 1%現金・預金 14% 現金・預金 44% 借入 7%預金取扱機関 ( 1,876兆円 )10%貸出 22%( 1,831兆円 )その他

2014年8月12日あおぞら銀行フィードバック数:0ビジネス

事業法人のアジア展開と地域金融機関等による取引先のアジア展開支援

平成 26 年 8 月 11 日株式会社あおぞら銀行NEWS RELEASE「あおぞらアンケート」の実施について株式会社あおぞら銀行(代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):馬場信輔、本店:東京都千代田区)は、『事業法人のアジア展開と地域金融機関等による取引先のアジア展開支援』に関するアンケート調査を実施いたしました。本アンケート調査は、あおぞら銀行の 100%子会社であるシンクタンク、あおぞら地域総研株式会社(取締役社長:穂刈俊彦、本店:東京都千代田区)を通じて、当行の事業法人・金融法人(地

2014年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

リスク資産への資金流入は定着したのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 リスク資産への資金流入は定着したのか?資金循環統計(2014年1-3月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の低下で金融資産残高を減少させた主体が多い。◆その中においても、家計では資金をリスク資産へと投資する動きが見られる。日銀の異次元緩和政策に加え、NISA開始といった政策による効果が出ていると思われる。預金取扱機関では政府、企業、個人向けに貸

2013年12月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

「オルタナティブ投資」についての調査です。

金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査2013年度オルタナティブ投資アンケート結果 2013年12月17日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆大和総研では、全国の104金融法人(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生保・損保)及び125の年金基金(厚生年金基金、企業年金基金、公的年金)を対象にオルタナティブ投資状況のアンケート

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ