「金融緩和」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月2日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2016年10月

月例ネット世論調査2016年10月2016年10月の月例ネット世論調査です。今回は10月24日21:31に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」52.2%「支持しない」18.6% 前月比の増減は「支持する」1.8ポイント増、「支持しない」0.9ポイント減 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より1.8ポイント増の52.2%となりました。一方、不支持率は、前月より0.9ポイント減の18.6%となりました。男女別で見ると、支持率は男性が58

依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる中国経済

情勢判断海外経済金融中国経済金融依 然 弱 いものの、下 げ止 まりの動 きが見 られる中 国 経 済王 雷軒要旨5 月分の主要な経済指標からは、足元の中国の景気が依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる。先行きについては、金融緩和の効果が明確に出るほか、地方財政への支援強化などによる景気下支えの動きも強まっており、夏場以降は持ち直してくるものと思われる。景気は下げ止まりの動きが見られる消費については底堅く推移している。2015 年 1∼3 月期の実質 GDP は前年比消費の代表的な指標である

2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国株の変調(!?)とそのリスクを考える ~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国株の変調(!?)とそのリスクを考える~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~発表日:2015年6月23日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年末以降の度重なる金融緩和を経て中国の資本市場を取り巻く環境は大きく変化している。同国株式市場はかつてバブル崩壊を経験したが、足下では再びバブルの様相を呈する。ここ数年のIT技術の進化なども相俟って個人のレバレッジ取引が拡

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

グローバル経済・マーケット見通し 各国経済の6ヶ月見通しと向こう1年間の市場予想

グローバル経済・マーケット見通し各国経済の6ヶ月見通しと向こう1年間の市場予想(5月8日時点)グローバル経済・マーケット見通しⅠ. 各国経済の6ヶ月見通しコメント① 日本原油価格の下落は、資源輸入国である日本にとって恩恵が非常に大きく、景気押し上げに寄与するだろう。足元の景気は緩やかな回復にとどまっているが、雇用・賃金が好調に推移していることや、企業収益の持ち直しを背景に設備投資の回復が見込まれることもあいまって、先行きは徐々に回復感が出てくると予想される。② 米国米国経済は、悪天候、港湾スト、

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

量的・質的金融緩和の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 量的・質的金融緩和の展望~効果、限界、リスクの検証~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 2015年4月に「量的・質的金融緩和」は導入から2年を迎えた。「2年で2%」が合言葉であった同政策にとって重要な節目となる。本稿では、量的・質的金融緩和の政策効果を検証するとともに、短期的・中長期的な課題について定性的・定量的に評価することを通じて、金融政策運営を展望したい。短期的な課題とし

2015年5月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

2015年5月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 一段の金融緩和と金利自由化への布石 ~同国が「まともな」市場に変わるには依然として課題も多い~

中国 一段の金融緩和と金利自由化への布石 ~同国が「まともな」市場に変わるには依然として課題も多い~

2015年5月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 悪化が続く景況感と政策対応の行方 ~事態打開に向けて一段の金融緩和に踏み切る可能性も~

1/3Asia Trends中国 悪化が続く景況感と政策対応の行方~事態打開に向けて一段の金融緩和に踏み切る可能性も~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年5月8日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 中国の景気動向を示すPMIは政府版と民間版の2つが存在し、足下で双方は真逆の方向を示している。 民間版は実態に近いとされるなか、足下の低下基調は景気の減速感が収まっていないことを現す。こうし たことを受けて、昨年末以降政

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)均衡イールドカーブの概念と推移

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 均衡イールドカーブの概念と推移今久保圭、小島治樹、中島上智(日本銀行), 2015年5月1日キーワード:均衡イールドカーブ、イールドカーブ・ギャップ、均衡実質金利、金利ギャップJEL分類番号:C32、E43、E52、E58:kei.imakubo@boj.or.jp(今久保圭)要旨近年、先進国では短期金利の低下余地がなくなり、イールドカーブ全体に働きかける政策が主流となってきている。こうしたなか、短期の均衡実質金利と実

2015年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

効果検証です。

(日銀レビュー)「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証2015年5月1日企画局要旨日本銀行が2013年4月に「量的・質的金融緩和」を導入してから2年が経過した。本稿では、「量的・質的金融緩和」が金融・経済に与えた政策効果についての定量的な検証を試みる。「量的・質的金融緩和」の効果の波及メカニズムは、(1)2%の「物価安定の目標」に対する強く明確なコミットメントとこれを裏打ちする大規模な金融緩和により予想物価上昇率を引き上げると同時

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ中銀、大胆な判断の背後で増幅するリスク ~過大な家計債務を巡るリスクにはこれまで以上に要注意

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートタイ中銀、大胆な判断の背後で増幅するリスク~過大な家計債務を巡るリスクにはこれまで以上に要注意~発表日:2015年4月30日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 29日、タイ中銀は予想外の形で2会合連続の利下げを決定した。バーツ高などの影響で足下の景気回復が予想以上に緩慢なものに留まるなか、先行きの景気下振れリスクに対応した。暫定政権は経済面で成果が挙げられないなか、中銀に対して

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実 ~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~発表日:2015年4月10日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 「新常態」のスローガンの下で景気減速が続く中国経済だが、実体経済面では深刻な状況が続いている。信頼性が高いとされる発電量や鉄道貨物輸送量の伸びは底が見えない状況が続いており、内需の弱さが足かせになっている。2010年から強化され

インフレ目標についての開設です。

インフレ目標政策-その正しい理解のために-

インフレ目標政策-その正しい理解のために- 2015/04/07経済・社会政策部 片岡剛士前回のコラム(『2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか?』)において、筆者は3%の消費税率引き上げによる消費者物価指数押し上げ効果が剥落する今年の4月以降は、物価上昇ではなく物価下落が再び意識されると述べた。3月27日に公表された2015年2月の総務省「消費者物価指数」によれば、生鮮食品を除く総合指数の前年比は+2.0%であり、食料・エネルギーを除く総合指数の前年比も+2.0%である。2014年4月

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

2015年3月28日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

OECD中間経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めているOECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めている2015年3月18日, パリ最新のOECD中間経済審査によると、石油価格の低迷と金融緩和が世界の主要経済の成長を引き起こしているものの、短期的な成長ペースは緩やかなままで、異常に低いインフレと利率が金融不安定のリスクを示しています。アメリカでは強い内需が成長を押し上げており、さらに

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性マインドは改善してきたが、実体経済の回復は道半ば ◆ユーロ圏の2014年10-12月期のGDP成長率は前期比+0.3%に加速した。内需(個人消費と固定資本形成)と外需が揃って改善しており、唯一、在庫変動が成長率の押し下げ要因となった。原油安、金利低下、ユーロ安が、景気回復の追い風になったと考えられる。消費者と企業の景況感は2015年に入っても改善傾向にあり、ユー

2015年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、全人代の背後で景気の足踏み続く ~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、全人代の背後で景気の足踏み続く~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~発表日:2015年3月11日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 5日に開幕した全人代では、今年の経済成長率の政府目標が予想通り「7%前後」に引き下げられた。様々な面で改革開放を主導的に進めることで一定の景気減速を容認しつつ、財政・金融政策などを通じて景気を下支えする姿勢が確認された

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年半ばの踊り場を脱し、緩やかな回復基調を取

2015年3月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界的な低金利と株高の持続性~グローバルに広がる金融緩和とバブルリスク~

世界的な低金利と株高の持続性~グローバルに広がる金融緩和とバブルリスク~

2015年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国人民銀、全人代を前に緊急利下げ決定 ~ディスインフレ基調が続くなか、今後も追加緩和の可能性は残る~

1/3Asia Trends中国人民銀、全人代を前に緊急利下げ決定~ディスインフレ基調が続くなか、今後も追加緩和の可能性は残る~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年3月2日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 先月28日、中国人民銀は3ヶ月ぶりの利下げ実施を決定した。昨年末以降、同行はインフレ率の低下や資 金需給のひっ迫による影響を懸念して利下げや預金準備率の引き下げなど金融緩和に動いている。なお、 同行は依然金融政策

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・マンスリー 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】2015年03月02日日米欧の株価は、企業業績の拡大期待、低金利環境の継続、景気の回復傾向から堅調に上昇しました。ギリシャは、欧州連合(EU)と、同国支援策の協議を6月末まで延長することで合意しました。 米国株は、企業業績の底堅さ、低金利環境の継続観測から月後半に史上最高値を更新しました。日本株は、欧米株の上昇、

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ディスインフレ懸念が浮上する中国経済~今後も追加金融緩和が予想される~

情勢判断海外経済金融ディスインフレ懸 念 が浮 上 する中 国 経 済∼今 後 も追 加 金 融 緩 和 が予 想 される∼王 雷軒要旨1 月分の主要な経済指標の動きからは、足元の中国の景気は弱い動きが続いていると見られる。これを受けて物価下落圧力が高まっており、ディスインフレ懸念が浮上している。こうした状況に対応するために、中国人民銀行が 2 月に預金準備率の引下げを発表したと見られる。安定成長を維持するため、今後も追加金融緩和の実施が予想される。弱い景気回復、ディスインフレ懸念やセメントとい

金融緩和を背景に堅調な世界の株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日世界的な金融緩和などを背景に、足元で、世界の株式市場は堅調に推移しています。各国・地域で経済情勢は異なりますが、景気回復の足どりが鈍いことや、原油安に伴なうインフレ率の低下などを受けて、今年に入り、10以上の国・地域で金融緩和が実施されました。一般に、景気が停滞すると株式市場は軟調となりますが、景気対策などで金融緩和が行なわれると資金が余る状態となり、実際に景気回復が進む前に、将来の企業業績改善を見越して株価が上昇するこ

2015年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界的緩和の帰結はドル高、そのコストは

リサーチ TODAY2015 年 2 月 25 日世界的緩和の帰結はドル高、そのコストは常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創イスタンブールで今月10日に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議は、連鎖的な金融緩和の引き金であるECBの量的緩和(QE)を正当化した。各国中銀はマンデートを盾に自国通貨安を誘導するお墨付きをもらったようなものだ。ここでのG20声明に背中を押されたような格好になったのが、スウェーデン中銀(Riksbank)である。ECBのQEがもたらす自国通貨高への脅威からスウ

2015年2月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ドル独り勝ちの隠れたリスク ~資源安・通貨安・対外収支の悪化~

Financial Trends経済関連レポートドル独り勝ちの隠れたリスク発表日:2015年2月20日(金)~資源安・通貨安・対外収支の悪化~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2015 年は、6 月以降にFRBの利上げが予想される。すでに、リーマンショック後のピークに達するほどの急激なドル高が起こっている。これは、米経済の成長期待もあろうが、一方で資源国などの通貨が売られていることの裏返しでもある。通貨安によって経常収支が改善しにくい国々では、ドル債務価

2015年2月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドの緊急利下げに続くアジア諸国

リサーチ TODAY2015 年 2 月 23 日インドの緊急利下げに続くアジア諸国常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インド準備銀行(RBI)は2015年1月15日に緊急の政策決定会合を開き、下記の図表に示されるように政策金利のレポレートを8.00%から7.75%に引き下げた。ラジャン総裁が就任した2013年9月以降、断続的に引き締められてきた金融政策は緩和に転じた。原油と生鮮品の価格下落に伴うインフレ率の下振れとインフレ期待の落ち着きが背景にある。みずほ総合研究所では「緊急利下げに踏み

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日経平均株価が終値で1万8000円台を回復した。野田前首相の衆議院解散発言から2年あまり、株価を2倍以上に引き上

2015年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

G20声明の光と影~世界的緩和の正当化と消えた一文~

みずほインサイトグローバル2015 年 2 月 17 日G20 声明の光と影欧米調査部主席研究員世界的緩和の正当化と消えた一文03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ G20財務大臣・中央銀行総裁会議(2/10)は、連鎖的金融緩和の引き金であるECBの量的緩和(QE)を正当化した。各国中銀はマンデートを盾に自国通貨安を誘導する権利を得たようなものである。○ G20声明に背中を押された格好となったのがスウェーデン中銀(Riksbank)である。ECBのQ

2015年2月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国債は世界の「浮き輪」、「運用難民」でドル高に

リサーチ TODAY2015 年 2 月 16 日米国債は世界の「浮き輪」、「運用難民」でドル高に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、先月もTODAYで用いた「世界の金利の『水没』マップ」と題した一覧表である1。これは基本的に国別・年限別の国債利回り、イールドカーブ状況を示す。ここでは、マイナスになった「水没した」ゾーンを濃く示しており、さらに0%以上0.5%未満、0.5%以上1%未満、1%以上と徐々に色を薄くして示してある。スイスでは、1月に中銀が極端なマイナス金利策をとっ

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)2018年が重要なターニングポイントに ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本稿では、同予測における金融政策および為替レートの見通しについて、メインシナリオを解説しつつリスクシナリオを整理する。◆物価上昇率は総じて緩やかに加速する

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

日本経済見通し(2015-2024年度)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し(2015-2024年度)デフレ脱却と財政再建、時間との戦い(日本経済中期予測第2・4章) ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。海外経済の緩やかな拡大を受けた輸出の伸びが、予測期間全般において持続的な成長を支えるだろう。特に予測期間の前半において原油価格の低下や円安・低金利

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題

量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題

2015年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国人民銀、景気安定に向け本格的金融緩和に舵切り ~対応余地の大きさから、今後も追加緩和の可能性は高まろう~

中国人民銀、景気安定に向け本格的金融緩和に舵切り ~対応余地の大きさから、今後も追加緩和の可能性は高まろう~

2015年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安が促す連鎖的金融緩和~欧州にアジアが追随、ひずみはドルへ~

原油安が促す連鎖的金融緩和~欧州にアジアが追随、ひずみはドルへ~

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 | ニッセイ基礎研究所 日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の景気後退や原油価格の大幅な下落など、消費者物価を取り巻く環境は変わった。これに対し、日銀は追加の金融緩和を決定し、政府は今年10月に予定していた消費税率

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか | ニッセイ基礎研究所 異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか 千田 英明基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀の国債保有額が急激に増加してきている。その影響で、国債マーケットでは様々な変化が起きている。金利の低下、流動性の低下などである。一方で、金融緩和の効果として期待される貸出はそれほど大きく伸びて

2015年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 原油反発、金融緩和まだまだ続く

GlobalMarket Outlook 原油反発、金融緩和まだまだ続く

2015年1月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アジアで広がる金融緩和の動きに『死角』はないか ~膨張マネーは反動リスクを高める可能性も~

アジアで広がる金融緩和の動きに『死角』はないか ~膨張マネーは反動リスクを高める可能性も~

2015年1月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

スイスショックが日本に突きつけた教訓

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年 1 月 27 日No.2014-048スイスショックが日本に突きつけた教訓調査部 研究員 井上肇《要 点》 1月 15 日のスイス国立銀行による突然の政策変更とそれに伴うフラン相場の急騰は、日本に対して重要な教訓を突きつけた。 第1は、米国やユーロ圏などの大国・地域の金融政策を反映して動いている市場の流れにその他の国が自国の金融政策だけで抗うのが難しいということ。今回、米国とユーロ圏との金融政策の方向性の違いが

2015年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安と金融緩和の行方 ~2015年度を中心に2%達成する見通しを堅持~

原油安と金融緩和の行方 ~2015年度を中心に2%達成する見通しを堅持~

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 金融緩和の成果が問われる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 金融緩和の成果が問われるドイツの景況感は3か月連続で改善 ◆1月22日のECB金融政策理事会ではついに国債購入プログラムの採用が決定されると予想される。直接の原因は原油価格急落だが、ユーロ圏の12月の消費者物価上昇率は前年比-0.2%に落ち込み、消費者と企業の物価見通しは低下傾向にある。これに歯止めをかけ、また、ユーロ圏内の企業向け融資を活性化させて投資拡大につなげることが追加緩和策の

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向設備資金貸出を金融政策のトランスミッション・メカニズムから検討 ◆本稿では、「量的・質的金融緩和」における設備資金貸出の動向について考察する。また、金融政策のトランスミッション・メカニズム(波及径路)が、我が国の現状の設備資金貸出にどのように作用しているかについても検討する。◆設備資金貸出残高は2006年度以降、緩やかな増加基調にあり、2014年9月末時点で

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

足踏みする消費者物価と追加緩和の意味

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 足踏みする消費者物価と追加緩和の意味市場の反応からは「為替レート」を通じた経路が重要 2015年1月5日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆本稿では、以下の3つの論点について検討する。第一に、第2次安倍政権が発足した2012年末頃からの消費者物価の推移について、政策イベントを踏まえながら概観する。第二、物価関数を推計することによって、消費者物価の上昇が2014年夏頃から足踏

2015年の日本経済の見通し 消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】2014年12月22日【ポイント1】2014年度は5年ぶりマイナス成長 消費税増税の影響が大きい ■2014年度のGDP成長率は前年度比▲0.6%と5年ぶりにマイナス成長となる見込みです。消費税増税後の消費回復にもたつきが見られ、設備投資の回復も緩慢となる見通しです。

アベノミクスの振り返りです。

アベノミクスは失敗だったのか?

1.今月のグラフ ~自動車の輸出台数の動向2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:アベノミクスは失敗だったのか? (1)機動的な財政政策と成長戦略の効果(2)大胆な金融緩和の効果とアベノミクスに対する期待感(3)アベノミクス効果の限界

2014年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

利下げに踏み切った中国~「選択的金融緩和」からの離脱とその背景~

利下げに踏み切った中国~「選択的金融緩和」からの離脱とその背景~

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済10 月 28∼29 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初 850 億ドル)を 10月末をもってゼロとし、12 年 9 月に開始した量的緩和策第 3 弾(QE3)を終了することが決まった。また、政策金利(0∼0.25%)については今後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて示したほか、今後発表される経済指標の動向次第によって利上げ時期の前倒し、あるいは先送りを決定するとの方針も示した。米国の経済指標をみると、雇用統計(1

2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月25日2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行 中国人民銀行(中央銀行)は21日、2012年7月以来、約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、22日から、1年物貸出基準金利を従来より0.4ポイント低い5.6%、1年物預金基準金利を同0.25ポイント低い2.75%とすると中国金融市場の引け後に発表しました。21日の欧米では、ECB(欧州中央銀行)総裁が追加金融緩和に前向きな姿勢を示したこともあり、株価が上昇しました。そ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ