「金融資産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月13日ライフル シニアフィードバック数:0大型消費/投資

有料老人ホームの入居検討に関する調査

有料老人ホームの入居検討に関する調査を発表 入居初期費用は、入居者本人の全額負担が6割 株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)の子会社で、日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト『LIFULL介護』を運営する株式会社LIFULL senior(代表取締役社長:泉 雅人)は、親族の有料老人ホームへの入居を検討した経験のある首都圏・京阪神の30~69歳351名を対象に、「有料老人ホームの入居検討に関する調査」を行いました。調査結果の概要入居初

2016年12月9日野村総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

2015年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2016年9月21日日本生命保険フィードバック数:0社会/政治

ニッセイ インターネットアンケート~9月:「敬老の日と老後・相続」について~

平 成 28年 9月 14日日本生命保険相互会社ニッセイ インターネットアンケート~9月:「敬老の日と老後・相続」について~日本生命保険相互会社(社長:筒井義信)は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページ(http://www.nissay.co.jp)内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「敬老の日と老後・相続」に関するアンケート調査を実施いたしました。≪調査概要≫□調査期間□実施方法□調査対象□回答者数::::平成28年8月1日(月)~8月24日(水)イ

2016年8月23日レバレジーズフィードバック数:0大型消費/投資

独身女性の貯蓄事情

ナースときどき女子TOP > お役立ちの記事一覧 > 独身女性が100万円以上貯蓄するのは難しい?!将来安心できる貯蓄額や貯蓄方法をFPが徹底解説 独身女性が100万円以上貯蓄するのは難しい?!将来安心できる貯蓄額や貯蓄方法をFPが徹底解説 収入は限られているけれど、欲しいものはたくさんある。これから結婚して子どもを産むことになるのか、いつまで働き続けられるのか、親とはいつまで一緒に暮せるのか、自分磨きもしっかりしたいけど、女性ならではの人生設計に迷うこともたくさんありますね。20~30代の独身

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は4割弱。男性30代での比率が高い 金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が3割強。商品購入先は「証券会社」「ネット専業証券会社」。最も投資したい商品は「株(日本企業)」が1位で「外貨預金」「金」などが続く 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計によるリスク資産への投資が増加 資金循環統計(2015年1-3月期)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家計によるリスク資産への投資が増加資金循環統計(2015年1-3月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2015年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇等を背景に金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は、株高による残高増加に加え、投資信託、保険・年金準備金、外国証券への資金流入等を背景に過去最高を更新した。依然として、現金・預金がポートフォリオの中心ではあるものの、金融資

2015年4月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢期の就労意向を決めるもの

2015.4.6高齢期の就労意向を決めるもの第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 研究開発室的場 康子<老後準備の一つとしての就労>国民年金(老齢基礎年金)の支給開始年齢は65歳であるが、2000年の年金制度改正により、老齢厚生年金についても、男性は2025年度以降、女性は2030年度以降、支給開始年齢が65歳となる。これに合わせて2025年度以降、原則希望者全員を65歳まで雇用することが高年齢者雇用安定法の改正により企業に義務付けられた。現在現役で働く世代は、このような制度の変化に対応し

2015年3月23日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

資金循環の日米欧比較(2014年第4四半期)

資金循環の日米欧比較2016年12月22日日本銀行調査統計局*本資料では、日・米・欧、日・米について、主要な部門を比較、掲載しています。Ⅰ.日米欧比較 ― 日米は2016年9月末、ユーロエリアは2016年6月末現在図表1 金融機関の金融資産・負債構成▽ 日本資産 ( 3,303兆円 )負債 ( 3,182兆円 )株式等 1%投資信託 1%その他計 8%預金取扱機関( 1,876兆円 )債務証券貸出22%10%現金・預金14%現金・預金1%債務証券 10%株式等 1%保険・年金・定型保証 1%保険

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

企業の貯蓄投資バランスの動向

今週の指標 No.1115 企業の貯蓄投資バランスの動向 ポイント2015年2月23日企業収益は、2013年度は円安等を追い風に一部製造業が過去最高益を更新する等、増加しており、2014年度に入ってからも高水準で推移している。(図1)SNA(国民経済計算)のデータを用いて、企業の貯蓄投資バランスを実物取引面からみると、2000年頃から企業の当期純利益(税引き後、配当支払い後)を原資とした内部留保と減価償却費の積み上がりが設備投資、在庫投資等の実物投資を上回り、企業の貯蓄投資バランスは貯蓄超過が

2年で大幅に拡大した日本の金融資産

I.今月のトピックス~2年で大幅に拡大した日本の金融資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

過去最高を更新した家計の金融資産残高~今後は収益性重視の局面に~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月22日過去最高を更新した家計の金融資産残高~今後は収益性重視の局面に~ 2014年9月末の日本の家計の金融資産残高は前年比+44兆円(+2.7%)の1,654兆円と、6月末の1,645兆円を抜いて過去最高となりました。残高増加の内、21兆円が資金の純流入によるもので、残りの23兆円は円安や株価上昇などに伴なう評価額の上昇(うち株式・出資金約13兆円、投資信託5兆円弱)によるものです。なお、残高の内訳(左下図参照)は、現金・

2014年12月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ポートフォリオ・リバランス効果の発現か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ポートフォリオ・リバランス効果の発現か?資金循環統計(2014年7-9月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年7-9月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の上昇等を背景として金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は、株高による金融資産残高増加に加え、投資信託などのリスク性資産への資金流入が加速し、過去最高額となった。依然、現金・預金がポートフォリオの中心ではあるものの、N

2014年12月17日扶桑社フィードバック数:0大型消費/投資

個人投資家250人アンケートでわかった[儲けた人]の肖像

個人投資家250人アンケートでわかった[儲けた人]の肖像 アベノミクスが始まってちょうど2年――。’14年はボラティリティの大きな難しい相場だったという声が多いなか、利益をあげた個人投資家はどんな人たちなのか? 全国250人にアンケートを実施し、年齢、運用額、利益額、投資スタイルなど平均像をはじき出した!個人投資家250人へのアンケートでわかった事実とは?野村総研が世帯を5つの階層に分類。各階層の保有純金融資産規模と世帯数について、’11年から’13年の推移をまとめた アベノミクスで儲かったのは

2014年12月4日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(10)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が上位2位 金融商品に対して「どちらかというとローリスク・ローリターン型(安定重視型)」が半数近く。ハイリスク・

厚生労働省所轄社会福祉法人財務諸表(2012年度)の集計結果

2014.10.16厚生労働省所轄社会福祉法人財務諸表(2012年度)の集計結果  1951年に社会福祉法人制度が発足して以来一度も業界全体の財務諸表の集計が行われていないため、財務面から見た社会福祉法人の実態が不明のまま推移してきた。そこで、政府が社会福祉法人に対し2013年度の財務諸表を開示することを要請、厚生労働省が集計分析作業に着手している。しかし、その結果が公表されるのは2015年春以降の見込みである。 一方、社会保障審議会福祉部会、規制改革会議等では社会福祉法人制度改革が活発に審議

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計のマネーはリスク資産に向かうのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家計のマネーはリスク資産に向かうのか資金循環統計(2014年4-6月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年4-6月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の上昇等を背景として金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は主に現金・預金の増加等を背景に過去最高額となった。インフレ率が上昇する中で、現金・預金を中心としたポートフォリオは資産の実質的な価値の減少をもたらす可能性がある。今

2014年6月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

相続税法改正で貸家着工が増加に

リサーチ TODAY2014 年 6 月 19 日相続税法改正で貸家着工が増加に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年の貸家着工は前年比+11.8%と大幅に増加した。この背景には金融緩和による低金利や住宅価格の先高観、消費税率引上げに伴う駆け込みがあるが、2013年度税制改正で決定された相続税増税が貸家着工を喚起した面も見逃せない。みずほ総合研究所は「相続税法改正と貸家着工」と題するリポートを発表している1。今回の相続税増税が足元の貸家着工をどの程度押し上げたかを試算した。2013

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編) 近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。ある程度収入がありながらも貯蓄・投資の習慣がついていない

資金循環統計でみる金融資産の状況

I.今月のトピックス~資金循環統計でみる金融資産の状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

拡大傾向の家計の金融資産残高

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月28日日銀の発表によると、2013年末時点の家計の金融資産残高は前年比+6.0%の1,645兆円と、比較可能な1997年末以降で最大となりました。家計の金融資産残高の増加の主な背景は、株高や円安によって株式や投資信託の評価額が膨らんだことにあります。最も寄与したのは株式・出資金で、前年比+38.5%の155兆円と、2007年9月末以来の水準に拡大しました。2013年末での株式優遇税制の終了に伴ない、駆け込みで売却が増加したもの

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し資金循環統計(2013年10-12月期) ◆日本銀行(以下、日銀)より2013年10-12月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇などにより、各主体の金融資産残高は概ね増加した。◆日銀の国債購入は3四半期連続で10兆円台後半の高水準となった。主な売り手は預金取扱機関である。国債売却代金はこれまで日銀当座預金に積み上がっていたが、今回は貸出にも向かってい

2014年3月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長戦略に二つの金融チャネル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスを持続的な成長に結びつけていくためには、日本の強みを活かすことから考えるのが戦略的だろう。強みはいくつかあるが、家計金融資産や政府の年金積立金をはじめとした、厚みのある金融ストックはその一つだ。国内労働力の減少が避けられない以上、日本では資本の活用がこれまで以上に重要になる。図は、各経済主体が保有する金融資産残高を上段に、それが金融仲介機関を通じて、どのような経済主体の負債となっているかを

資産配分とリスク配分どちらに注目?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日金融資産の変動が大きくなる中、様々な資産に投資するバランスファンドでは、「リスク配分」に着眼した「リスク・パリティ」という考え方を用いて資産配分を行なうファンドが増えています。これまでバランスファンドといえば、「資産配分」を中心とした考え方をベースとした、資産配分を均等にした分かりやすいファンドが多く設定されてきました。これらのファンドは各資産の配分を一定に保つため、リバランス効果(値上がりした資産を売却し、値下がりした資

2014年2月7日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

エリア分析です。

全国8800の駅周辺1km商圏の地域特性

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2013年12月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス効果でマネー積極化の胎動?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクス効果でマネー積極化の胎動?資金循環統計(2013年7-9月期) ◆日本銀行より2013年7-9月期の資金循環統計(速報)が公表された。アベノミクスを受けた株価上昇や長期金利の低下による債券の時価上昇を背景に、各主体の金融資産残高は軒並み増加した。◆2013年4月決定の「量的・質的金融緩和」(いわゆる異次元緩和政策)により、中央銀行が国債を継続的に買い増す中、前期(同年4-6月期)に比べると

個人の資産形成を見直す契機に

個人の資産形成を見直す契機に | ニッセイ基礎研究所 個人の資産形成を見直す契機に 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の政権交代からおよそ1年が経過し、日経平均は60%強上昇し、円ドルレートも20%強円安が進みました。こうした市場環境の改善を受け、個人の投資行動にも変化が見られ始めています。株

2013年11月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は3割強で、2012年調査とほぼ同程度 金融商品への現在投資率は4割強で、2008年以降減少傾向。投資意向は4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が4割強 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年金は金融資産ですか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方年金は金融資産ですか?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第3回 前回は「資金循環統計」とはどういうものであり、そこからどのようなことを読みとることができるかについて説明しました。今回は、「年金」という主体に注目します。年金のおカネがどのように流れ

2013年10月25日ヴァリューズ★★フィードバック数:0大型消費/投資

NISA認知層がよく利用しているサイトランキングが見られます。

VALUESネットユーザー行動分析トレンドreport <少額投資非課税制度 NISA>

先頭へ末尾へ調査データ 2014年05月27日VALUESネットユーザー行動分析トレンドreport少額投資非課税制度 NISAVALUESネットユーザー行動分析トレンドreport <少額投資非課税制度 NISA>◆ NISA口座開設10月スタートで進む「NISA」の認知── 金融資産保有者のうち、「名称を知っている」9割、「内容まで理解している」6割◆「既にNISA口座開設済み」の割合は、20代男性・50代以上男女で4割超と高い ◆ NISA認知層は金融系サイトで積極的に情報収集。閲覧1位は

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

お金の流れの地図=資金循環統計とは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方お金の流れの地図=資金循環統計とは?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第2回 前回、「資金循環統計」を用いて、日本の家計が1,600兆円に近い金融資産を持っていて、どのような中身かを紹介しました。これと同時に、家計の金融資産がどこに流れているのか

2013年10月16日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

金融資産についての調査データです。

日本人一人当たり1,250万円の資産?!

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日本人一人当たり1,250万円の資産?!おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第1回 このシリーズでは、日本のお金の流れをわかりやすく解き明かしていきたいと思います。この際、手掛かりとして資金循環統計という統計を用いていきます。資金循環統計とは何なの

家計の金融資産についてのデータです。

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 | ニッセイ基礎研究所 世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、金融資産を保有している世帯の割合は9割前後を示していた20年前に比べ15ポイントほど減少し、2

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資金循環統計 2013年1-3月期

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 資金循環統計 2013年1-3月期株高・円安により金融資産残高が大幅増加 ◆日本銀行より2013年1-3月期の資金循環統計が公表された。◆前期(2012年10-12月期)と比べ、株式や対外証券投資などの資産価格が大きく上昇しており、大半の部門の金融資産残高は前期比でプラスとなった。◆株式、対外証券投資、国債・財融債のフロー(資金純投入)を見ると、国内の金融機関が株式および外国証券の売り手、国債・財融債

2013年4月22日日本銀行フィードバック数:4大型消費/投資

家計の危険資産保有の決定要因について:逐次クロスセクション・データを用いた分析

家計の危険資産保有の決定要因について:逐次クロスセクション・データを用いた分析塩路 悦朗、平形 尚久、藤木 裕 本稿の目的はわが国家計の危険資産保有の決定要因を分析することである。Fujiki, Hirakata, and Shioji [2012]は、2007~10年の家計のサーベイ・データを用いて、金融資産残高は株式保有の有無に対して有意に正の影響を与える、年齢は株式保有の金額比率に対して有意に正の影響を与えるとの推計結果を得た。本稿は1991年以後のデータを用いて分析を行うことにより、同論

2013年2月21日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

家計の危険資産保有の決定要因について─逐次クロスセクションデータを用いた分析─

ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2013-J-1 家計の危険資産保有の決定要因について─逐次クロスセクションデータを用いた分析─塩路 悦朗、平形 尚久、藤木 裕 本稿の目的はわが国家計の危険保有資産の決定要因を分析することである。Fujiki, Hirakata and Shioji (2012)は、2007-2010年の家計のサーベイデータを用いて、金融資産残高は株式保有の有無に対して有意に正の影響を与える、年齢は株式保有の金額比率に対して有意に正の影響を与える、との推計結果を得

2012年9月27日日本銀行フィードバック数:60社会/政治

資金循環(日米欧比較)(2012年第2四半期)

資金循環の日米欧比較2017年8月18日日本銀行調査統計局*本資料では、日・米・欧、日・米について、主要な部門を比較、掲載しています。Ⅰ.日米欧比較 ― データはいずれも2017年3月末現在図表1 金融機関の金融資産・負債構成▽ 日本資産 ( 3,381兆円 )その他計 8%預金取扱機関( 1,912兆円 )負債 ( 3,270兆円 )株式等 2%投資信託 1%債務証券10%貸出22%現金・預金15%株式等 1%保険・年金・定型保証 1%保険・年金基金( 639兆円 )現金・預金1%債務証券 9

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:3大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は35.5%で、2009年調査時に比べて減少 金融商品への現在投資率は5割弱で、過去調査よりも減少。投資意向は38.9%で、こちらも減少。投資している・したい商品は「株(日本企業)」が最も多い 投資の判断材料の情報は「新聞記事」が最も多く、「インターネットの投資情報ページ」「テレビのニュース番組」などが続く 金融商品に対して「どちらかというとローリスク・ローリターン型(安定重視型)」が半数近く 【調査対象

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ