「金銭補償」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月25日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

解雇補償「適正額」どう探る

解雇補償「適正額」どう探る鶴 光太郎 プログラムディレクター・ファカルティフェロー2015年の安倍晋三政権の雇用制度改革で焦点になりそうなのが、雇用終了(解雇)の問題である。解雇に起因する紛争に対しては、(1)そもそも未然に防止する(2)もし起きたとしても、できる限り迅速かつ効率的に解決する(3)そして、決着が図られた際にも、解決の仕方を多様化する--という点を、三位一体で進めることが重要である。解雇について、労働契約法16条は「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合

2015年1月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易自由化実現のための補償措置は支持されるのか?―調査実験による実証分析―

ノンテクニカルサマリー 貿易自由化実現のための補償措置は支持されるのか?―調査実験による実証分析―このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度) 「FTAの経済的影響

2014年3月28日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業研究所の調査です。

多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識-RIETI Webアンケート調査の概要

多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識-RIETI Webアンケート調査の概要 久米 功一(リクルートワークス研究所) /大竹 文雄(大阪大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要人々の働き方や嗜好が多様化する中で、従来の正規・非正規の雇用形態の区分だけでは、政策的に十分に対応しきれない事象が起きている。この現状に鑑みて、本稿では、多様な就業行動や意識、法改正に対する賛否を明らかにするために実施された(独)経済産業研究所のWebアンケート調査の結果を概観して、その政策的なイ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ