「鉱工業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月17日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

2017年 7 ~ 9月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2017年7〜9月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。※※※ 事業者向け関連サービスの労働投入量指数は専門技術サービス業、複合サービス業等の合成であるため、要因分解のグラフは省略。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働

マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2016年マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2016年6月14日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第3四半期(7-9月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を6

マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2015年12月 8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第1四半期(1-3月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を

マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 今後3カ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値2015年9月 8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第4四半期(10-12月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マン

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年4月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年6月9日マンパワーグループフィードバック数:0キャリアとスキル

マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値 業種別では「製造」前年比14ポイント増、「運輸・公益」が13ポイント増と大幅に増加2015年6月 9日2015年6月9日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワ

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年3月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年4月12日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10~12月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比

2015年4月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年2月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年9月更新:2017年11月7日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年3月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産コンセンサス比下振れ、計画は一進一退ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2015年2月の生産指数は、前月比▲3.4%と3ヶ月ぶりの低下となった。ヘッドラインは市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回り、内訳を見ても幅広い業種で生産が減少するネガティブな内容であった。◆生産と連動性の高い輸出数量は、中華圏の春節の影響により1月に大幅に増加した後、2月に急減しており、こうした動きが

マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は引き続き高水準で推移 業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の37%を記録2015年3月10日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第2四半期(4-6月期)に

2015年3月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (2015年1月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年10月更新:2017年12月7日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲

2015年2月6日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年12月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月鉱工業生産持ち直しの動き続く、生産計画も底堅い 2015年1月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年12月の生産指数は、前月比+1.0%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+1.2%)をわずかに下回った。ただし、生産指数の3ヶ月移動平均値は4ヶ月連続の上昇となっており、生産は持ち直しの動きが続いている。また、製造工業生産予測調査では、前月に引

2015年1月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年11月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2014年マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)結果発表2014年12月 9日今後3ヵ月の純雇用予測は前四半期比2ポイント増の21%、2008年第2四半期以来の高水準業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の33%を記録総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグルー

2014年12月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年10月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年7月更新:2017年9月7日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載し

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本10月鉱工業生産 ここから本文です10月鉱工業生産実績、見通しとも良好、生産は持ち直しニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年10月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月連続の上昇となった。前月からの低下を見込んでいた市場コンセンサス(同▲0.6%)から上振れした形であり、ポジティブな結果であった。製造工業生産予測調査による11月、12月の生産計画についても、いずれも増加を見込む良好な内容であり、2014年初から減

2014年11月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年9月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年10月更新:2017年12月7日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲

2014年10月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本9月鉱工業生産 ここから本文です9月鉱工業生産コンセンサスを上回る良好な結果、持ち直しへの期待高まるニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年9月の生産指数は、前月比+2.7%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+2.2%)を上回る良好な結果であった。今回の結果だけで生産の底打ちを判断するのはやや早計だが、製造工業生産予測調査による10月、11月の生産計画も底堅く、これまで減少傾向となってきた生産が持

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産コンセンサスから下振れ、生産の減少傾向続くニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年8月の生産指数は、前月比▲1.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.2%)からも大きく下振れする結果となった。前月時点の製造工業生産予測調査では、8月、9月と強めの生産を見込んでいたことから生産の底打ちが期待されていたが、今回の結果は期待外れのネガティブな結果であった。◆

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本7月鉱工業生産 ここから本文です7月鉱工業生産2ヶ月ぶり改善も生産は減少傾向。ただし先行きは持ち直しニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年7月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+1.0%)から下振れした。先月の大幅な落ち込みに照らすと、7月の増加幅は限定的であり、鉱工業生産は2014年1月をピークに減少傾向となっている。なお、在庫指数は同+0.8%と3ヶ月連続の増

2014年8月5日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

2014年1~3月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要

2014年7月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本6月鉱工業生産 ここから本文です6月鉱工業生産コンセンサスを下回るネガティブな結果ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年6月の生産指数は、前月比▲3.3%と2ヶ月ぶりの低下となった。市場コンセンサス(同▲1.2%)から大きく下振れしており、ネガティブな結果である。鉱工業生産は2014年1月をピークに減速していたが、さらに減速傾向を強めている。出荷指数は同▲1.9%と5ヶ月連続で低下し、在庫指数は同+1.9%と2ヶ

2014年6月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本5月鉱工業生産 ここから本文です5月鉱工業生産2ヶ月ぶりの増加も、生産は減速傾向ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年5月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+0.9%)を下回った。4月の落ち込みに照らすと、5月の上昇幅は限定なものに留まっており、生産はこのところ減速している。なお、出荷指数は同▲1.2%と4ヶ月連続で低下し、在庫指数は同+2.9%と2ヶ月ぶり

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本12月鉱工業生産 ここから本文です12月鉱工業生産幅広い業種で上昇、駆け込み需要に向け先行きも大幅な増産計画ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年12月の生産指数は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.3%)をわずかに下回ったものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数も同+0.6%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.4%と5ヶ月連続で低下とな

2013年12月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)、労働生産性(2013年第3四半期;改訂値)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)、労働生産性(2013年第3四半期;改訂値)

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産生産は増勢鈍化も、先行きの生産計画は強気ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年8月の生産指数は、前月比▲0.7%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲0.3%)を下回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの低下となり、生産の増勢は鈍化している。出荷指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続の上昇となり、在庫指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆8

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ ここから本文です欧州経済見通し 景況感改善が道しるべユーロ圏では「ドイツとその仲間たち」が先行回復へサマリー◆4-6月期のユーロ圏経済は7四半期ぶりに前期比プラス成長となった。個人消費、政府消費、固定資本形成、輸出が揃ってプラス成長となったことが成長に貢献した。企業と消費者の景況感改善が9月まで続いており、今後も景気回復が継続すると見込むが、7月の鉱工業生産は前月比-1.5%と落ち込み、輸出や小売売上高の持ち直しも遅々として

2013年6月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:生産者物価(5月)、鉱工業生産(5月)、経常収支赤字(2013年第1四半期)

BTMU Focus USA Diary:生産者物価(5月)、鉱工業生産(5月)、経常収支赤字(2013年第1四半期)

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産生産指数は予想外の低下も、基調は持ち直しニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年2月の生産指数は、前月比▲0.1%となり、上昇を見込んでいた市場コンセンサス(同+2.5%)に反して3ヶ月ぶりの低下となった。今回の結果に関しては想定外の弱い内容であったものの、3ヶ月移動平均で見ると3ヶ月連続で増加となっており、先行きに関しても緩やかながら増産を見込んでいることから、生産の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ