調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 鉱工業生産

「鉱工業生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年5月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月鉱工業生産輸出停滞と在庫調整を背景にソフトパッチ継続 2015年6月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年5月の生産指数は前月比▲2.2%となり、前月時点での予測調査(同+0.5%)に反して2ヶ月ぶりの低下となった。市場コンセンサス(同▲0.8%)対比でも大きく下振れており、ネガティブな内容である。◆今回の結果は、2014年8月を底として続いてきた緩やか

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 鉱工業・製造業生産が予想外の減少 (15年5月鉱工業生産) ~4-6月も生産は低迷~

米国 鉱工業・製造業生産が予想外の減少 (15年5月鉱工業生産) ~4-6月も生産は低迷~

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ、幅広い分野で生産調整圧力高まる(Asia Weekly (5/22~5/29)) ~韓国、ウォン高による価格競争力低下が生産の足かせに~

1/5ASIA Indicators~韓国、ウォン高による価格競争力低下が生産の足かせに~定例経済指標レポートタイ、幅広い分野で生産調整圧力高まる(Asia Weekly (5/22~5/29))発表日 : 2015 年 5 月 29 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 +3.37% ▲0.5% +1.06% ▲1.97% 41.7 40.4 +2.6% ▲8.7% ▲1.70%

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月鉱工業生産一時的な踊り場入りを示唆する内容 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年4月の生産指数は、前月比+1.0%と3ヶ月ぶりの上昇となった。前月時点での予測調査(同+2.1%)に比べれば下振れしたものの、市場コンセンサス(同+1.0%)どおりの着地である。◆今回の結果は、2014年8月を底とした緩やかな生産の増加傾向を確認させるものであ

2015年5月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 5ヵ月連続の減少 (15年4月鉱工業生産) ~製造業が鈍化したほか、鉱業、公益が下振れ~

米国 5ヵ月連続の減少 (15年4月鉱工業生産) ~製造業が鈍化したほか、鉱業、公益が下振れ~

2015年5月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

台湾 堅調-消費・輸出増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点台湾堅調~ 消費・輸出増 ~No.2015-054 2015年5月11日http://www.jri.co.jp(1)台湾が底堅い成長。本年1~3月の前年比実質経済成長率は昨年10~12月の3.4%から3.5%。 最大の寄与度は+4.0%の輸出。次いで+1.4%の民間消費。月次の小売売上は春節に伴う季節 調整の歪みで本年1月大幅な落ち込みとなったものの、2月から増勢復帰(図表1)。消費者 マインドは先行き懸念の後退を映じて昨年11月から一段と好転。本年に入

2015年4月15日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年4月号

2015 年 4 月 9 日発行情報メモ NO.27-3調査部月間経済情勢目次<最近の経済情勢のポイント> <本編> 1.国内経済 2.国際経済 (米国、中国、欧州)4 月号P1 P93.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P22 4.『中小企業月次景況観測』抜粋 <主要経済・金融指標等> P29 P30消費税率引き上げ前後の経済120(2013年1月=100)≪増税前後の変化≫120(2013年1月=100)110110100 個人消費 住宅投資 新規求人数 90 13/01 13/

2015年4月15日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 生産増-自動車が牽引

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点トルコ生産増~ 自動車が牽引 ~No.2015-044 2015年4月15日http://www.jri.co.jp(1)トルコ経済が持ち直し。昨年7~9月と10~12月の実質成長率は、前年比で1.9%から2.6%、 季調済前期比年率で2.2%から2.8%へ加速。もっとも鉱工業生産は昨秋来一進一退。今後を どのようにみるべきか。まず本年2月の生産は前月比1.7%増(図表1)。輸出数量は、月次 変動が大きいものの、昨年8月を底に増勢。とりわけ本年1月は前月比

2015年3月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

タイ 持ち直し-輸出増から生産増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点タイ持ち直しNo.2015-029 2015年3月11日http://www.jri.co.jp~ 輸出増から生産増 ~(1)タイ経済が持ち直し(図表1)。まず輸出数量が昨年8月を底に増勢復帰。輸入数量は月次変 動が大きいものの、昨年初の最悪期を脱した模様。一方、鉱工業生産は昨年10月から増勢回復。 昨年12月、前月比▲0.5%のマイナスとなったものの、本年1月には同0.7%と再び増加。このと ころの輸出増は砂糖やコメの農産品、光学機器など精密機械や電気機

2015年2月27日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のレポートです。

産業活動分析(平成26年10~12月期(年間回顧))

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2014年12月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)

2014年12月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ドイツ鉱工業生産・製造業受注 ~受注反発は回復の萌芽となるか?~

欧州経済指標コメント:10月ドイツ鉱工業生産・製造業受注 ~受注反発は回復の萌芽となるか?~

2014年12月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

エジプト 成長軌道復帰-生産増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点~ 生産増 ~No.2014-144 2014年12月8日http://www.jri.co.jpエジプト成長軌道復帰(1)エジプト経済が立ち直り。鉱工業生産が昨年末以降、力強い増勢を持続(図表1)。本年8月、 既往最多の2011年9月を凌駕。産業別には製造業が主導。次いで原油生産が増加。一方、電力は 一進一退。天然ガス生産は低調。輸出が伸び悩むなか、実質輸入が8月から大幅増加。生産増と 重ねてみれば、内需が成長軌道復帰の原動力。 (2)主要業種別に工業生

2014年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業活動分析 (平成26年7-9月期)

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2014年11月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(10月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(10月)

2014年11月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~反発はしたけれども・・・~

欧州経済指標コメント:9月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~反発はしたけれども・・・~

2014年10月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(10月11日〆週)、鉱工業生産(9月)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(10月11日〆週)、鉱工業生産(9月)

2014年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:8月ドイツ鉱工業生産 ~ドイツに景気後退の秋風~

欧州経済指標コメント:8月ドイツ鉱工業生産 ~ドイツに景気後退の秋風~

2014年10月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

台湾 堅調-輸出増で生産増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点台湾堅調No.2014-115 2014年10月1日http://www.jri.co.jp~ 輸出増で生産増 ~(1)台湾経済が底堅い推移。まず本年4月以降、鉱工業生産が昨年末からの低迷を脱し、増勢復帰 (図表1)。原動力は輸出増。実質輸出は昨年10月から翳りが拡がったものの、本年2月を底に 3月以降、増勢回復。8月、季調済前月比で4.3%と大幅増。輸出金額から内訳をみると、品目別 にはスマホやタブレット需要増を映じて電子部品と電子機器が大幅増。相手国別

2014年9月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(8月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(8月)

2014年8月29日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

消費税増税の影響がトピックになっています。

産業活動分析 (平成26年4-6月期)

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

弱含む鉱工業生産

1.今月のグラフ ~生活実感に近い物価上昇率はもっと高い2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:弱含む鉱工業生産~生産の回復が大幅に遅れるリスクも (1)消費税率引き上げ前後の生産動向~1月をピークに急速に悪化(2)今後の生産の行方~弱い動きが続く懸念

2014年8月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン 復調-輸出増で消費増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点フィリピン復調No.2014-093 2014年8月11日http://www.jri.co.jp~ 輸出増で消費増 ~(1)フィリピン経済が持ち直し(図表1)。主要景気指標をみると、鉱工業生産が昨年12月を ピークに本年入り後、大幅な落ち込んだものの、3月を底に4、5月と2ヵ月連続大幅増。一方、 輸出も昨年12月をピークに本年1月から弱含みに転じたものの、4月を底に5月、反転増加へ。 近年、輸出受注を受けた生産スタイルで、生産が輸出に若干先行する傾向。近

2014年5月30日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

産業活動分析 (平成26年1-3月期)

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月鉱工業生産生産は一旦減速も底堅い推移を見込む ◆2014年4月の生産指数は、前月比▲2.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲2.0%)を下回った。消費税増税後の減産は概ね想定通りであり、大きなサプライズはない。なお、出荷指数は同▲5.0%と3ヶ月連続で低下し、在庫指数が同▲0.5%と2ヶ月ぶりに低下したことから、在庫率指数は同▲1.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆4月の生産指数を

2014年5月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(5月10日〆週)、消費者物価(4月)、鉱工業生産(4月)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(5月10日〆週)、消費者物価(4月)、鉱工業生産(4月)

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・5四半期連続の増産・消費税率引き上げ後の在庫動向に注目経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、14年3月の鉱工業生産指数は前月比0.3%と2ヵ月ぶりの上昇となり、ほぼ事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.5%、当社予想は同▲0.2%)通りの結果となった。出荷指数は前月比▲1.2%

2014年4月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:住宅着工件数(3月)、鉱工業生産(3月)

BTMU Focus USA Diary:住宅着工件数(3月)、鉱工業生産(3月)

2014年3月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(2014年2月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(2014年2月)

2014年2月28日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

産業活動分析(平成25年10~12月期(年間回顧))

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2014年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(1月)、輸入物価(1月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(1月)、輸入物価(1月)

2014年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:住宅着工件数(12月)、鉱工業生産(12月)

BTMU Focus USA Diary:住宅着工件数(12月)、鉱工業生産(12月)

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~ここが我慢のしどころか~

欧州経済指標コメント:10月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~ここが我慢のしどころか~

2013年12月6日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

産業活動分析 平成25年7~9月期

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2013年11月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(10月)、輸入物価(10月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(10月)、輸入物価(10月)

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月鉱工業生産市場予想からは下振れするも、緩やかな増加基調継続 ◆2013年9月の生産指数は、前月比+1.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.8%)を下回ったものの、3ヶ月移動平均値は2ヶ月ぶりの上昇となっており、生産は緩やかな増加基調にあるという判断に変更はない。◆9月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種が低下となった。上昇した業種を見ると、輸送機

2013年10月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(9月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(9月)

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き出した主役たち

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 動き出した主役たちユーロ圏の自動車産業、英国の住宅建設に回復の動き ◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったが、その後も企業と消費者の景況感改善が継続しており、7-9月期もプラス成長となったと推測される。ただ、7月と8月の輸出、鉱工業生産、小売売上高の持ち直しは遅々としており、年後半の景気回復ペースはかなり緩やかなものとなろう。◆8月のユーロ圏の鉱工業生産の内

2013年9月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(8月)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(8月)

2013年9月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

産業活動分析 2013年4-6月期

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月鉱工業生産市場予想からは下振れしたが、持ち直し傾向を確認 ◆2013年7月の生産指数は、前月比+3.2%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+3.6%)を下回ったものの、前月の大幅な落ち込みを取り戻す高い伸びであり、生産の持ち直し傾向が確認される内容であった。出荷指数は前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同+1.5%と上昇したことから、在庫率指数は同▲0.5%と2ヶ月ぶ

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月鉱工業生産改善一服だが、均せば持ち直しが続く ◆2013年6月の生産指数は、前月比▲3.3%と5ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲1.5%)を下回った。3ヶ月移動平均も5ヶ月ぶりの低下となり、これまでの改善傾向が一服した格好だが、製造工業生産予測調査によれば先行きについては増加基調を見込んでおり、生産は持ち直しが続いているという判断に変更はない。◆6月の生産を業種別に見ると、15業種中1

2013年7月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(6月)、鉱工業生産(6月)

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(6月)、鉱工業生産(6月)

2013年6月6日経済産業省フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

産業活動分析(平成25年1-3月期)

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。本ページ内の各内容へ飛びます。平成26年10~12月期・年間回顧(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版)26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比

グラフで見る東海経済(2013年4月)

2013年04月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車生産の増加が続いており、2月の鉱工業生産は3ヶ月連続で増加した。海外景気の回復により輸出も3ヶ月連続で持ち直している。円安・株高を背景に高額消費が好調を続ける一方、雇用環境は新規求人、有効求人ともに改善傾向が一服しており、個人消費全体は横ばい圏で推移している。設備投資は増加が一服しており、新年度の計画も慎重になっている。一方、賃金減少には歯止めがかかり、住宅投資は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の緩やかな回復とともに

2013年4月11日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済指標コメント:2月ドイツ鉱工業生産 ~1-3月期のプラス成長復帰を確認~

欧州経済指標コメント:2月ドイツ鉱工業生産 ~1-3月期のプラス成長復帰を確認~

2013年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12月期GDP2次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2012年10-12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+0.2%(前期比0.0%)と、1次速報(前期比年率:▲0.4%、前期比:▲0.1%)から上方修正された。今回の結果は、ほぼ市場コンセンサス(前期比年率+0.2%、前期比+0.1%)通りの結果であり、特段のサプライズはなかった。1次速報からの改訂を需要項目別に見ると、設備投資、公的固定資本形成、個人消費が上方修正されており、主要な需要

2013年3月7日経済産業省フィードバック数:24社会/政治

産業活動分析(平成24年年間回顧)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2012年12月6日経済産業省フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

産業活動分析(平成24年7-9月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ