調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 鉱物資源機構

「鉱物資源機構」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ロシア/イラン:対イラン制裁解除がロシアに及ぼす影響

更新日:2015/4/28調査部:本村眞澄公開可ロシア/イラン:対イラン制裁解除がロシアに及ぼす影響・主要 6 か国(米英仏中露独)とイランは、4 月 2 日、ローザンヌにおいて、イランの核開発を制限する見返りに経済制裁を緩和する「枠組み合意」に達した。今後は、難航が予想されるものの、6 月 30 日を期限とする最終合意に向けた交渉が行われる。・BP 統計では、イランは 2012 年末からロシアを抑えて世界最大の天然ガス埋蔵量を有する国と評価されるなど、産業界ではガス資源国としてのイランが注目さ

ロシア情勢(2014年12月モスクワ事務所)

更新日:2015/2/4モスクワ事務所:木原 栄治/荒井 智裕公開可ロシア情勢(2014 年 12 月モスクワ事務所)1.当地動向:(1)ロシア情勢(対外、ウクライナ)①再度の停戦合意・ 9 月 5 日の停戦合意後もウクライナ東部では散発的な戦闘が繰り返されている。そのような状況下、12 月 9 日に欧州安全保障協力機構(OSCE)の仲介により、ウクライナ軍と親露派の再度の停戦合意 が発表された。・ 再度の停戦合意以降、戦闘は減少しているものの完全な停戦に至っていない状況が続いている。②ウクライ

原油価格下落下のベネズエラの石油産業の状況

更新日:2015/1/28調査部:舩木弥和子原油価格下落下のベネズエラの石油産業の状況(Platts Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas、Business Monitor International 他)ベネズエラでは、悪化していた経済状況に 2014 年 6 月以降の油価下落が追い打ちをかけ、デフォルトの懸念が高まっているという。探鉱・開発は停滞し、オリノコベルト超重質油の新規プロジェクトにも大きな進展は見られ

原油市場他:OPEC総会での原油生産上限引き下げ見送り後、石油需給緩和感増大で急落する原油価格

更新日:2014/12/15調査部:野神 隆之原油市場他:OPEC 総会での原油生産上限引き下げ見送り後、石油需給緩和感増大で急落する原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所の稼働上昇とともに石油製品の生産が旺盛となったことから、ガソリン在庫は増加傾向となり、平年幅の上限付近に位置する量となっている。ただ、留出油については、生産は増加したものの、11 月中旬以降米国北東部での気温低下で暖房用需要が発生したと見られる他、ベネズエラでの製油所の操業停止で国外からの石

中国、非民生用天然ガス価格を見直し(短報)

更新日:2014/8/15 調査部:竹原 美佳中国、非民生用天然ガス価格を見直し(短報)2014 年 8 月、国家発展改革委員会は非民生用の天然ガス価格を見直す通知を発表したi 。価格見直 しの対象は“存量気”(前年消費相当量のガス価格;aggregate volume of gas)のみで 2014 年 9 月 1 日か らシティゲート価格を約 18%、400 元/千 m3(約 65 ドル/千 m3)引き上げ、シティゲート価格平均は 399 ドル/千 m3(10.6 ドル/MMBtu)となった

フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘

作成日: 2014/8/6調査部: 伊原 賢公開可フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘(JOGMEC 調査部、米国環境保護局 EPA、世界石油工学者協会 SPE、石油鉱業連盟ほか)シェール資源の採掘業者にとって、自分たちの井戸掘削活動の維持拡大には、シェールに人工的に亀裂を入れる技術(以下、フラクチャリングと呼ぶ。)と帯水層汚染との因果関係解明が、喫緊の課題となっている。それは、フラクチャリングに用いられる多量の水やポンプ類の移動があるからだ。周辺環境として人口の密集は開発を妨

ブラジル:プレソルトの石油生産量50万バレル/日を突破~今後の生産増はいかに

更新日:2014/7/14 調査部:舩木弥和子ブラジル:プレソルトの石油生産量 50 万バレル/日を突破 ~今後の生産増はいかに(Platt’s Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas 他)1. プレソルトの石油生産量が 50 万バレル/日を突破した。ブラジルの石油生産量に占めるプレソルトの 割合は 20%を超え、Santos Basin で生産される石油の割合も 14%を占めるようになった。2014 年に入り、 同

イラクについてのレポートです。

イラク:原油の生産状況と今後の見通し

更新日:2014/05/16調査部:増野 伊登イラク:原油の生産状況と今後の見通し(イラク石油省、KRG 天然資源省、企業プレス・リリース、EIA 報告書、各種報道など)➣長期的スパンで見ればイラクの原油生産は着実に伸びており、南部巨大油田の相次ぐ生産開始を背景に今後も更なる増加が見込まれる。一方北部については、パイプラインへの襲撃や原油輸出を巡るクルディスタン地域政府(KRG)との対立が足枷となり、生産量は減退している。➣今後の見通しとしては、南部油田での増産で生産・輸出能力が拡大していくもの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ