「鉱石輸出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

世界の鉱業の趨勢2014フィリピン

世界の鉱業の趨勢 2014フィリピン主要データ国名〔英名〕フィリピン共和国〔Republic of the Philippines〕2面積(km )300,000海岸線延長(km)36,289人口(百万人)107.72人口密度(人/km )358.9GDP(百万 US$)250,436一人当り GDP(US$)2,790.37主要鉱産物:鉱石金、銀、銅、ニッケル、亜鉛、クロム主要鉱産物:地金銅、亜鉛、セレン環境天然資源省(Department of Environment and Natural

コモディティ・レポート (2014年1・2月)

I.コモディティ市況全般: 1月上旬に下落後、2月下旬にかけて上昇ロイター・ジェフリーズCRB指数は、2013年11月中旬をボトムに、12月に入って上昇したが、1月上旬に再び下落し、2月下旬にかけて持ち直している。先行き、米国の量的緩和縮小が見込まれていることは金を中心に上値抑制要因となり、原油は供給増加圧力も意識されるだろう。一方で、世界景気の持ち直しを受けた需要増加観測から銅などベースメタルは上昇しやすくなるだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は一進一退、WTI原油は上昇ブレント原油

プレゼン資料です。

ニッケルの国内需給動向

0ニッケルの国内需給動向2014年2月19日調査部金属資源調査課 山本 万里奈0発表内容1. 世界のニッケル市場における日本2. ニッケルのマテリアルフロー3. 日本のニッケル原料調達動向4. 日本のニッケル需給動向5. その他の動向11. 世界のニッケル市場における日本2,0002,0001,8001,8001,6001701,2001,000日・中除くアジア1571,400アフリカ166162 158152144164163 1691,600日本1,200オセアニア1,000北南米80060

インドネシア鉱業政策の現状と今後の展望 -鉱物資源高付加価値化義務実施の行方ー

0平成25年度第7回金属資源関連成果発表会インドネシア鉱業政策の現状と今後の展望-鉱物資源高付加価値化義務実施の行方ー平成25年12月2日ジャカルタ事務所所長 高橋 衛目次(1)新鉱業法概要(2)主要関連政省(大臣)令制定状況(3)2012年5月以降の鉱石輸出規制のその後(4)鉱物資源高付加価値化義務1(1)インドネシア新鉱業法概要 ①2<2009年1月鉱物石炭鉱業法(2009年法律第4号。以下「新鉱業法」)公布、施行>「国家利益の最大化、国民福祉向上」① 鉱業権は鉱業事業許可制度に一本化(国又

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ