「銀行券」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2014年度)

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2014年度)

2015年4月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

大分県における銀行券の受払動向とその背景について

大分県における銀行券の受払動向とその背景について

2014年9月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

北海道における銀行券の流通動向

北海道における銀行券の流通動向

2014年5月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

九州における最近の銀行券受払動向の特徴とその背景

九州における最近の銀行券受払動向の特徴とその背景

2014年4月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2013年度)

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2013年度)

2013年4月22日日本銀行フィードバック数:8社会/政治

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2012年度)

銀行券および貨幣受払高等(2012年度、枚数ベース)2013年4月19日 日本銀行発券局1.銀行券受払高等2012年度(平成24年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 鑑査高 消却高 発注高 (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) 98.0 101.0 96.4 29.1 31.5 3.6 0.5 3.5 ▲1.3 12.0 ▲4.5 ▲11.9引換高(百万枚)2.貨幣受払高等2012年度(平成24年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 (億枚) (億枚) 28.3 25.7 9.1

2013年4月22日大和総研フィードバック数:3社会/政治

異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要 黒田新日銀総裁のもとで初めて開かれた4月3~4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」の導入が決定された。市場参加者は文字通り「次元の異なる金融緩和」を驚きとともに好感し、円安・株高の流れが加速した。現在の日銀はインフレ率を2%とすることを目標としている。量的・質的金融緩和では、操作目標をマネタリーベース(銀行券などの流通現

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:7社会/政治

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2011年度)

銀行券および貨幣受払高等(2011年度、枚数ベース)2012年4月20日 日本銀行発券局1.銀行券受払高等2011年度(平成23年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 鑑査高 消却高 発注高 (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) 97.5 97.5 97.6 26.0 33.0 4.1 ▲5.0 ▲8.9 ▲3.2 ▲17.8 0.0 1.7引換高(百万枚)2.貨幣受払高等2011年度(平成23年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 (億枚) (億枚) 32.5 23.4 8.0 1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ