調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 銀行監督制

「銀行監督制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

危機収束局面に移行したユーロ圏

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 危機収束局面に移行したユーロ圏~金融部門健全化と景気回復持続が課題~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 ギリシャの財政悪化を発端とするユーロ圏危機は拡散局面から収束局面に移行し、マーケットの最大の関心事ではなくなった。とはいえ、危機脱却のための取り組みは、まだ完了したわけではない。残されている課題は、金融システムの健全性回復と金融危機に備えた体制強化、および持続的な景気回復の2

動き出すユーロ圏の銀行同盟-制度の脆弱性克服の決め手となるか?

動き出すユーロ圏の銀行同盟-制度の脆弱性克服の決め手となるか? | ニッセイ基礎研究所 動き出すユーロ圏の銀行同盟-制度の脆弱性克服の決め手となるか? 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり銀行同盟は、ユーロ危機が最も深刻化していた12年半ばに動き出したユーロ圏の銀行行政を法的・制度的に一元化し、銀行市場の統合の段階を引き上げる取り組みである。EUの単一規則集を土台とし、単一銀行監督制度(SSM)、単一銀行破綻処理制度(SRM )、調和が進んだ預金保険制度という三本の柱から成る。三本の柱のうちS

ユーロ圏の銀行同盟 -注視すべきは進展スピードだけではない

ユーロ圏の銀行同盟 -注視すべきは進展スピードだけではない | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏の銀行同盟 -注視すべきは進展スピードだけではない 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり今年6月のEU首脳会議も、昨年同様、成長と雇用がメインテーマの1つであった。市場の圧力こそ弱まっているが、域内の成長と雇用の格差、銀行市場の分断の解決策として、統合の深化、特に財政同盟と銀行同盟の必要性はむしろ高まっている。銀行同盟は当初の工程表よりやや遅れ気味だが、工程表作成の先送りが続く財政同盟に比べれば、遥かに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ