「長期国債」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

底入れ時期を探る米国リート市場

底入れ時期を探る米国リート市場2015年6月19日<市場動向〜将来の利上げに対する警戒や長期国債利回りの上昇を嫌気>米国リート市場は、2015年1月に過去最高値を更新した後は、米国の景気回復の持続を受けた利上げ局面への転換が近いとの見方などを背景に長期国債利回りが上昇したことから、軟調な展開が続いています。リートは利回り資産として債券的な性格も有していることから利上げ開始時期をめぐる市場の思惑に左右される状態が続いています。例えば、「堅調な経済指標→早期利上げ観測の強まり→長期国債利回りの上昇(

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

日銀の長期国債買入れ動向-新発債ゾーンに偏る日銀保有シェア

日銀の長期国債買入れ動向-新発債ゾーンに偏る日銀保有シェア | ニッセイ基礎研究所 日銀の長期国債買入れ動向-新発債ゾーンに偏る日銀保有シェア 大山 篤之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年4月に異次元の金融緩和導入を決定して以来、日銀は掲げた目標を達成すべく大量の長期国債を買入れている。約1年半の歳月が経過した今、改めて国債市場における日銀の国債保有状

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

追加緩和決定、日銀の奇襲攻撃 ~長期国債の保有残高を年間30兆円増加させる方針~

BOJ Watching日本銀行分析レポート追加緩和決定、日銀の奇襲攻撃発表日:2014年10月31日(金)~長期国債の保有残高を年間30兆円増加させる方針~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)意外なタイミングで日銀が追加緩和に打って出た。消費者物価の伸び率が 10 月以降に 1%を割りそうなときに、それを容認しないというメッセージを送る格好で、追加緩和を打ったのである。これは、期待インフレ率を高める効果を持つ。日銀の追加緩和は、政府が 12 月に消費税増

2014年9月8日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の対政府取引(2014年8月)

2014年9月5日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2014年8月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500101,166対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)201,182対財政融資資金 長期国債売現先残高 (8)51,8

2014年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GPIFと日本銀行 ~進む長期国債保有の肩代わり~

GPIFと日本銀行 ~進む長期国債保有の肩代わり~

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 | ニッセイ基礎研究所 日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 大山 篤之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2010年10月5日、日銀は「包括的な金融緩和政策の実施」を公表し、資産買入等の基金を創設した。そして、この基金が廃止される2013年3月末までに28兆円の長期国債を段階的に買入れた1。更

2014年6月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年度の金融市場調節2014年6月5日日本銀行金融市場局概観2013年度において、日本銀行は、「量的・質的金融緩和」のもと、長期国債の多額の買入れなど、広範な資産の買入れを通じてマネタリーベースの残高を大きく拡大させるという、極めて強力な金融緩和を進めた。すなわち、日本銀行は、2013年度入り直後の4月3〜4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」を導入した。具体的には、消費者物価の前年比上昇率2%の

2013年10月8日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の対政府取引(2013年9月)

2013年10月7日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2013年9月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500152,174対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)80,522対財政融資資金 長期国債売現先残高 (8)81,9

2013年7月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

生命保険会社の資産運用の現状と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 生命保険会社の資産運用の現状と課題国際的な規制強化の潮流と「量的・質的金融緩和」が生保の資産運用にもたらしつつある影響 ◆日本の生命保険会社(以下、生保)は巨大な金融資産を擁している機関投資家である。本稿では、生保の資産運用の現状と、それを取り巻く制度面や金融環境面についての課題を取り上げる。◆2013年3月末時点における主要生保の保有公社債のデュレーションは11.9年と推定される。2003年3月末に

保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論

保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論 | ニッセイ基礎研究所 保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論 荻原 邦男基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○最近のわが国生保会社のポートフォリオ構成の変化をみると、株式投資が縮小し、国債(とりわけ超長期国債)への投資が増加しているのが特徴である。これは、一般的には、健全性規制の強化ないしさ

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:33社会/政治

異次元緩和が迷い込んだ介入主義の罠 ~長期国債の買入れが価格形成に生じさせた軋轢~

異次元緩和が迷い込んだ介入主義の罠 ~長期国債の買入れが価格形成に生じさせた軋轢~

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:9社会/政治

未曾有のマネタリーベース緩和が始まる ~長期国債を大量に買入れて平均残存期間を7年にする~

未曾有のマネタリーベース緩和が始まる ~長期国債を大量に買入れて平均残存期間を7年にする~

2013年2月10日日本銀行フィードバック数:9社会/政治

日本銀行の対政府取引 (1月)

2013年2月7日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2013年1月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500148,125対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)155,324対財政融資資金 長期国債売現先残高 (8)69,8

2013年1月11日日本銀行フィードバック数:9社会/政治

日本銀行の対政府取引 (12月)

本件の対外公表時刻は1月10日8時50分2013年1月10日日本銀行企画局日本銀行の対政府取引 (2012年12月)①ストック表(末残、億円)政府短期証券引受残高 (1)割引短期国債借換引受残高 (2)8,500140,991対国債整理基金 政府短期証券買入残高 (3)0対財政融資資金 政府短期証券買入残高 (4)0対国債整理基金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (5)0対財政融資資金 政府短期証券・割引短期国債売却残高 (6)0対国債整理基金 長期国債売現先残高 (7)108,218対財政

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ