調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 長期失業者

「長期失業者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

長期失業者についてのレポートです。

長期失業者の求職活動と再就職状況

概要研究の目的本調査研究は、失業期間が1年以上に及ぶ長期失業者を調査対象とし、失業の契機・理由、求職活動の実態、再就職状況などについて、その実態を広範囲に分析・解明することを目的として行われた。最も注目したのは、再就職の成功要因を分析することによって、国が民間事業者に委託した再就職支援事業(長期失業者等総合支援事業)の政策効果を明らかにすることである。 研究の方法全国8労働局を通じて長期失業者等総合支援事業を委託されている民間の就職支援会社に登録している長期失業者の中から調査対象者を抽出し、郵

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 研究員 高山 武士9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、増加幅は前月から縮小、市場予想の+23.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を大きく割り込み、市場予想で最も悲観的な予想であった+19.0万人にも届かなか

2014年8月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国労働市場における長期失業者の行方-労働市場からの退出抑制に向け、雇用のミスマッチや高齢化への対応が急務に

米国労働市場における長期失業者の行方-労働市場からの退出抑制に向け、雇用のミスマッチや高齢化への対応が急務に

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月2日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した。4月の非農業部門雇用者数は前月対比で28.8万人の増加(前月改定値:+20.3

2012年2月21日内閣府フィードバック数:7社会/政治

ユーロ圏における若年労働者の動向

今週の指標 No.1023 ユーロ圏における若年労働者の動向ポイント2012年2月20日ユーロ圏の失業率をみると、2008年の世界金融危機の発生以降から上昇しており、11年は10%台の失業率となるなど、厳しい雇用情勢が続いている。しかし、若年労働者(15~24歳の労働者)をみると、11年の失業率は20%台の高水準に達しており、さらに厳しい状況下に置かれていることが伺える。世界金融危機の発生以降における失業率の上昇幅をみても、若年労働者では4.8%ポイントの上昇(08年16.0%→11年20.8%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ