「長期政権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月2日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済レポートです。

「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し

リサーチ TODAY2015 年 6 月 2 日「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日経平均株価が本年6月1日で、12日続伸となった。これは、1988年2月の13日続伸以来、27年振りのことである。「5月に売れ」のアノマリーに今年は当てはまらなかった。単に偶然との見方もあるが、過去にこれだけ続伸が続いた期間は相応の大相場時期であったことから、今回も戦後の歴史のなかで重要な転換期となる可能性をもつ。■図表:日経平均株価の続伸記録日数141312開始

2014年12月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2.0、世界的長期政権への期待と課題

アベノミクス2.0、世界的長期政権への期待と課題

2014年11月29日日経BPフィードバック数:0社会/政治要登録

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数電撃解散、有権者はこう見る※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  「アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか。それを問う選挙だ」。11月21日、安倍晋三首相は衆院解散後の記者会見で今回の選挙を、自身の経済政策を継続するか否かが最大の争点であると強調した。 消費再増税の延期をきっかけに「国民に信を問う」として突然の解散・総選挙に踏み切った安倍首相。第2次安倍政権発足後の中間評価とこの選挙を位置付ける構えだ

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

長期政権の勝利の方程式、高成長・円安・日米緊密

リサーチ TODAY2013 年 7 月 31 日長期政権の勝利の方程式、高成長・円安・日米緊密常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨年12月に登場した安倍政権は、今年7月21日の参院選でねじれが解消したことから、長期政権になるとの観測が内外で高まっている。今後、衆院の解散がなければ、次回の参院選がある3年後の2016年まで政権が安定するとの見方である。下記の図表は戦後の歴代首相の在任期間を示すが、トップは佐藤栄作氏で、6位に現安倍首相の祖父にあたる岸信介氏がいる。仮に、安倍首相が3年後の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ