「長期金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

J-REIT市場の現状と今後の見通し

<足元の状況>2015年2月以降、10年国債利回りが国債入札の不調による需給悪化懸念の高まりにより上昇する局面が度々あり、不安定に推移したことや、3月に米国の早期利上げ懸念の強まりなどを受けて国内株式市況の上値が重くなったことなどを背景に、J-REIT市場は一進一退の相場展開が続きました。直近では、4月末の欧州における長期金利の急騰を受けて国内長期金利が上昇したため、J-REIT市場はやや乱高下する相場となりました。また、昨年後半から上昇基調が続いたことによる高値警戒感や、J-REIT各社による

2015年3月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界的な低金利と株高の持続性~グローバルに広がる金融緩和とバブルリスク~

みずほインサイトマーケット2015 年 3 月 9 日世界的な低金利と株高の持続性市場調査部主席エコノミストグローバルに広がる金融緩和とバブルリスク03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 原油価格の下落は、世界的なディスインフレ傾向を強め、理由は国によってまちまちであるが、先進国だけでなく新興国や資源国も含めて金融緩和を促す一因となっている○ 金融緩和の広がりはグローバルな金利低下を促し、特に量的緩和を行っている日欧の長期金利は低位での推移が

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ようやく持ち直しが確認できた国内景気~一旦は上昇した長期金利も足元では沈静化へ~

ようやく持ち直しが確認できた国内景気~一旦は上昇した長期金利も足元では沈静化へ~

2015年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

長期金利を巡る変動について ~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~

Financial Trends長期金利を巡る変動について~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~経済関連レポート 発表日:2015年2月4日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)日本の長期金利が跳ね上がった。極端に金利が低下したことの反動リスクも徐々に意識されるようになっている。 長期金利が異例の状態まで下がっているのは、ドイツも米国でも共通して起こっていることである。これは需給面 で、高まる安全資産のニーズに対して、受け皿になる安全性の高い国債

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安への評価などに揺れた年初の金融資本市場~長期金利は一時0.2%割れとなるなど、低下圧力は強い~

情勢判断国内経済金融原 油 安 への評 価 などに揺 れた年 初 の金 融 資 本 市 場∼長 期 金 利 は一 時 0.2%割 れとなるなど、低 下 圧 力 は強 い∼南 武志要旨国内景気は一部に消費税増税後の需要反動減からの持ち直しもみられるものの、総じて低調である。2015 年度に入れば、増税による悪影響の一巡や賃上げ実施、さらには原油安による購買力改善などにより、景気回復傾向が明確になるとみるが、原油安に伴う資源国経済や金融資本市場の動向には注意が必要である。さて、原油など資源価格の大幅

2014年12月17日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(2014年11月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年2月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 2月のJGB市場は日銀のイールドカーブコントロールに対する不透明感が高まったことで値動きの大きい1カ月となった。 2日の10年債入札が弱い結果となり10年債金利は一時0.150%まで上昇。その後日銀が指値オペを実施したことで長期金利の上昇は一服し、0.1%程度の水準まで低下した。超長期金利が上昇する中、日銀オペの増額の見送りを経て、8日には20年債金利は一時0.715%(前月末比+6.0bp

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金融市場) 2015年はどのような年になるのだろうか。海外のスケジュールを見渡してみると、最大の材料はやはり「米国の利上げ」に

2014年12月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)中央銀行の情報発信と市場心理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 中央銀行の情報発信と市場心理:2013年中の日米における2つのエピソードを巡って鎌田 康一郎(日本銀行), 2014年12月1日キーワード:中央銀行、コミュニケーション、投資家心理、債券市場、ボラティリティJEL分類番号:D40、D83、E58、G12:kouichirou.kamada@boj.or.jp(K. Kamada)要旨証券の価格や変動は、市場参加者の確信()の程度に左右される。しかし、主流派マクロ経済学で

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

2014年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期金利低下の「謎」を探る

米国の長期金利低下の「謎」を探る

2014年8月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界の長期金利はまだ低下傾向にあるのか

世界の長期金利はまだ低下傾向にあるのか

2014年7月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

史上最低の貸出金利、長期金利の天井は0.81%に低下

史上最低の貸出金利、長期金利の天井は0.81%に低下

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) この夏はエルニーニョ現象の影響による冷夏が予想されており、景気への影響も危惧されている。一方、夏の気温と株価の関係を過去3

2014年6月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年6月号

為替相場展望2014年6月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆米長期金利の低下が重石となるドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆高まるECBの追加緩和観測とユーロ相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.4◆ドル円、ユーロ相場の見通し・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

反動減からのリバウンドとその持続性へ注目集まる~政府・日本銀行は、反動減は想定内と評価~

情勢判断国内経済金融反 動 減 からのリバウンドとその持 続 性 へ注 目 集 まる∼政 府 ・日 本 銀 行 は、反 動 減 は想 定 内 と評 価 ∼南 武志要旨2014 年 1∼3 月期の経済成長率は前期比年率 5.9%と、消費税増税を前にした駆け込み需要が想定以上に強かったことが確認できた。4 月に入り、その反動減の動きが出ているが、政府・日本銀行では需要の落ち込みは想定内との認識を示している。とはいえ、増税による所得減を穴埋めするほどの賃上げが実現できたわけではなく、輸出の緩慢さや公共

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

2014年5月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 30日に米ダウ平均株価が史上最高値を更新した。一方、わが国の株価は不振が続いており、日米株価の格差は鮮明だ。本来、日米株価の相関性は強いが、最近は相関係数が大きく

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

2014年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

大幅にかい離した後、連動性を回復した日米長期金利-先行き、一段のかい離幅拡大の公算は小。日米金利は連動した状態を維持する見込み

大幅にかい離した後、連動性を回復した日米長期金利-先行き、一段のかい離幅拡大の公算は小。日米金利は連動した状態を維持する見込み

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

やや期待外れな10~12月期GDPだったが・・・~輸入急増の背景には民間最終需要の堅調さも~

情勢判断国内経済金融やや期 待 外 れな 10~12 月 期 GDP だったが・・・~輸 入 急 増 の背 景 には民 間 最 終 需 要 の堅 調 さも ~南 武志要旨国内景気は、消費税増税前の駆け込み需要が徐々に盛り上がりつつあることもあり、緩やかながらも改善の動きが続いている。10~12 月期の経済成長率は、輸入急増や公共投資の減速などにより、抑えられたものとなったが、景気牽引役が公的需要から民間需要にシフトしつつある証拠と言えなくもないだろう。こうした動きに合わせて、消費者物価は前年比1

2014年1月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日米グレート・ローテーション、長期金利底上げ

日米グレート・ローテーション、長期金利底上げ

今月の経済・金融情勢2013年12月26日号

2013.12.26今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年12月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 1 2 月1.米国では、12月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、月額850億ドルの資産を買い入れてきた量的緩和策第3弾(QE3)を、14年1月から750億ドルに縮小することを決定した。また、政策金利(

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済12 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、月額 850 億ドルの資産を買い入れてき た量的緩和策第 3 弾(QE3)を、14 年 1 月から 750 億ドルに縮小することを決定した。また、政 策金利(0〜0.25%)については、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ見 通しが FOMC の長期目標である 2%から上下 0.5%ポイント以内に収ま

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(中国)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化足元の中国経済は、緩やかな回復が続いている。11 月の月次経済指標をみると、工業生産が前年比+10.0%(10 月同+10.3%)、固定資産投資(年初来累計)が同+19.9%(10 月同+20.1%)と減速するも、輸出が同+12.7%(10 月同+5.6%)、小売売上高が同+13.7%(10 月同+13.3%)と加速し、まずまずの結果。実質 GDP と連動性が高い工業生産の推移は、10

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年12月2日~) ~米注目統計が好調なら、さすがに米長期金利は上昇へ~

Weekly Market Report(2013年12月2日~) ~米注目統計が好調なら、さすがに米長期金利は上昇へ~

中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇

中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年7-9月期の実質GDP成長率は前年同期比7.8%増と3四半期ぶりに前四半期の伸び(同7.5%)を上回った。また、1-9月期では前年同期比7.

テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢

テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢 | ニッセイ基礎研究所 テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7-9月期GDPは年率2.8%と上昇も、在庫増による所が大きく、住宅投資を除くと、個人消費、設備投資等の主要な需

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

オールゼロ金利時代到来か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オールゼロ金利時代到来か?長期金利動向に注目 11月7日、欧州中央銀行(ECB)は理事会で政策金利の引き下げ(0.5%→0.25%)を決定した。事前に利下げは市場では観測されておらず、サプライズだった、といえる。ドラギ総裁は記者会見で「金利はさらに下げることもできる。利用可能なすべての手段を講じる用意がある」と述べ、追加緩和の可能性にも言及した。ユーロ圏の10月消費者物価(速報値)は前年比+0.7%と

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の人民元は、基準値が米国ドルに対してほぼ横ばいに留まる一方、現物実勢は中国成長率の上ぶれや米国財政協議の混乱を背景に堅調に推移した。世界通貨を見渡すと、堅調に推移し

金融市場の動き(2013年10月号)~急騰期における金利の動き

金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金利) 安倍首相が消費税率引き上げを表明した。日本の財政再建を一歩前進させる措置である。しかし、日本の財政再建の道筋はまだ先が長いのも事実。そして、財政懸

2013年10月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費増税で国債への信認はつながったか

リサーチ TODAY2013 年 10 月 3 日消費増税で国債への信認はつながったか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創10月1日、政府は消費税を2014年4月から5%から8%にまで引き上げるとの発表を行なった。みずほ総合研究所は先月、消費増税が先送りされた場合に、国債市場や日本国債の格付けを巡る動きがどうなるかを展望したリポートを発表した1。下記の図表は「日本固有」の要因で、日本の長期金利がどの程度押し下げられているかを推計したものである。日本の長期金利は、経済の停滞やデフレ、マクロの

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年9月(日本)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日景気回復の足取りが強まるなか、政府は消費増税を決断へ1.実体経済の動向今月 9 日に発表された 4-6 月期の GDP 統計 2 次速報値では、同期の実質成長率が前期比年率+3.8%と 1 次速報値の同+2.6%から大きく上方修正された。1-3 月期の同+4.1%に続いて高めの成長率を確保した格好だ。特に目を引いたのが、民間企業設備投資が 6 四半期ぶりの前期比増加(同+5.1%)、公共投資が 2 四半期ぶりの前期比年率二桁増(同+12.7%)へ上方

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

1ドル100円回帰後の為替レート ~QE3縮小を巡る混乱は続く~

Financial Trends経済関連レポート1ドル100円回帰後の為替レート発表日:2013年9月6日(金)~QE3縮小を巡る混乱は続く~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)ドル円レートは 9 月 5 日に 40 日ぶりに 1 ドル 100 円台を回復した。これは、消費税先送り観測が後退した影響が大きいとみるが、もう一方でQE3縮小後の米経済の拡大期待もある。ただし、後者の要因については、米経済の拡大ペースに不確実性があり、当面は不安定さを抱えると予想

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 8月の人民元相場は基準値・現物実勢ともに米国ドルに対して堅調に推移した。米国が出口戦略(Tapering)を模索する中で、多くの新興国通貨が米国ドルに対して下落しており、こう

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?

リサーチ TODAY2013 年 9 月 2 日今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創QE3(大規模証券購入プログラム)の運営方針について様々な思惑が生じている。市場では9月にもQE3の縮小が決定されるとの見方が生じ、流動性相場転換から株価にネガティブな影響をおよぼすことに対する警戒感は強い。みずほ総合研究所は昨年末までQE3が2014年いっぱい継続と考えてきたが、既に年初から見方を修正し、現在は早ければ9月にもQE3縮小のアナウンスを行うとの見方にあ

2013年8月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日米の長期金利の乖離はどこまで続くか

日米の長期金利の乖離はどこまで続くか

長期金利の変動はなぜ生じたか

一〇年債国債利回りは、一時、〇・六二%まで急上昇した。長期金利の変動はこれまで、ロクイチ国債暴落︵一ところが、五日の午後になると一転し、債券先物相場は急落してサーキッドブレーカが二回発動され、現物の期金利の過去最低水準を更新した。に長期金利は低下し、〇・四二五%と過去最低の低金利となった。翌五日の午前中には〇・三一五%となり、長田日銀総裁就任と共に一段と低下している。四月四日午後一時四〇分、新たな金融緩和政策が発表されると瞬時る安倍政権が成立すると、長期金利はアベノミクスに対する市場の期待を反映

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか?

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 為替市場において、豪ドルの下落が鮮明になっている。2010年以降、世界最強通貨の一角であった豪ドルだが、現在は「新興国とりわけ

内需主導で緩やかながらも回復基調をたどる国内景気~一方で新興国リスクへの懸念が高まる~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融内 需 主 導 で緩 やかながらも回 復 基 調 をたどる国 内 景 気~一 方 で新 興 国 リスクへの懸 念 が高 まる~南 武志要旨国内景気は主として底堅さを増しつつある内需に牽引されて、緩やかながらも着実な回復基調をたどっている。輸出についても増加しているものの勢いは鈍く、新興国経済の先行き懸念が高まるなど、増勢が強まる様子は窺えない。なお、先行きについては強力な金融緩和策や大型補正編成の効果、さらには 14 年 4

市場の動揺を横目に、実体経済は着実に改善~13年度後半にかけて国内景気は堅調推移と予想~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融市 場 の動 揺 を横 目 に、実 体 経 済 は着 実 に改 善~13 年 度 後 半 にかけて国 内 景 気 は堅 調 推 移 と予 想 ~南 武志要旨5 月下旬以降、米金融政策の行方等を巡って円安・株高が一転し、金融資本市場は調整する場面も見られる。アベクロミクスへの期待が剥落したとの指摘もあるが、実体経済を見る限り、緩やかではあるが、着実な持ち直しを続けている。先行きも、公共事業の増加、円安や海外経済の持ち直しに伴う輸

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

長期金利と黒田総裁 ~6月11日の決定会合は現状維持~

長期金利と黒田総裁 ~6月11日の決定会合は現状維持~

2013年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 株式市場の大荒れが続いている。その最大要因とされるのが米QE3の早期縮小観測だ。では何故米株よりも日本株の方が不安定化・下落しているの

2013年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の長期金利は今年も1%以上に

リサーチ TODAY2013 年 5 月 30 日日本の長期金利は今年も1%以上に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創本論は今年1月15日のTODAYの議論を改めて繰り返すものだ。今日、日本の長期金利に大きな変動が生じ、政治問題化した面がある。ここでの認識は、最近の長期金利の上昇が過度な金利低下になったことからのゆり戻しであり、年初来の振り出しに戻る動きとするものである。同時に、現在は日銀の金利上昇の抑制姿勢も含めて、長期金利が安定した水準を模索する段階と考えている。図表は日米の10年国債

底堅い消費や輸出の復調により高成長を確保~一方、長期金利にはボラタイルな動きも~

底堅い消費や輸出の復調により高成長を確保~一方、長期金利にはボラタイルな動きも~

ドル高の気圧配置 ~マーケット・カルテ6月号

ドル高の気圧配置 ~マーケット・カルテ6月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高の気圧配置 ~マーケット・カルテ6月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志5月前半の市場では、雇用統計など予想を上回る米経済指標やG7が無難に終わったことを受けて円安が再び進行、1ドル100円の節目を越えて下げ幅を広げている。利下げなどを受けてユーロドルも下落しており、ドル独歩高の色彩が強い。長期金利は異次元緩和で長期国債の流動性が低下していた中での株高・米金利上昇を受けて大幅に水準を切り上げており、不安定な展

2013年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

金利上昇はリスクか、金融システムレポートから

リサーチ TODAY2013 年 4 月 24 日金利上昇はリスクか、金融システムレポートから常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創本日は今月17日に日本銀行から発表された『金融システムレポート』1に関するものである。これまで同レポートは毎年マスコミ等で「金利1%上昇で銀行損失○○兆円」との点が大きく取り上げられてきた。今年も下記の図表にあるように、金利上昇に伴う債券時価の変動が示されている。■図表:日銀金融システムレポートによる金利上昇に伴う債券時価の変動の試算(兆円)国際統一基準行国内基

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

2012年5月31日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解2012年5月30日一上響*1清水雄平*2要旨本稿は、日米を含む先進10か国のフォワードレートに関するパネル分析を通して、長期金利の変動要因について検証したものである。インフレ予想や自然利子率を左右する労働生産性の上昇率に加え、財政状況や対外ファイナンス、人口動態も長期金利に有意な影響を及ぼすことが確認された。主たる分析結果は、以下の通りである。第1に、財政指標とし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ