調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 長期金利上昇

「長期金利上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 スピード調整の可能性に留意日経平均株価5月末20,563.15円前月末比5.34%【先月の回顧】5月の国内株式市場は、年初からの堅調地合を引き継ぎ、上昇しました。月初は、米国景気への懸念や、イエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長の株式市場を割高視する発言などで下落して始まりましたが、英国総選挙での与党保守党の勝利や、安定した米国雇用統計などを受けて、株価は上昇に転じました。その後も、良好な株式需給関係が継続する中、

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

4月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 一進一退でスピード調整3月末19,206.99円日経平均株価前月末比2.18%【先月の回顧】3月の国内株式市場は、おおむね堅調に推移しましたが、月末は弱含みました。上旬は、2月に大きく上昇した反動や、献金問題による国内政治の不透明感、米国の早期利上げ懸念の強まりなどから、上値の重い展開となりました。しかし中旬に入ると、自動車業界などを中心に春闘での高めのベア妥結報道が相次いだことや、主要企業で株主重視姿勢の強まりが伝えら

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2015年1月号)~原油安に潜む少し先のリスク

金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(金融市場) 年明けの金融市場は波乱の幕開けとなった。その一因は原油安だ。原油価格はさらに下値を模索する展開も有り得、下がれば下がるほど、その悪影響への懸念も高まるだろう。しかし、現状の低価格が長期間続く可能性は低い。いずれ減産や開発停止の動きが見えてくると予想されるためだ。需給緩和に改善の兆しが見えれば持ち直しのきっかけ

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

1月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 堅調相場を想定12月末17,450.77円日経平均株価前月末比-0.05%【先月の回顧】12月の国内株式市場は、上下に振れの大きな展開でした。月初は、米国雇用統計など良好な経済指標の発表や、衆議院議員選挙において与党が優勢との新聞社調査などが好感され上昇しました。しかし、原油価格が急落し、産油国であるロシアの通貨と株式が大きく売られると、金融市場全般が不安定化したことなどから、日本株も大幅に下落しました。ところが、FOM

見直し買いの動きが見られる世界の高配当株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月22日見直し買いの動きが見られる世界の高配当株式 今年に入り、グローバル高配当株式が堅調に推移しています。同資産の年初来騰落率は+6.1%と、世界株式の+2.8%を上回る水準となっており(いずれも2014年5月21日時点)、高配当株式を見直す動きが強まっていると考えられます。高配当株式は、配当利回りの高さから利回り資産としての側面を持っており、米国の量的緩和縮小が示唆された2013年5月以降は、米国の長期金利上昇に伴なう利回

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが「出口」に向かうと何が起きるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 黒田東彦日銀総裁が「異次元金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和政策を導入してから1年余りが経過した。日銀の金融政策の効果などもあり、日本経済は徐々に明るさを取り戻してきた。筆者は、2014年4月の消費税増税の影響はあくまで一時的なものに留まり、日本経済の拡大傾向が続くとみている。今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年12月号

みずほ米国経済情報2013年12月号[米国経済の概況]◆米国経済は、長期金利上昇や財政面の不透明さという逆風に耐えうる体力を蓄えていたようだ。7~9月期の実質GDP成長率(確報)は前期比年率4.1%、国内最終需要は同2.3%と共に上方修正されている。◆2013年の米国経済はアベノミクスと同じ言葉で振り返ることができる。本格的な景気拡大に欠かせない「3本の矢」が放たれた。第1の矢は、家計部門におけるバランスシート調整の一段の進展だ。◆第2の矢は量的緩和(QE3)の目的であった雇用の持続的拡大である

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米量的緩和縮小と市場動向~QE3縮小決定後になぜ株価は上昇したのか~

みずほインサイトマーケット2013 年 12 月 20 日米量的緩和縮小と市場動向市場調査部シニアエコノミストQE3縮小決定後になぜ株価は上昇したのか03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ FOMCは12月17、18日の会合で量的緩和(QE3)の縮小を決定した。量的緩和の縮小は本来株式相場にとってマイナスの材料であるが、株価は予想外の上昇で反応した。○ 株価上昇の理由としては、フォワード・ガイダンスの強化、小幅な量的緩和の縮小規模と当面の証券

Weekly金融市場 2013年12月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 12 月 13 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日米で金融政策会合開催:日米共に政策維持の見通し、米 FRB は市場との対話に注力か17∼18 日に米 FOMC、19∼20 日に日銀金融政策決定会合が開催される。日本では政策を現状維持する見通しで、追加緩和に関しては必要であれば対応する旨の発言に終始するとみられる。米 FOMC では、量的緩和策第 3 弾の規模縮小開始時期をどのように決めていくのか、市場との

米国リート市場の現状と見通し

米国リート市場の現状と見通し2013年11月27日<リート市場の現状>米国リート市場は、長期金利の上昇がリートを含む金利感応度の高い投資資産のパフォーマンスに影響をもたらすとの懸念を背景に、株式市場のパフォーマンスを下回る状況が続いています。リート市場は2013年5月下旬以降、量的金融緩和の縮小懸念を背景に米国長期金利が急上昇したことから、相対的な利回り面の魅力が低下するとの見方が台頭し、値下がり基調が続いてきました。しかし、9月に入ると、中旬に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)におい

中国の長期金利上昇について

中国の長期金利上昇について | ニッセイ基礎研究所 中国の長期金利上昇について 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では長期金利がじわじわと上昇している。5年国債の最終利回りで見ると、6月9日の今年最低値(3.09%)から9月12日の直近最高値(4.03%)まで1%ポイント弱上昇しており、約2年ぶりの4%台乗せとなった(下図

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)シミュレーションに基づく定量的分析 ◆米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、資産買取り等の非伝統的政策手段とフォワードガイダンスを通じた時間軸効果により、金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が13年内に資産買入れ規模の縮小を開始し、14年中頃に買入れを終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。結果、市場予想の変化を

2013年9月9日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:冴えない雇用統計VS企業マインド好調

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jpSeptember 6, 2013<FOCUS>冴えない雇用統計 VS 企業マインド好調 8 月の雇用統計は総じて低調だった

回復基調が強まる米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融回 復 基 調 が強 まる米 国 経 済木村 俊文要旨米国では 8 月に入り、雇用や消費、住宅関連などで底堅さを示す経済指標の発表が続き、景気回復期待が高まった。こうしたことから金融市場では、米政策当局(FRB)による量的緩和政策の転換時期が近いとの思惑が強まり、株安・金利上昇の流れが強まった。経済指標は底堅い動き上昇への警戒感や株安を背景に楽観的な最近発表された米経済指標は、総じて見方がやや後退したことから 80.0 と前底

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

波紋を呼ぶ消費税先送り論(前編) ~株安・円高を誘発する作用~

Financial Trends経済関連レポート波紋を呼ぶ消費税先送り論(前編)発表日:2013年7月30日(火)~株安・円高を誘発する作用~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍政権は、参議院選挙が終わって政策の自由度を勝ち取ったはずだ。しかし、意外なことに首相周辺から聞こえるのは、消費税増税の慎重論だ。もしも、本当に消費税を先送りすれば、長期金利上昇を予想させて、株安・円高を誘発するショックになりかねない。7 月 26 日・29 日の株価下落も、日本

2013年7月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2013年6月(全体版)

平成 25 年(2013 年)6 月 28 日【経済概況】Ⅰ.日 本~金融・財政政策に続いて、民間投資を喚起する成長戦略もいよいよ始動~Ⅱ.米 国~景気の回復基調が続くなか、FRB は資産買入策の縮小に道筋~Ⅲ.西 欧~政策的な景気押上げが検討されるも、即効性は望み薄~Ⅳ.ア ジ ア~海外マネーは一転して流出、各国政府・中銀の対応には差異~Ⅴ. 中 国~景気減速懸念の下での金利上昇の意味~Ⅵ.オーストラリア~景気は減速感が鮮明、設備投資が成長の重石に~Ⅶ.原 油~原油価格とドル相場の関係~Ⅰ.日

2013年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「犯人」は長期金利? 本当にそうだろうか?

Financial Trends「犯人」は長期金利?本当にそうだろうか?2013年5月31日(金)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523基本スタンス5.23ショックの余波がおさまらない。日本株は「スピード違反」の切符を切られたようだ。ただし、「免許停止」は免れた。目先の調整はあるものの株高トレンドは崩れないだろう。根拠は以下に示すとおり。・日本株の混乱と米経済回復は無縁・米経済は堅調、ドル高主導の円安シナリオは不変・米QEは景気回復見合いで縮

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 米金利上昇と流動性低下だけで“債券離れ”は起きない

Global Market Outlook米金利上昇と流動性低下だけで“債券離れ”は起きない2013年5月30日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:09 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13589.031134.4215,302.808,336.586,62

2013年6月3日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

株価の動向についてのレポートです。

株価暴落の嵐は続くのか? ~5月23日の暴落から1週間後の大幅下落~

Financial Trends経済関連レポート株価暴落の嵐は続くのか?発表日:2013年5月30日(木)~5月23日の暴落から1週間後の大幅下落~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)5 月 30 日の日経平均株価は前日比▲737.43 円も下がった。1 週間前の株価下落に続いての大幅な株安である。時間が経過して、(1)株価暴落が日本株に限定されるもの、(2)円安の趨勢を大きく変えないこと、(3)長期金利が低水準に戻りにくいこと、などの特徴があることが明確

2013年5月28日大和総研フィードバック数:4社会/政治

歴史は繰り返す?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月の質的・量的金融緩和の導入以降、長期金利の変動が激しくなっている。緩和の直後には10年債利回りは低下し、過去最低の0.315%まで低下した。しかし、その後上昇に転じ、5月23日に、10年債利回りは1年2ヶ月ぶりに一時1%を超えた。一般的に、金融政策の波及経路を考える上では、長期金利の低下は貸出の動向や資産価格、為替レートに影響を与え、実体経済の浮揚につながると想定されている。そのため、金融緩和は基

2013年5月23日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

長期金利上昇を見極めようとする日銀 ~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~

長期金利上昇を見極めようとする日銀 ~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ