「関西経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グラフで見る関西経済(2015年6月)

2015年06月25日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。生産は、2015年1月をピークに減少しており、均してみても増加が一服している。実質輸出は、年初から大きく振幅した後、均してみると横ばい圏で推移している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額や所定内給与が持ち直している。そのような中、個人消費は、緩やかな持ち直しの動きがみられる。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込みの反動で13年終わりごろをピークに水準を大きく下げた後、

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>2015-06-01 関連論文訪日外国人消費の経済効果 -爆買いから新たな拡張局面へ:比較2013-16年- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド消費, 経済効果, 爆買いから新たな拡張局面, 観光消費ベクトル, 関西地域

グラフで見る関西経済(2015年5月)

2015年05月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減はなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。実質輸出は、年初から大きく振幅した後、3月は2ヶ月ぶりに増加し持ち直している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額や所定内給与が増加を続け、持ち直している。そのような中、個人消費は、緩やかな持ち直しの動きがみられる。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込みの反動で

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>2015-04-27 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.52-景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- ・6月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比プラ

グラフで見る関西経済(2015年4月)

2015年04月23日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は12月の現金給与総額が10ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が8ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費

Kansai Economic Insight Monthly Vol.24

2月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりに下落した。1-2月平均を10-12月平均と比較すれば+5.0%と基調は堅調。3月の貿易は、輸出は25カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は3カ月ぶりの黒字となり2011年3月以来の2,000億円超となった。3月の消費者態度指数及び景気ウォッチャー現状判断DIはいずれも4カ月連続で改善。インバウンド関連の好調が続いており、消費者心理は改善している。12月の現金給与総額の伸びは前月から加速。1月(関西コア)はプラスを維持したものの、前

グラフで見る関西経済(2015年3月)

2015年03月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響しており、輸出は振幅しながらも緩やかな増加傾向にあると考えられる。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は11月の現金給与総額が9ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が7ヶ月連続で

グラフで見る関西経済(2015年2月)

2015年02月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも、均してみれば緩やかな増加傾向にある。輸出は増加している。1月の実質輸出は前月比+8.3%と2ヶ月連続で増加し、過去最高の水準となった。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額が9ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が7ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の現金

2015年2月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>2015-01-26 関連論文訪日外国人消費の経済効果 -爆買いから新たな拡張局面へ:比較2013-16年- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド消費, 経済効果, 爆買いから新たな拡張局面, 観光消費ベクトル, 関西地域間産業連関表, GRP早期推計 2015年は「爆買い」という言葉に象徴されるような圧倒的な外国人消費の拡大により、関西経済の所得や雇用に歴史的な影響をもたら

グラフで見る関西経済(2015年1月)

2015年01月22日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも増加傾向にあるが、11月は大きく減少した。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が8ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら6ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が一巡し、緩やかな

関西経済月次分析(2014年12月-2015年1月)

<要旨>11月の鉱工業生産指数は前月比-4.6%と3カ月ぶりの下落。在庫は高水準であり、今後生産調整が行われる可能性がある。加えて海外需要が停滞すれば、生産に対する影響は大きい。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。12月の景気ウォッチャー現状判断DIは3カ月ぶりの改善。先行き判断DIは6カ月ぶりの改善。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりに前月比改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10月の

グラフで見る関西経済(2014年12月)

2014年12月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、その後再び増加している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が7ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら5ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が一巡した

2014~2016年度 関西経済見通し

【プレスリリース】 2014~2016年度 関西経済見通し~14年度の落ち込みの後、再び緩やかな回復へ~ 2014年12月19日○関西経済は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び緩やかな回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然弱い動きが目立つ状況であるが、輸出や生産など企業部門の活動は、持ち直しの動きが続

2014年12月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【関西経済シリーズ No.8】近畿短観(2014年12月調査)でみる関西経済

【関西経済シリーズ No.8】近畿短観(2014年12月調査)でみる関西経済

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2014~2016年度 関西経済の見通し】低空ながら回復軌道を辿る関西経済

【2014~2016年度 関西経済の見通し】低空ながら回復軌道を辿る関西経済

グラフで見る関西経済(2014年11月)

2014年11月27日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、9月に再び増加した。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が6ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら4ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減からは回復して

関西経済月次分析(2014年10-11月)

<要 旨>9月の鉱工業生産指数は前月比+4.8%と2カ月ぶりの上昇も、7-9月期の生産は3期ぶりの前期比マイナス。今後の生産動向には注意が必要。10月関西の貿易は、輸出は20カ月連続で増加し伸びは2桁となった。輸入は2カ月連続で増加し、単月過去最高額を記録。結果、貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり、前年同月から改善。10月の景気ウォッチャー現状判断DIは前月比2カ月ぶりのマイナス。外国人観光客による消費の増加が落ち込みを軽減したようである。先行き判断は同2カ月連続の悪化。10月の消費者態度指数は3

グラフで見る関西経済(2014年10月)

2014年10月23日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。消費税率引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、4月以降も高水準で推移してきたが、8月は減少となり年初の水準を下回った。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が5ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながらも3ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減から

関西経済月次分析(2014年9-10月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

グラフで見る関西経済(2014年9月)

2014年09月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、4月以降も高水準で推移し、緩やかに増加している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が4ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が2ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減からは回復しているが、実質では頭打ちとなっ

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

グラフで見る関西経済(2014年8月)

2014年08月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、6月は減少したものの高水準で推移している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が3ヶ月連続で前年比増加となり所定内給与が30ヶ月ぶりに増加となるなど、持ち直しつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資は

2014~2015年度 関西経済見通し~緩やかに回復する企業部門と出遅れる家計~

○関西経済 は2012年秋以降、緩やかに持ち直している。足下の経済指標を見ると、輸出はこれまでの横ばい圏の動きから緩やかに持ち直してきており、全国と対比しても良好な動きとなっている。生産は、消費税率引き上げ前の駆け込み対応などにより2014年に入って水準が高まっている。出荷が減少して在庫が増加という懸念材料もあるが、4月の引き上げ以降もこれまでのところ生産は高い水準を維持している。設備投資は13年度以降、非製造業を中心にようやく持ち直してきている。個人消費は、消費税率引き上げに伴う駆け込み増、反

グラフで見る関西経済(2014年7月)

2014年07月25日【今月の景気判断】関西経済は、緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みも影響して増加していた生産は、5月も高水準で推移している。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると底堅く推移している。雇用環境をみると、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が2ヶ月連続で前年比増加となり、下げ止まりつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資は、消費税率引き上げ前の駆け込みの後、昨年終わ

日本経済(週次)予測(2014年7月14日)<4-6月期、民間需要、公的需要ともに前期比減少だが、純輸出はGDPを幾分押し上げ>

日本経済(週次)予測(2014年7月14日)<4-6月期、民間需要、公的需要ともに前期比減少だが、純輸出はGDPを幾分押し上げ>2014-07-14 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(

2014年7月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2014~2015年度 関西経済の見通し】底堅さのなかにも供給制約の懸念

【2014~2015年度 関西経済の見通し】底堅さのなかにも供給制約の懸念

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>2014-06-23 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率

グラフで見る関西経済(2014年6月)

2014年06月25日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、4月も高水準で推移している。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると底堅く推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が前年比で増加となり、下げ止まりつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しているが、消費税率引き上げ前の駆け込みの

グラフで見る関西経済(2014年5月)

2014年05月28日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みが影響して増加したが、足下では高水準で横ばいとなっている。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少している。個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込みの後、一部に反動減がみられる。住宅投資は、消費税率引き上げ

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>2014-05-28 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0

関西経済月次分析(2014年4月-5月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

グラフで見る関西経済(2014年4月)

2014年04月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みとその反動も見受けられるが、緩やかな持ち直しが続いている。輸出は金額ベースでの前年比伸び率が鈍化し、実質ベースの水準では横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少しているが、個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあり持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきて

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>2014-04-21 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前

関西経済月次分析(2014年3月-4月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

2014年4月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【関西経済シリーズ No.6】近畿短観(2014年3月調査)でみる関西経済

【関西経済シリーズ No.6】近畿短観(2014年3月調査)でみる関西経済

関西経済月次分析(2014年2-3月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

関西における観光イノベーションモデルの構築に関する研究

2012年度の報告書 -関西における観光イノベーションモデルの構築に関する研究 -が完成しました。 2014-03-11 本研究のねらいは、関西における観光振興に資するTIMを構築し、経済の活性化を図ることにあります。そのためには、国内外の観光客を関西に集客することが肝要となります。本研究の成果としてのTIMは次のようなものといえます。(1)日本の魅力再発見、(2)観光の戦略性と推進体制の強化、(3)広報力の強化、(4)多様なツーリズムの開発、(5)インフラ整備、(6)ツーリズム・コミュニティ

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>2014-02-28 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成

グラフで見る関西経済(2014年1月)

2014年01月28日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、12年11月を底に続いてきた緩やかな持ち直しが一服し横ばい圏で推移しているが、輸出は、電気機器、化学など近畿地区での比重が高い品目で増加が続き、持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境が緩やかに持ち直し、賃金が下げ止まりつつある中、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきている。住宅投資は、金利先高感、4月の消費

関西経済月次分析(2013年12月-2014年1月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

2013年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか

2013 年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか2013-12-27 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている

関西経済月次分析(2013年11、12月)

関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサス(2%台前半)から大幅に上振れた。CQM最終予測は、

グラフで見る関西経済(2013年12月)

2013年12月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、足下では在庫水準も高まって12年11月を底に続いてきた緩やかな持ち直しが一服してきたが、輸出は、電気機器、化学など近畿地区での比重が高い品目で増加が続いており、持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境も緩やかに持ち直しており、賃金は緩やかに減少しているものの、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、持ち直してきている。住宅投資は、金利先高感

2013~2015年度 関西経済見通し

2013年12月17日○関西経済は2012年秋以降、緩やかに持ち直してきている。関西の景気は日本全体の動きに比べて力強さに欠けて低調であるという見方もされるが、あまり変動しないで安定的な底堅さを見せていると評価することもできる。景気動向指数の動きを見ると、日本全体では12年4月をピークに景気は後退していたが、関西では景気後退を回避したようだ。○足下の経済指標を見ると、輸出の持ち直しが緩やかなものにとどまる中で、在庫が増加し、鉱工業生産の持ち直しの動きが一服してきているなどいくつかの懸念材料も存在

2013年12月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【関西経済シリーズ No.5】近畿短観(2013年12月調査)でみる関西経済

【関西経済シリーズ No.5】近畿短観(2013年12月調査)でみる関西経済

2013年12月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2013~2015年度 関西経済の見通し】底堅い成長が続く関西経済

【2013~2015年度 関西経済の見通し】底堅い成長が続く関西経済

グラフで見る関西経済(2013年11月)

2013年11月28日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、足下では在庫率が上昇し、昨年11月を底に続いてきた緩やかな持ち直しが一服してきたが、輸出は、電気機器、化学など近畿地区での比重が高い品目で増加が続いており、持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境も緩やかに持ち直しており、賃金は緩やかに減少しているものの、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、実績の数字をみると減少しているが、先行きについては増加が見込まれる。住宅投資は、金利先高

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>2013-11-29 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.

グラフで見る関西経済(2013年10月)

2013年10月24日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は昨年11月を底に緩やかに持ち直している。輸出は、電気機器、化学など近畿地区での比重が高い品目で増加が続いており、持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境も緩やかに持ち直しており、賃金は緩やかに減少しているものの、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、一部調査で今年度の増加を見込むものもあるが、実績の数字をみると減少している。住宅投資は、金利先高感、来年の消費税率アップの影響から緩や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ