「閣議決定」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)

「平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定されました エネルギーに関する年次報告は、エネルギー政策基本法(平成14年法律第71号)第11条に基づき、政府がエネルギーに関して講じた施策の概況ついて、国会に提出する報告書です。本日、平成27年度報告書が閣議決定されましたのでその内容を公表します。 〈今回のエネルギー白書の概要〉本年の白書では、2015年7月の長期エネルギー需給見通し策定後に起こった大きな変化を踏まえ、以下の内容について紹介しています。 (1)原油安時代に

2015年6月30日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

独立行政法人の役職員の給与水準の公表(平成26年度分)

報道資料独立行政法人の役職員の給与水準の公表(平成26年度分) 総務省の所管する独立行政法人の役員の報酬等及び職員の給与水準に関する情報について取りまとめましたので、別紙のとおり公表いたします。この公表は、「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(平成25年12月24日閣議決定)を受け改定された「独立行政法人の役職員の報酬等及び職員の給与の水準方法等について(ガイドライン)」において、主務大臣は様式により公表することとされていることから、実施するものです。 (別紙) 連絡先総務省大臣官房総務

2015年6月10日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

「平成26年度交通の動向」及び「平成27年度交通施策」(交通政策白書)

「平成26年度交通の動向」及び「平成27年度交通施策」(交通政策白書)について 平成27年6月9日 平成27年版交通政策白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。交通政策白書は、交通政策基本法(平成25年法律第92号)第14条第1項及び第2項の規定に基づき、交通の動向及び政府が交通に関して講じた施策並びに交通に関して講じようとする施策について、毎年、国会に報告するものであり、今回が初めての白書となります。概要等については、以下のとおりです。  本白書は、以下の4部構

2015年5月28日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。

平成26年度食料・農業・農村白書

「平成26年度食料・農業・農村白書」の公表について本日、「平成26年度食料・農業・農村の動向」及び「平成27年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定されました。 平成26年度 食料・農業・農村白書の概要人口減少社会における農村の活性化や本年3月末に閣議決定された新たな食料・農業・農村基本計画の概要のほか、食料の安定供給の確保、強い農業の創造、農村の振興を図る取組等について、全国の様々な事例も紹介しつつ記述しています。 東日本大震災からの復旧・復興状況等について記述して

2015年4月20日金融庁★フィードバック数:0ビジネス

金融庁のレポートです。

IFRS適用レポート

平成27年4月15日金融庁IFRS適用レポートの公表について2014年6月24日に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」において、「IFRSの任意適用企業がIFRS移行時の課題をどのように乗り越えたのか、また、移行によるメリットにどのようなものがあったのか、等について、実態調査・ヒアリングを行い、IFRSへの移行を検討している企業の参考とするため、『IFRS適用レポート(仮称)』として公表するなどの対応を進める。」とされています。今般、IFRS適用レポートをとりまとめましたので公表します

2014年9月3日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

独立行政法人における役職員の給与水準等及び契約状況

報道資料独立行政法人における役職員の給与水準等及び契約状況の公表 総務省は、独立行政法人の役職員の給与水準等及び契約状況について、各府省及び各法人における平成25年度分の公表結果を取りまとめました. 1 独立行政法人の役職員の給与水準等(平成25年度)事務・技術職員の対国家公務員指数は、年齢勘案で104.6、年齢・地域・学歴勘案で103.0となり、ともに前年度比減少。これは、対国家公務員指数の算出基礎となる年間給与額について、給与改定臨時特例法による給与減額支給措置が、平成24年度は103法人中

2014年7月1日金融庁フィードバック数:0キャリアとスキル

特殊法人及び認可法人の役職員の給与水準の公表について

平成26年6月30日金融庁特殊法人及び認可法人の役職員の給与水準の公表について特殊法人及び認可法人の役職員の給与水準については、「行政改革の重要方針」(平成17年12月24日閣議決定)において、「各法人及び主務大臣は、各法人の給与水準について、国家公務員との比較(ラスパイレス指数)の公表を行うとともに、内閣官房において取りまとめ公表する」とされたところです。この閣議決定を受け、当庁の所管する、預金保険機構及び銀行等保有株式取得機構の役職員の給与水準について公表します。お問い合わせ先金融庁 Tel

2014年6月20日文部科学省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)について 「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)について平成26年6月20日  本日、「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」、いわゆる科学技術白書が閣議決定されました。概要「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」は、科学技術基本法(平成7年法律第130号)第8条の規定に基づき、科学技術

2014年6月18日経済産業省★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)

「平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定されました エネルギーに関する年次報告は、エネルギー政策基本法(平成14年法律第71号)第11条に基づき、政府がエネルギーに関して講じた施策に関する報告書です。 本日、平成25年度報告書が閣議決定されましたのでその内容を公表します。 〈今回のエネルギー白書の概要〉 本年の白書では、平成26年4月11日に閣議決定されたエネルギー基本計画を踏まえ、国民各層の理解を深めるべく、エネルギーに関する諸課題をデータや情報等を用いて説明し

2014年6月11日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成26年6月10日 平成26年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成25年度土地に関する動向」と「平成26年度土地に

2014年4月13日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

閣議決定された方針です。

新しいエネルギー基本計画

新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました エネルギー基本計画は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すためにエネルギー政策基本法に基づき政府が策定するものです。東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故を始めとした、エネルギーを巡る国内外の環境の大きな変化を踏まえ、新たなエネルギー政策の方向性を示 すものとして、本日、閣議決定されました。 エネルギー基本計画は、2002年6月に制定されたエネルギー政策基本法に基づき、政府が策定するもので、「安全性」、「安定供給」、「経済効率性の向上」、

2014年2月7日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

国と地方公共団体との間の人事交流状況

報道資料国と地方公共団体との間の人事交流状況 総務省はこの度、平成25年8月15日現在における、国と地方公共団体との間の人事交流の実施状況を取りまとめましたので、公表します。 1 経緯国と地方公共団体との間の人事交流の実施状況は、「地方分権推進計画」(平成10年5月29日閣議決定)に基づき、国と地方公共団体との間の人事交流の透明性を確保するため、その実績を、平成11年以来毎年公表しています。また、この公表は、「採用昇任等基本方針」(平成21年3月3日閣議決定)に基づくフォローアップの一環

2014年1月31日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

採用昇任等基本方針に基づく総務省における任用の状況(平成24年度)

報道資料採用昇任等基本方針に基づく総務省における任用の状況(平成24年度)の公表採用昇任等基本方針(平成21年3月3日閣議決定)において、能力・実績に基づく人事管理制度の適切な運用を確保するとともに、国民の信頼を確保するため、本基本方針に基づく任用の状況について、各任命権者及び内閣総理大臣において毎年公表することとされているところです。今回は、平成24年度の総務省における任用の状況を公表するものであり、その内容は別添のとおりです。【参考資料】 採用昇任等基本方針(平成21年3月3日閣議決定)

2013年6月17日水産庁★フィードバック数:9ライフスタイル

水産白書です。

平成24年度水産白書

「平成24年度水産白書」の公表について本日、「平成24年度水産の動向」及び「平成25年度水産施策」(「平成24年度水産白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成24年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、水産の動向や水産に関する施策について記述しています。・今回の水産白書では、水産物の消費の問題を特集するとともに、昨年の特集に引き続き、東日本大震災からの水産業の復旧・復興の取組について章を設けて記述しています。また、水産

2012年5月2日農林水産省★フィードバック数:11ライフスタイル

農業についての重要なデータです。

食料・農業・農村白書

平成23年度 食料・農業・農村白書(平成24年4月24日公表)「平成23年度食料・農業・農村白書」の正誤について(平成24年6月27日) 平成23年度の食料・農業・農村白書(平成24年4月24日に閣議決定・国会提出)のうち、農林漁業成長産業化ファンドに関する記述について、下記のとおり正誤を行いました。なお、本ページに掲載している平成23年度食料・農業・農村白書については、正誤を完了しております。ご意見及びアンケートについて 農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ