「防災用品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月26日サチラボフィードバック数:0社会/政治

防災に関する意識調査

Page Top非常食の確保は85%以上。でも「避難場所の確認」は半数以下!?~都内の主婦が答えた「防災に関する意識調査」~Monday May 23, 2016 2016年4月に発生した熊本の地震災害につきまして、心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く、復興されることを心よりお祈り申し上げます。2011年3月の東日本大震災以降、防災や避難体制への関心が高まり、合わせてインターネットの普及に伴って共有される情報や備えの知識も変化していると考えられます。 一方で、防災の知識や備蓄用品は、一度揃え

2016年5月3日ホットリンクフィードバック数:0社会/政治

日頃から備えよう、防災用品に関するクチコミまとめ

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。 2016.4.21 日頃から備えよう、防災用品に関するクチコミまとめ 2016.4.21平成28年熊本地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げます。本地震の発生から1週間、SNS上でも心配や支援の声が多くあがるとともに、自分事(じぶんごと)ととらえ、防災用品の購入や点検を実施したというクチコミが見られました。今回はそういっ

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0企業情報システム

マイボイスコム 防災用品

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ災害に備えている人は全体の3割、備えていない人が5割強。20・30代では「ほとんど備えていない」の比率が高い。「防災用品の準備」が4割、「家具などの転倒・落下防止対策」「地震保険への加入」「避難場所や経路の確認」が各20%台 備蓄しているものは「飲料水」「懐中電灯、LEDライト」「缶詰」「レトルト食品・インスタント食品・真空パック」などが、準備している人の各6〜7割 準備している人が、防災用品を点検する頻度は、1年に1回以上が5割強。東北で

2015年8月27日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

住まいと防災に関する調査

『家庭での防災対策、6割以上が「していない」』住まいと防災に関する調査 2015年8月27日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「住まいと防災に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2015年7月27日(月)から28日(火)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。住まい探しにおいて重視するポイントで、「災害に強い」地盤や住居を選

2015年8月18日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

「防災意識と対策の現状」について調査

自宅に防災用品を備えている人は全国で51.5%災害用伝言ダイ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 自宅に防災用品を備えている人は全国で51.5% 災害用伝言ダイヤルを「きちんと使える」人は10.2% 災害体験者は「日ごろの備えと近所づきあいが大切」と回答 東日本大震災以降、余震に続く火山の鳴動、噴火、さらには異常気象による豪雨や台風被害など、日本列島が災害の不安に見舞われているなか、オレンジページ「くらし予報」では「防災意識と対策の現状」について調査しました。この

2013年8月29日パナソニックフィードバック数:0社会/政治

防災意識調査

Panasonic Newsroom トップ家電(個人向け商品)パナソニックが防災意識調査を実施~2人に1人が「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」、7割以上の人が「災害への備えが不十分」と回答 パナソニックが防災意識調査を実施~2人に1人が「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」、7割以上の人が「災害への備えが不十分」と回答 パナソニック株式会社は、東京圏、関西圏に居住する1040名を対象に「防災意識に関する調査」(WEB調査)を2013年7月に実施しました。「大震災がまた近

2013年1月14日マーシュ★フィードバック数:3社会/政治

震災後の意識の変化についての調査です。

震災後の生活に関するアンケート-5回目-

震災後の生活に関するアンケート調査-5回目-調査結果概略 3月で東日本大震災から丸2年。2年を目前とした今、自分達に変化はあったのか。生活について回復・復旧を実感していると回答する人は、全体の36.4%。前回2012年3月の調査結果とほぼ変わらない結果であった。調査を開始した震災直後の2011年4月からその半年後の2011年9月までの調査では、「回復・復旧の実感」は5割台であったが、2012年からは36%台に留まる。この数値から、「実感」がないのではなく、既に、「回復・復旧」は「実感」するほどの

2011年9月4日アイリスオーヤマフィードバック数:0社会/政治

防災に対する意識調査

ホーム企業情報ニュース2011年9月1日は「防災の日」-役に立った防災対策 第1位は非常食・飲料水の確保-「防災に対する意識調査結果」 9月1日は「防災の日」-役に立った防災対策 第1位は非常食・飲料水の確保-「防災に対する意識調査結果」当社は、情報サイト“アイリス暮らし便利ナビ”でサイト会員対象に今年も防災に対する意識調査を行いました。防災の日(9月1日)にあたり、アンケート結果や当社の販売状況から見える防災用品の現状をご報告いたします。 ■9割が昨年に比べて防災の意識が高まった昨年に比べて防

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ