「降水量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月27日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

“傘”にまつわる都道府県ランキング

ニュース 2017年06月13日 全国7万3千人が回答!雨の季節に欠かせない“傘”にまつわる都道府県ランキングを発表【傘調査2017】東京都は、傘の年間購入数・所有数・ビニール傘所有数の3項目でトップ~6割強が勝手に傘を使われた経験あり、年間の降水量が多いエリアほど高い割合に~モバイル/インターネット >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、『傘調査2017』を実施し、その結果を発表しました。本調査では、5月31日~6月7日にスマホアプリ「ウェザーニュー

2016年10月27日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

全国きのこ調査

今年の”きのこ”は多い!? 全国きのこ調査ここ最近は、あまり天気も良くなく、ジメジメしている日も多いので、 きのこが生えそうな空気。天気ときのこの関係を真面目に調査してみました!はじまりはこちらの記事でした。 ↓ 2016/10/19 17:04の記事全国のウェザーニュース会員から届いた、きのこ、キノコ、きのこ・・・本当に多いのだろうか?と、会議で話題が出たときに長野出身のスタッフが一言。「今年、松茸が豊作で、実家から毎週届くんですよね」・その他一同「えーーーっ!?」「なんて贅沢な!」「毎週かー

2016年2月4日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

1月の天候 暖かさのち厳寒

1月はお正月とは思えない暖かさからスタート。比較的穏やかな天気が続いていましたが、下旬には大寒波が襲来。長崎で積雪17センチ、名瀬で115年ぶりに初雪、久米島で39年ぶりにみぞれを観測するなど、記録的な大雪や厳しい寒さをもたらしました。 1月上旬 お正月とは思えない暖かさ 日本付近は暖かい空気を伴った高気圧に覆われて、全国的に気温が高くなりました。東・西日本と沖縄・奄美でかなり高く、沖縄は所々で気温が25度以上の夏日と季節外れの暑さになりました。 降水量は北・東日本と西日本日本海側で少なく、日

2015年12月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2015年(平成27年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成28年1月4日に発表します。報道発表日平成27年12月21日概要2015年(平成27年)の天候の特徴は以下のとおりです。年平均気温は全国的に高く、北・東日本と沖縄・奄美ではかなり高い。ただし、西日本は2年連続の冷夏 夏から秋の一時期を除き、3月は北日本で、5月は北・東日本で、6

2015年12月17日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

インド南東部の大雨と洪水被害

ニュース 2015年12月14日 インド南東部の大雨と洪水被害について被災地向け特設サイトをリリース、最新の気象見解を発信〜二次被害の軽減や復旧作業をサポート〜ムンバイ >  この度、インド南東部で発生した洪水により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。現地では復旧作業が開始されていますが、株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は創業時からの「いざという時に人の役に立ちたい」という企業理念に基づき、今後の二次被害の軽減や復旧作業に携わる方々に向け最新の気象

2015年12月9日日本気象協会フィードバック数:0ライフスタイル

2016年春の花粉飛散予測(第2報)

ホーム / ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ / 2015年 / 2016年春の花粉飛散予測(第2報) 九州・中国・四国・関東地方で2月上旬から飛散開始 ~ 前シーズンより福岡で3倍以上、愛知で4倍以上の飛散数予測 ~ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2016年春の花粉飛散予測(第2報) 九州・中国・四国・関東地方で2月上旬から飛散開始 ~ 前シーズンより福岡で3倍以上、愛知で4倍以上の飛散数予測 ~ 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会

2015年6月9日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

欧州の穀物作、牧草は順調な生育と予測(EU)

欧州委員会が5月26日に公表した作物の生育状況調査(MARS:Crop monitoring in Europe)によると、2015年の穀物の生育状況は概ね好調であり、特段の懸念事項は見当たらないとしている。同年の穀物全体の収穫見通しとしては、2014年が豊作であったため、前年比4.8%減とされているものの、過去5カ年平均との比較では2.7%増と予測している(表)。この要因として、ヨーロッパ全域で冬期の気温が平年よりも高かったことに加え、十分な降水量があったためとしている。家畜飼料としても利用さ

2015年5月26日日本銀行フィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデン・ウィークを中心とした今年の県内観光等の動向について(秋田支店)

「今月のトピックス(2015年5月)」【総 括】 GWを中心とした今年の県内観光等の動向をみると、明暗入り交じっているものの、総じてみれば堅調であった。 すなわち、曜日構成に恵まれGW後半の休日が1日多かったほか、前年に比べて暖かい日が多く雨天が少ないなど、天候にも恵まれた。 桜の開花時期が前年に比べて早かったこともあり、県内各所で開催された桜まつりへの入込客数や主要交通機関の利用は不冴えとなった。 もっとも、天候等に恵まれたこともあって、観光施設等への入込客数は、軒並み前年を上回ったほ

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(5月18日現在)

 主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について第1報 (5月18日現在)作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成27年5月19日)生育状況等道府県育苗・田植進行状況・生育状況等(自治体等公表資料の抜粋)区分北海平年に対する遅速等同左及び周辺事情に対する自治体等公表資料等(抜粋)道・5月のばか苗病の発生量は並、苗立枯細菌病・褐色病の発生量は やや少、苗立枯病の発生量はやや少の予報 (北海道病害虫防除所 4月30日公表)青 森・5月15日現在の田植進ちょく状況は、県全体で8%と

2015年4月19日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年1月以降の米国南西部の少雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年1月以降の米国南西部の少雨について報道発表日概要米国南西部では、2013年1月以降、少雨の状態が続いています。2014/15年の寒候期の降水量も、平年より少ない状況で経過しました。例年、春から夏にかけては降水量の少ない季節であることから、当面、干ばつの解消には至らない見通しで、影響がさらに拡大することが懸念されます。本文1.天候の経過と影響米国南西部では、2013年1月以降、降水量が平年より少ない状態が続いており、2015年3月までの2

2015年1月14日日本気象協会フィードバック数:0ライフスタイル

2015年春の花粉飛散予測(第3報)

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2015年春の花粉飛散予測(第3報) ~花粉シーズンまであと3週間!スギ花粉のピークは3月に~ 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)は、2015年1月14日(水)に全国・都道府県別の2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第3報)を発表します。また、詳細な情報を、「2015年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。第3報では、8都市のスギ・ヒノキ花粉飛散のピーク時期を発表しま

2015年1月12日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年12月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 12月の天候報道発表日平成27年1月5日概要2014年(平成26年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に低温だった 断続的に強い寒気が日本付近に流れ込んだため、気温は全国的に、低かった。ほぼ全国的に降水量は多く、日照時間は少なかった 日本付近を低気圧が数日の周期で通過し、その後強い冬型の気圧配置となったため、ほぼ全国的に降水量が多く、日照時間が少なかった。特に、北・東日本日本海側の降水量は、12月としては1946年の統計開始以降で最も多

2015年1月12日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の日本の天候報道発表日平成27年1月5日概要2014年(平成26年)の天候の特徴は以下のとおりです。年平均気温は、全国で平年並 北日本では、冬から春の前半にかけて気温の低い期間が多く、東日本及び西日本でも、夏の後半から9月前半にかけての低温が明瞭だったが、その他は気温の高い期間も多かった。また、沖縄・奄美でも、夏から秋の前半は気温の高い状態が続いたが、その他は気温の低い期間が多かった。このため、年平均気温は全国で平年並だっ

2014年12月24日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成27年1月5日に発表します。報道発表日平成26年12月22日概要2014年(平成26年)の天候の特徴は以下のとおりです。年平均気温は、全国で平年並 北日本では、冬から春の前半にかけて気温の低い期間が多く、東日本及び西日本でも、夏の後半から9月前半にかけての低温が明瞭だったが、そ

2014年10月8日日本気象協会★フィードバック数:0ライフスタイル

来年の花粉飛散予測です。

2015年春の花粉飛散予測(第1報)

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2015年春の花粉飛散予測(第1報) ~前年に比べると東京や大阪は1.5倍以上に!~ 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)は、2014年10月8日(水)に全国・都道府県別の2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第1報)を発表します。また、詳細な情報を、「2015年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。この予測は、今夏の気象条件などを基に作成したもので、今後の花芽調査などの

2014年8月24日気象庁フィードバック数:0社会/政治

8月20日の三入地域気象観測所(広島県)の降水量について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 8月20日の三入地域気象観測所(広島県)の降水量について 報道発表日本文 広島県の三入(ミイリ)地域気象観測所では、平成26年8月20日(水)の2時50分から3時00分までの間、 落雷による機器障害のため、降水量が一時的に欠測となりましたが、この間の観測データに問題がなかったことが判明したため、復元しました。問い合わせ先資料全文 気象庁:〒100-8122東京都千代田区大手町1-3-4 代表電話:03-3212-8341

2014年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査 ))報告書

平成 25 年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査))報告書平成 26 年 3 月一般財団法人 新エネルギー財団(経済産業省 資源エネルギー庁 委託調査)目第1章調査概要次······················································· 1-11.1調査目的························································ 1-11.2調査内容············

2014年5月6日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年1月以降の米国南西部の少雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年1月以降の米国南西部の少雨について報道発表日概要米国南西部では、カリフォルニア州の2013年の年間降水量が1895年以降で最も少なくなるなど、2013年1月以降、少雨の状態が続いています。このため、飲料用水や農業用水が不足しています。今後も干ばつの解消には至らない見通しとなっていることから、社会への影響が拡大することが懸念されます。本文天候の経過と影響米国南西部では、2013年1月以降、降水量が平年より少ない状態が続いており、2014年

2014年4月6日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年3月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 3月の天候報道発表日平成26年4月1日概要2014年(平成26年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。月の前半は全国的に低温 月の前半は、日本付近に強い寒気が流れ込み、全国的に低温となり、東・西日本日本海側の山沿いや北日本で大雪となった所があった。月の終わり頃は北日本から西日本にかけて高温 月の終わり頃は、南からの暖かい空気が流れ込んだため、北日本から西日本にかけての気温は平年を大幅に上回った。北日本から西日本にかけて月降水量が多かった 日本付近

2014年3月9日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年2月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2月の天候報道発表日概要2014年(平成26年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。太平洋側では大雪に2度見舞われ、関東甲信地方を中心に記録的な大雪となった 低気圧が日本の南岸を通過し、7日から8日にかけてと14日から16日にかけては広い範囲で大雪となり、関東甲信地方を中心に最深積雪の記録を更新したところがあった。北日本から西日本にかけて月平均気温は平年並だが、気温の低い日が多かった 月のはじめと終わりに暖かい空気に覆われて気温がかなり高くなった

2014年2月9日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年1月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 1月の天候報道発表日概要2014年(平成26年)1月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に中旬は低温、下旬は高温 中旬は冬型の気圧配置が強まり、全国的に気温が低くなった。一方、下旬は全国的に気温が平年を上回る日が多かった。東日本以西で日照時間がかなり多く、沖縄・奄美で降水量がかなり少なかった 中旬は冬型の気圧配置が強まって北日本から西日本にかけての太平洋側では晴れの日が多く、下旬は東・西日本と沖縄・奄美では高気圧に覆われて日本海側でも晴れる日が

2014年1月13日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

2013年(平成25年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の日本の天候報道発表日概要2013年(平成25年)の天候の特徴は以下のとおりです。東日本、西日本、沖縄・奄美は高温・多照、北日本は多雨(雪)・寡照 春の後半から秋の前半にかけて全国的に高温傾向が続き、東・西日本と沖縄・奄美の年平均気温は高かった。冬から春の前半の低温が明瞭だった北日本では年平均気温は平年並だった。また、東・西日本と沖縄・奄美では、春から秋にかけて高気圧に覆われて晴れる日が多く、東・西日本の年間日照時間はかな

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成26年1月6日に発表します。報道発表日概要2013年(平成25年)の天候の特徴は以下のとおりです。東日本、西日本、沖縄・奄美は高温・多照、北日本は多雨(雪)・寡照春の後半から秋の前半にかけて全国的に高温傾向が続き、東・西日本と沖縄・奄美の年平均気温は高かった。冬から春の前半の低

2013年12月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

秋(2013年9~11月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 秋(9~11月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)秋(9~11月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本から西日本にかけて多雨日本への接近数が記録的に多かった台風や秋雨前線などの影響により、北日本から西日本にかけて降水量が多かった。北・東日本日本海側では、1946年の統計開始以来最も多かった。北・東日本で高温日本の東海上の高気圧の勢力が強く、また、日本付近の偏西風が平年に比べ北寄りを流れたため、北・東日本の気温は高かった。東・西日本、沖

2013年12月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2013年11月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 11月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)11月の天候の特徴は以下のとおりです。北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった 低気圧や冬型の気圧配置の影響で、北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった。中旬以降は、たびたび強い寒気が南下 気温は、上旬は全国的に高かったが、中旬以降は寒気が流れ込み、東・西日本と沖縄・奄美では平年を下回る日が多かった。中旬は北日本日本海側では降雪量が多かった 中旬は冬型の気圧配置が強まり、北日本日本海側の降

2013年11月2日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2013年10月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 10月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)10月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本から西日本にかけて顕著な高温 日本の東海上の太平洋高気圧の勢力が平年より強く、また偏西風も平年に比べて北寄りに流れたため、北日本から西日本にかけて月平均気温がかなり高かった。特に東日本の月平均気温は+1.9℃で、1946年以降では1998年と並んで最も高かった。全国的に多雨・寡照 台風の接近数が多かったことや秋雨前線の影響で、全国的に降水量が多く、日照時

2013年10月6日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2013年9月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 9月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)9月の天候の特徴は以下のとおりです。北・東日本と沖縄・奄美は高温 日本の南海上の亜熱帯高気圧が平年より強く、また偏西風も平年より北を流れたため、西日本を除いて月平均気温が高く、特に沖縄・奄美ではかなり高かった。東日本日本海側と西日本は多雨・多照 上旬には秋雨前線と台風第17号、中旬半ばには台風第18号の影響を受けて広範囲で大雨となり、東日本太平洋側と沖縄・奄美を除いて月降水量が多く、特に東日本日本海

2013年9月23日気象庁フィードバック数:0社会/政治海外

2013年7月以降のアムール川流域の多雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年7月以降のアムール川流域の多雨について報道発表日概要7月以降、アムール川流域の広い範囲で多雨となった。このため、ロシア極東域では、アムール川の水位が上昇し、洪水の被害が発生している。本文天候の経過と被害状況アムール川流域(モンゴル東部、中国北東部から東シベリア南部に広がる領域)では、7月以降、広い範囲で雨の多い状況が続いている。アムール川流域の39の観測地点で平均した積算降水量をみると、1996年以降で最も降水量が多く、1996~201

2013年9月8日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成25年の梅雨入り・明けと梅雨時期の特徴について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年の梅雨入り・明けと梅雨時期の特徴について報道発表日概要平成25年の梅雨入りは、沖縄地方と関東甲信地方、北陸地方、東北南部で遅かったほかは平年並か早く、九州北部地方から東海地方にかけてはかなり早かった。梅雨明けは、東北地方と北陸地方でかなり遅かったほかは、奄美地方の平年並を除いて早く、沖縄地方と中国地方から関東甲信地方にかけてはかなり早かった。梅雨の時期の降水量は、東北南部でかなり多く、北陸地方で多かったほかは、平年並か少なく、東海地方で

2013年9月8日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2013年8月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 8月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)8月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に高温となり、東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高かった。 太平洋高気圧の勢力が日本の南海上から西日本付近にかけて強かったため、気温は全国的に高く、東・西日本と沖縄・奄美ではかなり高かった。8月上旬は沖縄・奄美で、8月中旬は北・東・西日本で、それぞれの旬として1961年の統計開始以来第1位の高温となった。全国の気象官署のうち16地点で月平均気温の高い記録を更新

2013年9月8日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

夏の天候の振り返りです。

平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~報道発表日概要本日開催した異常気象分析検討会において、2013年夏(6~8月)の日本の極端な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2013年夏の日本の天候は、以下のように、極端な天候となりました(ここで示す地域平均の統計開始は1946年)。<気温>①夏平均気温:西日本 +1.2℃(統計開始以降第1位)、東日

2013年9月8日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

夏の天候の振り返りです。

夏(2013年6~8月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 夏(6~8月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)夏(6~8月)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に高温で、東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高かった。 太平洋高気圧が日本の南海上から西日本付近で強かったことなどから、夏の平均気温は、全国的に高く、東・西日本と沖縄・奄美ではかなり高かった。特に西日本では+1.2℃と1946年の統計開始以来第1位の高温となった。全国気象官署のうち26地点で夏の平均気温の高い値を更新した。なお、8月12日に

2013年8月18日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今後の見通しも含まれます。

最近の日本の高温について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 最近の日本の高温について報道発表日概要今夏(2013年)は、西日本を中心に広い範囲で高温となるとともに、東・西日本の太平洋側と沖縄・奄美では少雨が続いている。全国の複数の地点で40℃以上の気温が観測され、8月12日には江川崎(高知県四万十市)の日最高気温が41.0℃となり、国内最高記録を更新した。本文天候の状況今夏は、西日本を中心に気温が平年を上回る状況が続いており、西日本では7月中旬以降、3旬連続して1961年以降の第3位の高温となった。8月上

2013年8月4日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2013年7月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 7月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に月の前半は高温、西日本では月を通してかなりの高温 全国的に月の前半は高温で猛暑日となった所があった。西日本では、その後も高温が続き月を通してかなりの高温となった。東北地方で大雨・長雨・日照不足 東北地方では、梅雨前線が停滞することが多く、前線の活動がたびたび活発化した。このため、1946年以降7月としては最も降水量が多く、また、日照時間もかなり少なかった。

2013年8月4日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

7月末の大雨期間中のアメダス観測データについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 7月末の大雨期間中のアメダス観測データについて報道発表日概要7月26日(金)から30日(火)にかけて西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となり局地的に非常に激しい雨が降りました。気象庁では、29日(月)に発表した山口特別地域気象観測所の降水量に加え、同期間において通信障害等によりデータの集信ができなかったアメダス観測データの復元を下記のとおり行い、栃木県鹿沼で1時間降水量が歴代一位となるなど極値が一部更新されました。本文問い合わせ

2013年8月4日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

7月28日の山口特別地域気象観測所の降水量について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 7月28日の山口特別地域気象観測所の降水量について報道発表日概要山口県の山口(ヤマグチ)特別地域気象観測所は、平成25年7月28日(日)の6時頃から、観測機器の異常を検知したため、降水量、視程及び現在天気を欠測しています。現地での調査の結果、降水量の観測データには問題が無かったことが判明したため、復元することとしました。復元したデータによると、「山口」の日最大1時間降水量は143.0mmで、同観測所での歴代の1位を更新していました。本文問い合わせ

2013年7月21日消防庁フィードバック数:47社会/政治

平成25年6月の熱中症による救急搬送状況

平成 25 年7月 16 日消防庁平成 25 年6月の熱中症による救急搬送の状況平成 25 年6月の熱中症による全国の救急搬送の状況(確定値)を取りまとめましたので、その概要を公表します。概要○ 平成 25 年6月の全国における熱中症による救急搬送人員は 4,265 人でした。これは、平成 24 年6月の熱中症による救急搬送人員 1,837 人と比べて、2.3 倍となっています。○ 熱中症による救急搬送人員の年齢区分をみると、高齢者(65 歳以上)が 2,108人と最も多く、次いで成人(18 歳

2013年7月7日気象庁フィードバック数:13社会/政治

2013年6月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 6月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。気温は、全国的に高く、沖縄・奄美でかなり高かった 中旬前半は、暖かい高気圧に覆われ、また南からの暖気の影響も受けたため、月平均気温は北・東・西日本で高くなった。また、沖縄・奄美では、梅雨前線の影響を受けにくかったため晴れて気温もかなり高くなった。降水量は北日本でかなり少なく、日照時間は北・東日本日本海側でかなり多かった 北日本、東日本日本海側では、高気圧に覆われて

2013年6月30日気象庁フィードバック数:9社会/政治海外

2013年6月のインドの大雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年6月のインドの大雨について報道発表日概要インドでは、広い範囲で多雨となっている。特に、6月中旬に北西部のウッタラカンド州周辺で大雨となり、大きな被害が発生している。本文天候の経過と被害状況6月16日にインド全域が雨季に入った(インド気象局)。インド北西部の雨季入りは記録的に早く、平年より約1か月早かった。6月のインドの降水量(25日現在)は広い範囲で平年より多くなっている。特に平年と比べて降水量が多かったインド北西部のデラドゥーン(ウッ

2013年6月4日気象庁フィードバック数:9社会/政治

2013年5月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 5月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)5月の天候の特徴は以下のとおりです。気温は、上旬は全国的にかなり低く、下旬は北日本からに西日本にかけてかなり高かった 上旬は強い寒気が日本付近に流れ込んだため、全国的に気温がかなり低くなった。中旬は北日本では寒気の影響が残ったが、東・西日本では気温が上がり、下旬は南から暖かく湿った空気が流れ込み北日本から西日本にかけて気温はかなり高くなった。東・西日本では、降水量がかなり少なく日照時間がかなり多かっ

2013年6月4日気象庁フィードバック数:10社会/政治

2013年春(3~5月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 春(3~5月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)春(3~5月)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に気温の変動が大きかった 3月から4月はじめにかけてと5月中旬以降は南からの暖かい空気に覆われ、東・西日本を中心に高温となった一方、4月中旬から5月上旬にかけては寒気の影響により全国的に低温となるなど、気温の変動が大きかった。西日本太平洋側では春の降水量が記録的に少なく、東日本太平洋側と西日本では春の日照時間が記録的に多かった 東・西日本

2013年5月2日気象庁フィードバック数:18社会/政治

2013年4月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 4月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)4月の天候の特徴は以下のとおりです。東・西日本中心に気温の変動が大きく、一時顕著な低温 日本付近は10日程度の周期で強い寒気が南下し、一時顕著な低温となるなど、東・西日本中心に気温の変動が大きかった。21日は福島、長野で統計開始(1961年)以来最も遅い積雪となった。上旬に北日本から西日本で暴風雨 6~8日は、低気圧が発達しながら日本海と本州南岸沿いを進んだ影響で、北日本から西日本にかけての広い範囲

2013年4月2日気象庁フィードバック数:13社会/政治

2013年3月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 3月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。東日本以西で顕著な高温 東日本以西では、南からの暖かい空気の影響などにより気温が高い日が多く、月平均気温はかなり高かった。東・西日本の26地点で、月平均気温が高い方からの一位を更新した。東・西日本では降水量がかなり少なかった 東・西日本は、移動性高気圧に覆われることが多く、降水量がかなり少なかった。月のはじめに暴風雪 3月1日から2日にかけて低気圧が発達しながら日

2013年3月4日気象庁フィードバック数:15ライフスタイル

2013年冬(12~2月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 冬(12~2月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)冬(12~2月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本から西日本にかけて低温 北日本から西日本にかけて、寒気の影響により気温が低い日が多く、冬の平均気温は低かった。北・東日本では2年連続、西日本では3年連続の寒冬となった。北日本から西日本にかけて降水量が多かった 冬型の気圧配置となった日が多かったため、北日本から西日本にかけての日本海側では降水量が多く、北日本日本海側の日照時間は少なかっ

2013年1月7日気象庁★フィードバック数:6社会/政治

2012年の天候についてのまとめです。

2012年(平成24年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の日本の天候報道発表日概要2012年(平成24年)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に年平均気温は平年並で、多雨傾向 北日本から西日本にかけては、寒候期が低温傾向、暖候期が高温傾向と季節のメリハリがはっきりとした年となり、年平均気温は平年並だった。年降水量は全国的に平年を上回った所が多かった。特に沖縄・奄美では、年降水量がかなり多く、年間日照時間がかなり少なかった。北日本、東日本、西日本は寒冬 冬型の気圧配置が続いたた

2012年12月25日気象庁フィードバック数:10社会/政治

2012年(平成24年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成25年1月4日に発表します。報道発表日概要2012年(平成24年)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に年平均気温は平年並で、多雨傾向北日本から西日本にかけては、寒候期が低温傾向、暖候期が高温傾向と季節のメリハリがはっきりとした年となり、年平均気温は平年並だった。年降水量は全

2009年6月8日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

全国梅雨調査

発行日 : 2009年06月08日42,482人が回答! 梅雨入りを前に全国で梅雨調査を実施梅雨入りはまだ? 63%の人が“梅雨入り”前に梅雨を実感~ 唯一、梅雨入りをしている沖縄・奄美(鹿児島)では“梅雨を感じていない”結果に ~株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、来る梅雨シーズンに向けて、6月5~6日の2日間、携帯サイト「ウェザーニュース」会員を対象に「全国梅雨調査」を実施し、その結果をまとめ発表しました。「全国梅雨調査」は、合計42,482人(男性4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ