「降雪量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月25日ウェザーニューズ★フィードバック数:0社会/政治

降雪傾向

ニュース 2016年11月16日 今シーズン雪はどのくらい降る?ウェザーニューズ、降雪傾向を発表ラニーニャ現象の影響で、今冬の雪は平年並〜多い予想〜各地のゲレンデは良質な新雪に期待も、年末年始に予想される大雪には各地注意〜モバイル/インターネット >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、今冬の降雪傾向を発表しました。今シーズンは、弱いながらもラニーニャ現象の影響で、寒気の流れ込みは平年並か強く、気温は平年並か平年より低い日が多くなりそうです。各地の降雪量

2015年12月10日西和賀町フィードバック数:0社会/政治

降雪・積雪量調査結果(平成27年11月分)

降雪・積雪量調査結果(平成27年11月分) 降雪・積雪量調査について 本調査は、西和賀町が独自に行っているもので、各報道機関で発表されている数値とは観測場所、観測方法が異なります。町では、この調査結果を公式としています。 なお、観測地点は湯田庁舎からおよそ1Kmほど離れた川尻二区地内です。また、岩手県でも積雪を観測しております。観測方法(時刻)について 観測日前日の午前8時30分から観測日当日の午前8時30分までの間に降った雪の量を観測しています。※観測前日8時30分から観測当日8時30分までの

2015年12月7日ウェザーニューズ★フィードバック数:0社会/政治

今冬の降雪傾向

ニュース 2015年12月01日 ウェザーニューズ、今冬の降雪傾向を発表降雪のピークは年末年始と2月後半〜3月初めの予想~エルニーニョ現象の影響で、関東は南岸低気圧が接近しやすく降雪リスク大〜 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、12月1日、今冬の降雪傾向を発表しました。今シーズンはエルニーニョ現象の影響で寒気の流れ込みが弱く、東~西日本を中心に平年並か平年より暖かい日が多くなる見込みです。各地の降雪量は北日本と東日本の太平洋側で平年並、東日本の日本海側と

2015年4月8日福井県フィードバック数:0大型消費/投資

恐竜博物館 年間入館者数が70万8,975人となりました!

報道発表資料年間入館者数が70万8,975人となりました!恐竜博物館の平成26年度の年間入館者数は708,975人(野外恐竜博物館を含む。)となり、25年度に引き続き70万人を超えましたので、下記のとおりお知らせします。記1 3月末現在の年度累計入館者数(年度)(入館者数)(前年度との比較)平成26年度708,975人+646人(0.1%増)平成25年度708,329人(これまでの過去最高)平成24年度541,155人平成23年度515,028人※26年度は野外恐竜博物館を含む。2 入館者数の四

2015年3月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2015年2月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2月の天候報道発表日概要2015年(平成27年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本では、気温が高かった シベリア高気圧の日本付近への張り出しは弱かった。特に、北日本では寒気の南下が弱く気温の高い日が続いた。他の地方では、月の前半の気温は低い日が多かったが、下旬は気温の高い日が多く、月平均気温は平年並だった。日本海側の降雪量は少なく、北日本日本海側では統計開始以降2月として最も少なかった 冬型の気圧配置は長続きせず、日本海側の降雪量は少なく

2015年3月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

冬(2014年12月~2015年2月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 冬(12~2月)の天候報道発表日概要2015年(平成27年)冬(2014年12月~2月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本は暖冬、東・西日本と沖縄・奄美は寒冬 東・西日本と沖縄・奄美では、12月に強い寒気の南下による気温の低下が大きかったことから、冬の平均気温も低かった。東日本では4年連続の寒冬だった。一方、北日本では、1月以降寒気の南下が弱く気温の高い日が続き、暖冬となった。日本海側の降雪量は少なく、北日本日本海側ではかなり少なかった 日本

2014年12月14日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について

日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について(お知らせ) 環境省と気象庁は、平成27年夏頃に予定している政府全体の「適応計画」策定に向けた取組みとして、日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測を行っています。このたび、不確実性を考慮した年平均気温と年降水量の予測結果の取りまとめや新たに最深積雪や降雪量の算出等を行いましたのでお知らせします。 図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03

2014年11月11日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

スキー・スノーボードシーズンの降雪傾向

ニュース 2014年11月11日 スキー・スノーボードシーズンの降雪傾向発表北〜東日本の降雪量は平年並から多め、西日本では少ない予想12月後半から降雪増加、年末年始は全国のゲレンデでパウダースノーに期待~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、11月11日(火)、日本各地のゲレンデの降雪傾向を発表しました。今シーズンは周期的に寒気が流れ込むため、各地の降雪量は、北〜東日本の日本海側では平年より多く、北〜東日本の太平洋側では平年並、西日本では少ない予想です。ク

2013年12月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2013年11月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 11月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)11月の天候の特徴は以下のとおりです。北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった 低気圧や冬型の気圧配置の影響で、北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった。中旬以降は、たびたび強い寒気が南下 気温は、上旬は全国的に高かったが、中旬以降は寒気が流れ込み、東・西日本と沖縄・奄美では平年を下回る日が多かった。中旬は北日本日本海側では降雪量が多かった 中旬は冬型の気圧配置が強まり、北日本日本海側の降

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ