「雇用判断」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC) ~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~

Fed Watching米国 FRBはFRBは年内利上年内利上げ利上げの見方を見方を維持(15年6月16、16、17日17日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20152015年6月17日17日(水)~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~利上げペースはより慎重な見方に修正~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ FRBは

JISA-DI調査(平成27年3月期)結果公表~売上高予測DIはプラス幅を継続、雇用の不足感も引き続き高水準~

JISA-DI調査(平成27年3月期)結果公表 ~売上高予測DIはプラス幅を継続、雇用の不足感も引き続き高水準~ 2015年4月30日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成27年4月30日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成27年3月期)」の結果を公表しました。  この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施しているものです。【調査結果のポイント】

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

JISA-DI調査(平成26年12月期)

JISA-DI調査(平成26年12月期)結果公表~売上高予測DIはプラス幅を継続、雇用の不足感も引き続き高水準~ 2015年1月29日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成27年1月29日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成26年12月期)」の結果を公表しました。  この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施しているものです。【調査結果のポイント

JISA-DI調査(平成26年9月期)結果公表 ~売上高予測DIはプラス幅がさらに拡大、雇用の不足感も引き続き高水準~

JISA-DI調査(平成26年9月期)結果公表 売上の将来見通し/雇用判断 ~売上高予測DIはプラス幅がさらに拡大、雇用の不足感も引き続き高水準~ 2014年10月30日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成26年10月29日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成26年9月期)」の結果を公表しました。  この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施し

2014年9月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC) ~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず~

Fed Watching米国 QE3QE3縮小継続縮小継続。継続。FOMCの利上げ利上げ予想中央値予想中央値は中央値は小幅上方小幅上方シフト上方シフト(14年14年9月16、16、17日17日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20142014年9月17日17日(水)~利上げ利上げ時期は時期は経済情勢次第と経済情勢次第とのスタンスはスタンスは変わらず~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ 14年14年10月10月の資産購入額を10

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 雇用が十分

Global Market Outlook雇用が十分2014年7月30日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15646.2316,912.119,653.636,807.754,365.58102.16 円1.3406 ㌦0.5322.4602.5461.1201

情報サービス業の売上、雇用についてのDIです。

JISA-DI調査(平成26年6月期)

JISA-DI調査(平成26年6月期)結果公表 情報サービス業 売上の将来見通し/雇用判断 ~売上高予測DIは引き続き大幅プラス、雇用の不足感もさらに強まる~ 2014年7月29日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成26年7月29日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成26年6月期)」の結果を公表しました。  この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごと

JISA-DI調査(平成26年3月期)結果公表 ~売上高予測DIは大幅プラスを維持、雇用の不足感も強い~

JISA-DI調査(平成26年3月期)結果公表 ~売上高予測DIは大幅プラスを維持、雇用の不足感も強い~ 2014年5月8日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成26年5月8日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成26年3月期)」の結果を公表しました。 この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施しているものです。【調査結果のポイント】①平成26年4

JISA-DI調査(平成25年12月期)

JISA-DI調査(平成25年12月期)結果公表 情報サービス業 売上の将来見通し/雇用判断 ~売上高予測DIはプラス幅が倍増、雇用の不足感も強まる~ 2014年1月30日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成26年1月30日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成25年12月期)」の結果を公表しました。 この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施し

2013年1月8日大和総研フィードバック数:2社会/政治

11月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月雇用統計懸念材料と明るい兆しが混在する内容 ◆2012年11月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.1%pt改善した。今回の失業率の低下は非労働力人口の増加が主たる要因である。よって、失業率は低下したものの、その内容は必ずしも良くない。有効求人倍率は0.80倍となり前月と同水準であった。今回の雇用関連統計を総じて見ると、非労働力人口の増加という懸念材料はあるものの、新規求人数は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ