「雇用指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月23日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成26年12月と年平均)

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成29年2月分)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成29年2月分結果の概要(平成27年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金  現金給与総額は2.5%の増 2 労働時間 所定外労働時間は0.1%の減 3 雇 用 常用労働者数は0.9%の増(すべての指数は、平成27年を基準(27年平均 =100)として算出している。)今月の結果 平成29年2月分概要 [PDFファイル/390KB]平成29年2月分統計

2015年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 前年の裏と日銀

Global Market Outlook前年の裏と日銀2015年2月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※USD/JPYEUR/USD<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値17536.4617,673.0210,911.326,860.024,696.30117.341.13550.3571.7511.5320.

2014年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認 | ニッセイ基礎研究所 【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す6月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は55.3となり、前月(55.4)からほぼ横ばいとなった(詳細はPDFを参照)。市

2014年6月24日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成29年2月分)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成29年2月分結果の概要(平成27年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金  現金給与総額は2.5%の増 2 労働時間 所定外労働時間は0.1%の減 3 雇 用 常用労働者数は0.9%の増(すべての指数は、平成27年を基準(27年平均 =100)として算出している。)今月の結果 平成29年2月分概要 [PDFファイル/390KB]平成29年2月分統計

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感

【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感 | ニッセイ基礎研究所 【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す4月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は54.9となり前月の53.7から改善

2014年4月28日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成29年1月分)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成29年1月分結果の概要(平成27年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金  現金給与総額は1.4%の増 2 労働時間 所定外労働時間は1.7%の減 3 雇 用 常用労働者数は0.3%の増(すべての指数は、平成27年を基準(27年平均 =100)として算出している。)今月の結果 平成29年1月分概要 [PDFファイル/390KB]平成29年1月分統計

2014年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に | ニッセイ基礎研究所 【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:改善は小幅だが、寒波の影響解消は鮮明に4月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は3月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は53.7と

2014年1月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2014年1月6日):非製造業ISM指数(12月)、製造業受注(11月)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 6, 2014【米国経済指標】非製造業 ISM 指数(12 月):前月比▲0.9%ポイントの 53.0%12 月の非製造業 ISM 指数は前月比▲0.9%ポイントの 53.0%と、事前の市場予想(Bloomberg 調(%)65査)である 54.7%を下回り 11 月に続き低下。昨60年 6 月以来

2013年11月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:非製造業ISM指数(10月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報November 5, 2013【米国経済指標】非製造業 ISM 指数(10 月):前月比+1.0%ポイントの 55.4%10 月の非製造業 ISM 指数は前月比+1.0%ポ非製造業・製造業ISM指数の推移イントの 55.4%と、事前の市場予想(Bloomberg(%)65調査)である 54%を若干上回り、9 月の

2013年10月4日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:ADP雇用統計(9月)失業保険申請件数(9月28日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(9月21日〆週)、非製造業ISM指数(9月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報October 3, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(9 月 28 日〆週):前週比+0.1 万件の 30.8 万件、失業保険受給者数(9 月 21 日〆週)同+10.4 万人の 292.5 万人9 月 28 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比+0.1 万件の 30.8 万件へ

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年9月号

みずほ米国経済情報2013年9月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は総じて事前の市場予想を下回る動きが続いている。すでに7月会合時点から景気回復の持続性に対する自信が低下していたFOMCは、自信を取り戻すことなく9月会合でQE3縮小を見送ることを決めた。◆QE3縮小見送りには、他に2つの理由がある。今夏の金利上昇の影響を見極めたいことと、財政を巡る不透明感の高まりだ。前者については特に昨年後半から回復の勢いを増していた住宅市場への影響が懸念されている。◆7月の新築住宅販売は大きく悪化していたが

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年8月号

みずほ米国経済情報2013年8月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標はまちまちである。低調だった指標が大きく改善する動きがみられる一方、堅調だった指標が下方修正されたり、足元7・8月の実績値が大きく下ぶれたりする動きがみられる。◆ISM指数は、製造・非製造業共に持ち直した。相対的に低位に留まっていた製造業の指数は非製造業の水準にほぼ追いついた格好だ。ただ鉱工業生産の動きは鈍く、設備投資も頭打ちになってきた。◆雇用は回復を続けている。新学期商戦は好スタートを切ったようだ。一方、住宅販売・着工の動き

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 | ニッセイ基礎研究所 米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米6月ISM製造業指数は50.9と2ヵ月ぶりに景況感の分かれ目となる50を回復、2009年6月以来4年ぶりの低水準となった前月から持ち直した。米経済が「財政の崖」合意による

2013年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落

米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落 | ニッセイ基礎研究所 米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米4月ISM製造業指数は50.7と連月の下落、昨年12月以来の低水準となった。製造業指数は2月まで回復の動きを見せていたが、3月には急落の動きとなり、4月もそうした動きを引きずった。中でも、雇用指数が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ