「雇用指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月23日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成26年12月と年平均)

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成28年2月)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成28年2月分結果の概要(平成22年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金 現金給与総額は2.0%の減 2 労働時間 所定外労働時間は10.7%の減 3 雇 用 常用労働者数は1.1%の増(平成24年1月分より指数は平成22年平均=100としている)注) ( )内は前年同月比(%)、< >内は前年同月差(日)である。今月の結果 平成28年2月分概要 [

2014年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認 | ニッセイ基礎研究所 【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認 研究員 高山 武士7月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す6月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は55.3となり、前月(55.4)からほぼ横ばいとなった(詳細はPDFを参照)。市場予想が55.9(Bloomberg集計の中央値)であったため、予想を下回る結果となったものの、先行きの動向を示す新規受注が拡大を続けているなどの好材料もあり、それほど

2014年6月24日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成28年6月)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成28年6月分結果の概要(平成22年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金 現金給与総額は2.3%の増 2 労働時間 所定外労働時間は10.9%の減 3 雇 用 常用労働者数は0.9%の減(すべての指数は、平成22年を基準(22年平均 =100)として算出している。)注)( )内は前年同月比(%)。「出勤日数」の内は(日)、「常用労働者」の内は(人)で

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感

【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感 | ニッセイ基礎研究所 【4月米ISM製造業指数】順調に改善が進む、特に雇用指数の拡大は好感 研究員 高山 武士5月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す4月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は54.9となり前月の53.7から改善、市場予想の54.3(Bloomberg集計の中央値)も上回った。4月のPMIは市場予想を上回り、また雇用指数が大幅に改善したという点でポジティブな結果と言える。ただし

2014年4月28日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き

福島県の賃金、労働時間及び雇用の動き(平成28年7月)を掲載しました。 毎月勤労統計調査地方調査結果速報 平成28年7月分結果の概要(平成22年基準) 前年同月比でみての概況(調査産業計・事業所規模5人以上) 1 賃 金 現金給与総額は2.1%の減 2 労働時間 所定外労働時間は15.9%の減 3 雇 用 常用労働者数は0.7%の減(すべての指数は、平成22年を基準(22年平均 =100)として算出している。)注)( )内は前年同月比(%)。「出勤日数」の内は(日)、「常用労働者」の内は(人)で

2014年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に | ニッセイ基礎研究所 【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に 研究員 高山 武士結果の概要:改善は小幅だが、寒波の影響解消は鮮明に4月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は3月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は53.7となり前月の53.2から小幅に改善した。ただし、市場の事前予想(Bloombergの予想中央値は54.0)は若干下回った(詳細はPDFを参照)。また、同日にMarkit社

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 | ニッセイ基礎研究所 米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 土肥原 晋米6月ISM製造業指数は50.9と2ヵ月ぶりに景況感の分かれ目となる50を回復、2009年6月以来4年ぶりの低水準となった前月から持ち直した。米経済が「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響を強める中、製造業指数は3月以降下落を続け、5月には4年ぶりの低水準に落ち込んでいた。6月指数が持ち直したことで、更なる落ち込みを一旦回避し、

2013年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落

米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落 | ニッセイ基礎研究所 米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落 土肥原 晋米4月ISM製造業指数は50.7と連月の下落、昨年12月以来の低水準となった。製造業指数は2月まで回復の動きを見せていたが、3月には急落の動きとなり、4月もそうした動きを引きずった。中でも、雇用指数が急低下を見せており、同日発表のADP雇用統計の不振もあって、3日に発表予定の労働省の雇用統計への警戒を高めている。米経済は、「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ