「雇用改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査正社員採用、7年ぶりの高水準〜 深刻化する人手不足が雇用改善を促す 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。厚生労働、文部科学両省が3月20日に平成26年度大学卒業予定者の就職内定率が86.7%となったと発表。4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用

2014年11月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年11月)

(平成26年11月)−景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成26年11月25日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点基調判断政策態度10月 月 例景気は、このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22)) ~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~

1/3ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22))~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~発表日:2014 年 8 月 22 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど8/18(月) (シンガポール)7 月非石油輸出(前年比)(タイ)4-6 月期実質 GDP(前年比)(香港)7 月失業

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2014年6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る

【6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る | ニッセイ基礎研究所 【6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月3日、米国労働省(BLS)は6月の雇用統計を公表した。6月の非農業部門雇用者数は前月対比で28.8万人の増加(前月改定値:+22.4万人)となり、雇用改善の目途となる20万

テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢

テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢 | ニッセイ基礎研究所 テーパリング観測に揺れる米経済 ~ 雇用改善もイエレン副議長は慎重姿勢 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7-9月期GDPは年率2.8%と上昇も、在庫増による所が大きく、住宅投資を除くと、個人消費、設備投資等の主要な需

2013年9月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

雇用改善から物価上昇への道のり ~円安・株高がフィリップス曲線を動かす~

Economic Trends経済関連レポート雇用改善から物価上昇への道のり発表日:2013年9月4日(水)~円安・株高がフィリップス曲線を動かす~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)7 月の消費者物価(除く生鮮食品)は前年比 0.7%までプラス幅を広げた。同時に失業率は 3.8%まで低下しており、2009 年以降ではフィリップス曲線が成立しているようにみえる。しかし、この物価上昇は、コスト・プッシュ型インフレであり、教科書的なフィリップス曲線上の変化では

2013年6月21日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治海外

米国 資産購入ペース維持も議長は年内に減額開始の可能性を改めて示唆(13年6月18、19日FOMC、FRB議長記者会見) ~QE3減額開始はFOMC予測に近い経済成長と雇用改善が条件~

米国 資産購入ペース維持も議長は年内に減額開始の可能性を改めて示唆(13年6月18、19日FOMC、FRB議長記者会見) ~QE3減額開始はFOMC予測に近い経済成長と雇用改善が条件~

回復の動きが続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融回 復 の動 きが続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、生産がやや弱含んだものの、雇用が緩やかな改善傾向を示すなかで個人消費や住宅部門が堅調に推移するなど、回復の動きが続いている。こうしたなか、市場では金融当局(FRB)が量的緩和策を早期に縮小するとの観測が台頭している。経済指標は底堅い動きソリン価格の低下や株高が緊縮財政の影響を緩和させている可能性もある。最近発表された米経済指標は、総じて改善の動きを示している。まず

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ