「雇用環境」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月) ~雇用環境は引き続き良好~

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月) ~雇用環境は引き続き良好~

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年3月) ~雇用環境は引き続き良好~

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年3月) ~雇用環境は引き続き良好~

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年2月) ~雇用環境は引き続き良好~

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年2月) ~雇用環境は引き続き良好~

2014年10月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア中銀、金融・経済の安定に腐心(Asia Weekly (10/6~10/10)) ~豪州の雇用環境には未だ光が見えない状況~

インドネシア中銀、金融・経済の安定に腐心(Asia Weekly (10/6~10/10)) ~豪州の雇用環境には未だ光が見えない状況~

沖縄での女性の社会進出についての調査です。

県内女性の社会進出

県内女性の社会進出<要旨>➣少子高齢化が進み、労働供給の減少が危惧されている我が国では、労働力を補うため女性の活用に注目が集まっている。政府の成長戦略においても女性の労働力は日本成長への原動力であるとし、女性が働きやすい環境を整えるよう推進しているが、県内では女性が活躍できる社会環境が整っているのだろうか。全国や海外のデータと比較しながら県内女性の社会進出について考察する。➣県内女性の労働力率は、労働形態がM字型から台形型へと変化しており、全国と比較するとM字のカーブが緩やかである。就業率も20

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月2日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した。4月の非農業部門雇用者数は前月対比で28.8万人の増加(前月改定値:+20.3

2014年1月24日JETRO★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

JETROのレポートです。

変化する中南米の労働・雇用環境(2014年1月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 変化する中南米の労働

2014年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ:個人消費低迷が長引く懸念~悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題~

タイ:個人消費低迷が長引く懸念~悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題~

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月) ~雇用環境は緩やかに改善~

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月) ~雇用環境は緩やかに改善~

グラフで見る東海経済(2013年8月)

2013年08月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車の増産が一服し、輸送機械の生産が減少に転じたものの、海外景気の回復を背景に、輸出は持ち直し傾向が続いている。また、個人消費は高額消費の好調が続き、住宅投資も消費増税前の駆け込み需要が本格化し始めている。公共投資も国・地方いずれの発注も増加している。一方、雇用環境は、有効求人倍率が製造業を中心に3県ともに改善したが、常用雇用は全国に比べて弱めの動きが続いている。所定内給与が2ヶ月連続で増加しているが、賃金全体では緩やかな持ち直

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計(2013年6月) ~雇用環境は緩やかに改善~

雇用関連統計(2013年6月) ~雇用環境は緩やかに改善~

2013年7月31日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに-スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク

No.2013-0102013年7月30日http://www.jri.co.jp雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに― スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク ―(1)ユーロ圏では、企業の景況感(購買担当者景気指数)が持ち直しに転じるなど、景気悪化に歯止めがかかる兆し(図表1)。一方、南欧諸国では、景気低迷が続き、失業率が25%を超えるなど、とりわけ雇用環境の悪化が深刻(図表2)。以下では、南欧諸国のなかでも雇用環境の悪化が著しく、ユーロ圏第4位の経済規模をもつスペインの状況を

グラフで見る東海経済(2013年7月)

2013年07月23日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が減少したものの、海外景気の回復を背景に輸出は持ち直し傾向が続いている。個人消費は、高額消費が好調で百貨店販売は東京や大阪に比べ高水準で推移している。住宅投資も緩やかに持ち直しており、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は横ばい圏で推移しているが、新規求人倍率が愛知と岐阜で悪化に転じたほか、常用雇用も全国に比べて弱めの動きが続いている。賃金は、所定内給与が増加に転じるなど緩やかに持ち

2013年7月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0キャリアとスキル海外

経済情報:伸び悩む成長率と対照的に良好なシンガポールの雇用環境について

経済情報:伸び悩む成長率と対照的に良好なシンガポールの雇用環境について

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計(2013年5月) ~雇用環境は緩やかに改善~

雇用関連統計(2013年5月) ~雇用環境は緩やかに改善~

グラフで見る東海経済(2013年6月)

2013年06月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が大きく増加したほか、海外景気の回復を背景に輸出の持ち直しも続いている。1~3月期の設備投資は2四半期ぶりに増加した。個人消費は、高額消費の好調が続き、百貨店販売が高水準で推移するほか、新車販売も8ヶ月ぶりにプラスに転じている。住宅投資は緩やかに持ち直し、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は、求人倍率が改善傾向にあるが、常用雇用の改善は頭打ちとなっている。今後も、世界経済の緩やかな

2013年6月23日インテリジェンス★フィードバック数:3キャリアとスキル

職場、働き方、雇用、社会の変化対応力を見ています。

ビジネスパーソンの「変化対応力」についての調査

メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置 インテリジェンスHITO総合研究所ビジネスパーソンの「変化対応力」についての調査を発表~やりがい・充実感と「変化対応力」有無が比例 リストラ、雇用形態の変化…今後のビジネス社会を生き延びるために必要な4つの「変化対応力」~ 2013年6月21日株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)グループの、「働く人」と「組織」に関する研究機関「株式会社インテリジェンスHITO総合研究

2013年6月18日内閣府フィードバック数:4社会/政治海外

ドイツ:個人消費の動向

今週の指標 No.1070 ドイツ:個人消費の動向ポイント2013年6月17日ドイツの実質GDPは2012年10-12月期に一時的に落ち込んだが、2013年1-3月期は個人消費がけん引し(前期比年率3.1%増)、同0.3%増とプラス成長に回復した(図1)。堅調な個人消費を支えているのは良好な雇用環境である。2003~05年に失業給付期間の短縮や就労支援体制の強化、有期契約の規制緩和といった労働市場改革が行われたこともあって、失業率は他のヨーロッパ各国では上昇しているのと対照的に低水準で推移してい

2013年6月11日大和総研フィードバック数:26キャリアとスキル

若者の仕事離れはどこまでいくのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 “若者の○○離れ”という言葉を耳にすることが多い。例えば、○○に入る言葉は、車、たばこ、テレビ、などであり、うんうんとうなずけるが、その中には「仕事」も入るそうで、“若者の仕事離れ”である。これは、“若者が働かない”とも解釈できて、ニートの存在にもつながっている。若者はこのまま仕事から離れていってしまうのだろうか。世代別に完全失業率をみると、1990年代以降、他の世代と比べて15~24歳の失業率の上昇

グラフで見る東海経済(2013年5月)

2013年05月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。ただ、生産は自動車や航空機関連の減少が響き、増加が一服している。海外景気の回復により輸出は持ち直しているが、米国や東南アジア向けが堅調な一方、中国向けは伸び悩んでいる。個人消費は、高額消費の好調が続くが、食品や日用品への支出が弱含み、総じて横ばいとなっている。雇用環境は、求人倍率が改善傾向にあるものの、常用雇用の改善は一服している。企業業績は改善しているが、設備投資は慎重な動きが続いている。公共投資は増加基調であるが、住宅投資は横

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル

2013年3月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月雇用統計失業率は改善も、就業者数は減少 ◆3月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.2%pt改善した。失業率は前月から改善したものの、その要因は主として非労働力人口の増加による。有効求人倍率(季節調整値)は0.86倍となり前月から+0.01pt改善した。◆就業者数(季節調整値)は、前月差▲1万人と3ヶ月ぶりの減少となった。業種別に見ると、足下での生産の回復を受けて、製造業の就業者

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月雇用統計失業率は悪化も、改善基調は継続 ◆2月の完全失業率(季節調整値)は4.3%となり、前月から0.1%pt 悪化した。失業者数は前月から5万人増加したものの、就業者数は9万人の増加となった。2月の有効求人倍率(季節調整値)は0.85 倍となり前月と同水準であった。今月の失業者数の増加は、労働市場の改善を写し、非労働力人口の労働力化が進んだことが一部寄与したと考えられる。そのため、雇用関連統計を

2013年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

米国経済見通し 続く財政問題の不透明感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 続く財政問題の不透明感雇用環境の改善は道半ば ◆いわゆる「財政の崖」は、急激な財政緊縮という意味では、2013年初に回避された。だが、2月末にかけて先送りされた歳出の強制一律削減と連邦債務の上限引き上げ、さらに2013会計年度の予算などの財政に絡んだ論点がなおも存在する。◆中長期的な財政再建の方針も明確ではなく、「崖」回避に際して一部増税が行われたが歳出削減は手つかずに近い。こうした議

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ