調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 雇用者所得

「雇用者所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安の誤解とその対応策 ~経済全体にはプラスも、必要性増す再分配政策~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:円安の誤解とその対応策2015年6月16日(火)~経済全体にはプラスも、必要性増す再分配政策~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 円が対ドルで 10 円円安になると、4四半期遅れて家計負担を年額で+2.0 兆円程度増やす関係がある。これは、アベノミクスで 40 円以上円安が進んだことにより、家計の負担が年間8兆円以上増える可能性を示唆する。● 一方、ドル円レートが 10 円円

2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年4月13日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(15年1月)と比較すると、6地域(北海道、東北、関東甲信越、中国、四国、九州・沖縄)で、景気の改善度合いに関する判断に変化はないとしているほか、3地域(北陸、東海、近畿

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は緩やかな持ち直しが続く公算総務省が12月26日に公表した家計調査によると、14年11月の実質消費支出は前年比▲2.5%

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年10月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年10月20日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年7月)と比較すると、東北から、回復テンポが緩やかになっているとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点2014年6月16日調査統計局 菅沼健司、篠潤之介*、峯岸誠*、高田恵理子要旨今次景気回復局面での雇用環境の特徴点として、(1)雇用誘発力の高い内需主導で回復が進むなか、雇用の改善が非製造業部門で目立っていること、(2)需給双方の要因から、女性や高齢者を中心とした労働参加が活発化していること、が挙げられる。新たに活用される労働力は、これまでのところ、平均賃金が相対的に低い非

「八重の桜」効果が会津若松市に及ぼした経済波及効果について

調 査「八重の桜」効果が会津若松市に及ぼした経済波及効果について<要 旨>1.「八重の桜」効果による経済波及効果 生産誘発額は観光消費支出で211億10百万円、「大河ドラマ館」建設で3億70百万円、合計で214億80百万円と試算される。2.「八重の桜」効果による名目市内総生産の押し上げ 名目市内総生産の押し上げ効果は、観光消費支出が+2.5%、「大河ドラマ館」建設が+0.04%、合計+2.54%と推計される。1.はじめに なお、「福島の進路(2012年6月号)」に掲載した「『八重の桜』ドラマ館来

2014年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年4月17日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等の報告があった。この背景としては、国内需要が

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題①財政規律の維持、②規制緩和など成長戦略、③雇用者所得の増加 ◆:2013年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.7%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第177回 日本経済予測(改訂版)」(2013年6月10日)参照)。

2012年7月6日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2012年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2012年7月5日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(12年4月)と比較すると、全地域から改善方向の報告があった。各地域の判断をみると、多くの地域が「緩やかに回復している」、「持ち直している」などとしている一方、いくつかの地域

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ