調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 雇用者所得

「雇用者所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年4月13日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(15年1月)と比較すると、6地域(北海道、東北、関東甲信越、中国、四国、九州・沖縄)で、景気の改善度合いに関する判断に変化はないとしているほか、3地域(北陸、東海、近畿

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は緩やかな持ち直しが続く公算総務省が12月26日に公表した家計調査によると、14年11月の実質消費支出は前年比▲2.5%

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年10月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年10月20日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年7月)と比較すると、東北から、回復テンポが緩やかになっているとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変

2014年9月19日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のまとめです。

最近の賃上げの動きと実質賃金の評価について

*【概要】1.本稿では、今年の賃上げの動向とその背景を分析するとともに、実質賃金をどのように評価するべきか検討を行った。2.今年の名目賃金は、政労使の取組による効果や経常利益の増加を背景に多くの業種・規模の事業所で近年にない賃金引上げの動きが広がっていることが明らかになった。3.賃金の長期的な動向をみると、1990 年代後半以降、実質賃金の伸びが抑制されていたが、これは雇用をはじめとする3つの過剰の調整に加え、交易損失が拡大し海外に所得が漏出したことが大きい。4.実質賃金を評価する際には、物価指

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点2014年6月16日調査統計局 菅沼健司、篠潤之介*、峯岸誠*、高田恵理子要旨今次景気回復局面での雇用環境の特徴点として、(1)雇用誘発力の高い内需主導で回復が進むなか、雇用の改善が非製造業部門で目立っていること、(2)需給双方の要因から、女性や高齢者を中心とした労働参加が活発化していること、が挙げられる。新たに活用される労働力は、これまでのところ、平均賃金が相対的に低い非

2014年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年4月)

ENGLISH地域経済報告 ―さくらレポート― (2014年4月) * 本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年4月17日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等の報告があった。この背景としては、国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかな増加基調をたどる中で、雇用・所

2014年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイの個人消費低迷は長引く

リサーチ TODAY2014 年 1 月 28 日タイの個人消費低迷は長引く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年のタイの個人消費は深刻な不振に陥った。それまで政策効果により急増していた自動車販売の反動減がきっかけだが、労働集約型産業の衰退等に伴う雇用環境の悪化により、足元まで消費不振は続いている。みずほ総合研究所はタイ経済について、「タイ:個人消費低迷が長引く懸念」と題するリポートを発表している1。下記の図表はタイの実質雇用者所得を示すが、2013年4~6月期以降、実質雇用者所得

2013年12月9日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:指標改善で徐々に近づく量的緩和縮小

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jpHUDecember 6, 2013U<FOCUS>指標改善で徐々に近づく量的緩和縮小 米国労働市場は緩やかながら着実な改善

2013年11月19日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向2013年11月

関西の景気動向2013 年 11 月株式会社 日本総合研究所調査部関西経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/kansai/1.景気の現状関西の景気は、持ち直しのペースがひところと比べて鈍化している。輸出(円ベース)は足元で増勢が弱まっており、鉱工業生産も弱含みとなっている。企業収益は大企業を中心に大幅増益が見込まれているが、設備投資積増しの動きは力強さを欠いている。雇用・所得環境は、定例給与を中心に一人当たり賃金が伸び悩んで

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題①財政規律の維持、②規制緩和など成長戦略、③雇用者所得の増加 ◆:2013年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.7%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第177回 日本経済予測(改訂版)」(2013年6月10日)参照)。

2013年5月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向2013年5月号

関西の景気動向2013 年5月株式会社 日本総合研究所調査部関西経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/kansai/1.景気の現状関西の景気は、持ち直している。輸出は、円安が進み、米国経済も回復基調をたどるなど、環境が好転しているなかで下げ止まっている。企業部門においては、収益の大幅改善が見込まれる。もっとも、設備投資の増勢に勢いはなく、雇用に関しても企業の慎重な態度が続いている。家計部門においては、雇用・所得環境の改善がき

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:3社会/政治

経済情報:米国~オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案

平成 25 年(2013 年)3 月 13 日NO.2013-5米国∼オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案【要旨】— オバマ大統領は 2 月 12 日の一般教書演説で、連邦最低賃金を現在の時給7.25 ドルから 2015 年末までに 9 ドルへ引き上げ、その後はインフレ率に連動させることを提案。— 米国の現在の最低賃金は、平均賃金との関係、実質価値、他国との比較などからは、低い水準にあると言える。— 最低賃金以下の就業者割合が低下してきたため、最低賃金の引き上げが直接的に雇用者所得を押し上

2012年7月6日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2012年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2012年7月5日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(12年4月)と比較すると、全地域から改善方向の報告があった。各地域の判断をみると、多くの地域が「緩やかに回復している」、「持ち直している」などとしている一方、いくつかの地域

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ