「零細企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月26日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

第2回 全国「労働基準関係法令の違反企業」実態調査

第2回 全国「労働基準関係法令の違反企業」実態調査 公開日付:2017.10.11 厚生労働省が9月15日までに労働基準関係法令(以下、労基関係法)に違反し、企業名を公表した企業数が520社(累計525件)にのぼった。労基関係法の違反企業名の公表は、2016年12月に厚生労働省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策に基づく。厚労省労働基準局監督課が「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として各都道府県の労働局別に2016年10月以降の違反企業を公表している。5月10日の1回目から9月15日までに5回

2015年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イノベーション活動に対する企業の意識調査

2015/9/15イノベーション活動に対する企業の意識調査イノベーション活動、企業の約4割が実施〜 組織やマーケティングの工夫で中小・零細企業の品質・シェア拡大も 〜はじめに日本再興戦略改訂2015(成長戦略)においてイノベーションによる“稼ぐ力”の強化が掲げられているほか、女性の活躍推進政策のなかで、職場において多様な価値観をもたらし、イノベーションの創出につなげることも求められている。また、大学改革の成果を生かしながら、産学官の橋渡し機能の強化や研究開発法人の機能強化など“イノベーション・ナ

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回「円安関連倒産」の動向調査

2015/6/5第8回 「円安関連倒産」の動向調査円安倒産、17カ月連続の前年同月比増加〜 12年半ぶりの125円台突破で、今後のさらなる増加を懸念 〜はじめに6月2日の円相場は一時、約12年半ぶりに1ドル=125円台となり、5月下旬から10日あまりで5円も円安が進んだ。3日以降、こうした急激な動きは一服しているが、短期間で急速に円相場が変動したことで、昨年末から続く円安の影響を受けた関連倒産のさらなる増加が懸念される。帝国データバンクは、2013年1月から2015年5月までの倒産企業(負債10

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:預金準備率引き下げで景気を下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:預金準備率引き下げで景気を下支え想定以上の景気減速リスクを警戒、分野限定から経済全体の下支えへ ◆中国人民銀行は2015年2月5日より、全金融機関の預金準備率を0.5%引き下げた。小型零細企業向け貸出比率の高い一部金融機関には引き下げ幅を上乗せした。◆金融面の景気下支え策は、2014年4月と6月の三農(農業、農村、農民)、小型零細企業のテコ入れを目的とした預金準備率引き下げから、11月22日の2

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長率低下は当たり前

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:成長率低下は当たり前2014年は7.4%成長。安定した雇用の維持のため景気下支え策を継続 ◆国家統計局によると、2014年の中国の実質GDP成長率は前年比7.4%と、2012年、2013年の同7.7%から減速した。一般には低成長への懸念が強調されるが、中国の産業構造はサービス化が進展しつつあること(高成長期から安定成長期へ移行)などから、成長率が徐々に低下していくのは自然である。◆2015年の消

2015年1月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回:「円安関連倒産」の動向調査

2015年1月7日特別企画 : 第3回 : 「円安関連倒産」の動向調査 2014年は前年の2.7倍に急増〜 12月は4カ月連続で最多、全国46都道府県で判明、円高倒産の4倍 〜 1月5日の円相場は一時1ドル=120円台後半をつけるなど、昨年末以降、120円前後で推移。今年もさらに円安が進むとの見方もあるなか、食品関係を中心に各種商品で値上げの動きがはじまっている。しかし、こうした価格転嫁ができるのは一部の大企業のみ。ギリギリの経営を続ける中小・零細企業にとっては、円安による一段の収益悪化が“

2014年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

利下げに踏み切った中国~「選択的金融緩和」からの離脱とその背景~

みずほインサイトアジア2014 年 12 月 2 日利下げに踏み切った中国みずほ総合研究所調査本部「選択的金融緩和」からの離脱とその背景アジア調査部中国室03-3591-1385○ 中国人民銀行はこれまで小規模・零細企業などに対象を限定した「選択的金融緩和」主体の金融政策を採用してきたが、11月22日に2012年7月以来となる利下げに踏み切った○ 政府は、雇用の安定などを理由に、依然経済は合理的な範囲内で推移中との認識を崩してはいないが、インフレ圧力低下による実質金利上昇が景気に悪影響を与えるの

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 2013年度は4割増の435件

「金融円滑化法」関連倒産 2013年度は4割増の435件 公開日付:2014.04.08 2014年3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更後の倒産は27件。全体の倒産が抑制されていることを反映して、2カ月連続で前年同月を下回った。ただし、中小企業金融円滑化法の終了から丸1年の、2013年度(2013年4月-2014年3月)の累計は435件(前年度305件)に達し、前年度より4割増(前年度比42.6%増)で推移した。中小企業金融円滑化法の終了後も、金融機関がリスケ要請に応じるなど実質的

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 11月は29件

公開日付:2013.12.09 2013年11月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更後の倒産は29件だった。全体の倒産が抑制されていることを反映して、3カ月ぶりに30件を割り込んだが、前年同月比では14カ月にわたり増加が続いている。2013年1-11月累計は、433件(前年同期230件)で、前年同期より約9割増で推移している。11月の負債総額 3カ月ぶりに前年同月比減少  11月の負債総額は91億7,700万円(前年同月比67.6%減)で、3カ月ぶりに前年同月を下回った。内訳は、100

2013年12月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

雇用調整助成金の不正受給公表企業は570社

公開日付:2013.11.29「雇用調整助成金」の不正受給で厚生労働省が社名を公表した企業は、公表開始の2011年2月から2013年10月までの2年8カ月で全国で570社、不正受給累計額は107億円にのぼることがわかった。570社のうち、業績が判明した381社の売上規模は年商10億円未満の中小零細企業が9割以上を占めた。また、業種別では派遣型の情報通信業のほか、製造業、サービス業が突出、業種間の偏りが目立った。※本調査は、厚労省が公表した不正受給企業570社を対象に、TSR企業データベースを基に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ