「電力供給」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)

ここから本文です。2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)は、3,912万トン ~基準年度より8.9%削減~ 部局名:環境部課所名:温暖化対策課担当名:埼玉ナビゲーション担当担当者名:鈴木、加藤  埼玉県では、2014年度に「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050(埼玉県地球温暖化対策実行計画)」の中間見直しを行い、計画を改訂しました。 改訂した計画により、2020年における埼玉県の温室効果ガス排出量(需要側)※を2005年比21%削減することを目標として、温室効果ガス排出量削減に

「日本経済研究」No72

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【72】 2015年3月発行本稿では、空港が効率的に運営されているかという問題意識のもと、DEA(Data Envelopment Analysis(包絡分析法))を用いて各空港の技術効率性を推計するとともに、多段階モデルアプローチを用いて、技術効率性から地理的要因や制度的要因といった空港の裁量が及ばない要因(非裁量要因)を除去することで、

タイの電気事情です。

2013年度の報告書 タイの将来の発電事情と日本企業の事業機会

2013年度の報告書 タイの将来の発電事情と日本企業の事業機会 が完成しました。 2014-05-15 東南アジアにおける電力市場の発展と日本企業研究会は、2013年度タイの電力需給見通しを調査しました。その目的の一つはタイに進出する日本企業の現地工場に将来も安価で安定的な電力供給が可能かどうかを見極めることにありました。また、タイ国内の電力供給のかなりの部分を、国内の太陽光、バイオガス発電などの再生可能エネルギーが担う一方、隣国ミャンマーとラオスも将来水力、火力発電から供給を行うことになると

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東南アジアの170兆円のインフラ投資が作り出す大きなビジネスチャンス

東南アジアの 170 兆円のインフラ投資が作り出す大きなビジネスチャンス2014-04-02 関連論文エネルギーインフラ研究会 [ 2014年度/その他の調査研究 ]Abstract/Keywordsリサーチリーダー アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授山本 隆三研究目的 東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの

2014年3月28日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力供給不安・電気料金上昇が国内産業に与える影響

電力供給不安・電気料金上昇が国内産業に与える影響企業インタビュー調査の結果より若林 雅代,浜潟 純大,間瀬 貴之SERC Discussion Paper 13002Date:2014.03.18要約 東日本大震災を契機に,企業はこれまでに経験したことのない電力供給不安に直面し,また今後の電気料金引き上げへの対応に迫られている.本稿は,企業インタビュー調査を通じ,事業者の現状認識や,想定される影響に関する定性的な情報をまとめたものである.インタビューの結果,電力供給不安に対する見解として,製造業

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー2014-01-08 関連論文エネルギーインフラ研究会 [ 2014年度/その他の調査研究 ]Abstract/Keywordsリサーチリーダー アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授山本 隆三研究目的 東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度「インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:タイの高度産業集積型都市におけるスマートコミュニティ開発事業)」報告書

平成 23 年度「インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:タイの高度産業集積型都市におけるスマートコミュニティ開発事業)」報告書事業目的本業務では、ASEAN 最大規模の工業団地を運営し、自ら域内のインフラの運営も担うタイのリーディングカンパニー「AMATA Corp. PCL(以下、アマタ社)」が、既存の工業団地の隣接地に新たに開発する高度産業集積都市「アマタサイエンスシティ(AMATA ScienceCity:以下、ASC)」を

2013年4月10日経済産業省★フィードバック数:22製造業/エレクトロニクス

この夏の電力需給の見通しです。

2013年度夏季の電力需給見通し

第2回 電力需給検証小委員会資料42013年度夏季の電力需給見通しについて1.需給検証の考え方1.需給検証の考え方 (①基本的な考え方)<需要>○ 需要については、2010年夏並の猛暑を想定。これに節電の定着状況、直近の経済見通し等を反映。<供給>○ 各電源について、供給力として確実に見込めるかどうかを十分精査しつつ、可能な限り供給力を積み上げ。各電力会社間の電力融通も加味。<需給バランス>○ 各電力会社の需給バランスだけではなく、9社、東日本・中西日本といった広域的な視点で安定供給可能か、需給

2011年4月27日アイティメディア★フィードバック数:4企業情報システム

震災に絡んでキーマンズによるUPSについての調査結果です。

UPS(無停電電源装置)の導入状況

キーマンズネットでは、2011年2月1日〜 2011年2月8日にかけて「UPSの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:751)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の65.1%、一般部門が34.9%という構成比であった。大規模停電の懸念から昨今売り切れ続出といわれているUPSについて、今回お聞きしたのは、「満足度」「重視ポイント」「必要機能」など、UPSの導入状況を把握するための質問。その結果、導入企業の8割がUPS製品に満足しており、「導入コスト」と「停電時の電力供給時間」を

2011年4月4日野村総合研究所★フィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

NRIによる提言です。

2011年夏の電力供給不足への対応のあり方

2011年夏の電力供給不足への対応のあり方

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ