「電力需給」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

持続可能な社会と自然エネルギーコンセンサス

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

自然エネルギーについてのグローバルでのレポートです。

自然エネルギー世界白書2015

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

2015年5月1日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

委員会の報告書です。

電力需給検証小委員会の報告書

電力需給検証小委員会の報告書をとりまとめました 経済産業省は、今年3月から行ってきた総合資源エネルギー調査会基本政策分科会電力需給検証小委員会において、2014年度冬季の電力需給実績及び2015年度夏季の電力需給見通しの検証結果等を取りまとめました。 1.背景・目的 東日本大震災後の電力需給を巡る状況に鑑み、安定供給を確保する観点から、電力需給対策の基礎となる電力需給の見通し等について、客観性・透明性を確保しつつ検証を行うことが必要です。このため、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の下に「

再生可能エネルギーについてのレポートです。

「永続地帯2014年度版報告書」(確報版)

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

日本語版です。

自然エネルギー世界白書2014日本語版

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

「エネルギー永続地帯」2014年版試算結果(速報・暫定版)

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

何が"first fuel"となるか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の3氏がノーベル物理学賞を受賞したニュースは、喜ばしいニュースとして日本を沸かせた。少ない電力で青色に光る発光ダイオード(LED)の発明が、省エネルギー業界に与えた影響は大きい。LED電球のエネルギー効率は、従来の白熱電球と比較して6倍程度高く(LED蛍光管の場合は従来型と比較して2倍程度)、高い水準の省エネルギーを可能にした。IEA(国際エネルギー機関)によると、世界の電力需要の約20%を照明設

グローバルのレポートです。

自然エネルギー世界白書2014年版

ライブラリ2017年10月9日【速報】2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移 ~全国でピーク時には最大52%、九州では最大87%に~ 【サマリー】 2017年度第1四半期(4月~6月)の系統電力需要に占める全国の自然エネルギーの割合は平均19.7%に(20…2017年10月6日2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合 【サマリー】 2016年度の系統電力需要に占める自然エネルギーの割合は全国平均で13.8%(前期15.6%、後期12.0

平成25年度近畿地域における製造事業者の電力需給問題への取組に関する調査

報告書トップ平成25年度近畿地域における製造事業者の電力需給問題への取組に関する調査 [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H26(2014)][ページ数:142][識別:25地域機械]

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 エネルギー需給緩和型インフラシステム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)-インドネシアバンドン市の電力需給緩和型ソリューションに関する事業性調査-

平成25年度 エネルギー需給緩和型インフラシステム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)-インドネシアバンドン市の電力需給緩和型ソリューションに関する事業性調査-

140ページあります。

自然エネルギー白書2014

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

環境エネルギー政策研究所のレポートです。

自然エネルギー白書2014サマリー版

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

市区町村別の再生可能エネルギー供給実態です。

「永続地帯2013年版報告書」(確報版)

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

グローバルのレポート日本語版です。

自然エネルギー世界白書2013 日本語版

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

2013年11月13日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年夏の生活者の節電行動

2013年夏の生活者の節電行動2013年11月12日 環境エネルギー第1部 藤原和也 東日本大震災から2年8カ月が経った。震災直後に深刻だった電力需給のひっ迫も徐々に解消され、今夏の節電要請は、いずれの電力会社管内でも数値目標を伴わない控えめなものであった。電力需給が安定化した理由として、電力各社の供給力が強化されたことに加え、全国の家庭や企業において節電が行われたことが挙げられる。 そのうち、家庭における節電の取り組みについて、当社では震災直後から継続的にアンケート調査を実施してきた(*1

2013年10月24日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給の状況がまとまっています。

電力需給検証小委員会報告書(案)(2013年10月23日)

電力需給検証小委員会報告書(案)(2013年10月23日)

エネルギー自給についての調査です。

「エネルギー永続地帯」2013年版試算結果(速報版)

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

グローバルでのレポートです。

自然エネルギー世界白書2013年版

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

2013年4月10日経済産業省★フィードバック数:22製造業/エレクトロニクス

この夏の電力需給の見通しです。

2013年度夏季の電力需給見通し

2013年度夏季の電力需給見通し

グローバルでのエネルギーについてのレポートです。160ページあります。

Renewables Global Status Report / 自然エネルギー世界白書

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

世界自然エネルギー未来白書2013

ライブラリ2017年10月25日自然エネルギー100%プラットフォーム(運営 CAN-Japan、事務局 環境エネルギー政策研究所・気候ネットワーク)は、「自然エネルギー100%宣言団体」および「賛同団体」の登録受付を開始したことをお知らせ致します。2017年10月9日当研究所は、下記の通り、2017年度第1四半期の系統電力需給にみる自然エネルギーの割合の推移について分析を行いました。2017年10月6日当研究所は、下記の通り、2016年度の電力会社エリア毎の系統電力需給にみる自然エネルギーの割

2012年6月12日内閣府フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念

今週の指標 No.1034 景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念ポイント2012年6月11日 昨年の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故に端を発した電力問題について、今夏も多くの地域で電力不足が懸念されている。そこで、今回「景気ウォッチャー調査」を利用し、2~3か月先の景気の先行きに対する判断(先行き判断)について回答されたものの中から、電力不足等に関するコメントについて集計を行った。 先行き判断における『電力不足』または『節電』に関するコメント(以下、電力関連コメ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ