調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電子マネー

「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月26日JCB★フィードバック数:0大型消費/投資

「クレジットカードに関する総合調査」2015年度

JCB、「クレジットカードに関する総合調査」2015年度の調査結果を発表 株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、全国の一般消費者を対象に、クレジットカードの保有および利用の実態について調査した「クレジットカードに関する総合調査」の2015年度の結果について発表します。本調査は、JCBが2000年以降毎年、日本全国の一般消費者3,500人(20代から60代の男女。JCBカードの保有有無は不問)に対して、インターネットにより行っているものです。【2015年度版調査結果の概要】 1.クレジ

2016年1月11日コロプラフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニ利用に関する調査

上の世代ほど電子マネー利用率が高いという結果に! コンビニ利用に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー25,301人を対象に、コンビニの利用頻度、コンビニでいくら使うか、コンビニでの決済手段についてなど、コンビニ利用に関するアンケートを実施しました。 男性は毎日コンビニを利用することが多い?まず、スマートアンサーのユーザーに対して、コンビニを利用する頻度について質問を行いました。その結果を見ていくと、「毎日コンビニを利用している」と答えたユーザーの割合は、10代では男女の

20代の金銭感覚についての意識調査2015

ビンカン、20代の年収、年収、子育て、財布の中身、金銭感覚‗ビンカンステーション、若者のアンテナ(20代の金銭感覚についての意識調査)|ビンカンステーション恋人には贅沢に!クリスマスプレゼント予算 昨年よりも上昇し2万円台に結婚したら"二馬力"で頑張る!20代未婚者の8割が「結婚したら共働き希望」SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2015年10月2日~8日の7日間、20歳~29歳の男女を対象に「20代の金銭感覚についての意識調査2015」をインターネットリサーチで実施し、1,000名

2015年9月30日アイブリッジフィードバック数:0大型消費/投資

電車に関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施した電車に関する調査結果。 企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。 電車に関する調査2015年9月18日電車に関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約150万人の自社モニター会員を活用し、全国に住む、通勤・通学で電車を利用している20歳〜69歳の男女、合計600名を対象に、電車に関する

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 買物時の支払い方法

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間の店頭での支払い方法は「現金」が9割強、「クレジットカード」が7割強。「電子マネー」で支払った人は5割弱で、そのうち「カード型」が7割弱、「クレジットカード一体型」が3割強 直近1年間に店頭で支払いについて、現金派は6割強、現金以外派は4割弱。店頭で電子マネーで支払うことに抵抗感がない人が全体の6割弱 直近1年間の店頭での電子マネーでの支払いに関する行動では「ポイントをためるため、現金ではなく電子マネーで支払うことが多い」「なるべ

電子マネーの利用状況

サンケイリビング新聞社女性の本音リサーチミセスのデータ一覧電子マネーの利用状況ミセスのデータOLマーケットレポート助かりました大賞 全国の女性を対象に、利用している電子マネーを聞いたところ、「WAON」「nanaco」は専業主婦、「Suica」などの交通系はフルタイム勤務者の利用が多い結果に。交通費以外の買い物などで使うかどうかについては、働き方に関係なく7割強が使うと回答。その利用場所は「スーパーでの買い物」64.7%、「コンビニでの買い物」62.6%、ファストフード店・カフェ」24.9%、「

ジャパンネット銀行の調査です。

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査を実施2015年3月12日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2015年2月10日(火曜日)〜2015年2月11日(水曜日)、コンビニエンスストアの利用と支払いに関するアンケート調査を実施しました。本アンケートでは、全国の20歳から69歳の男女500名の方にご協力いただきました。調査結果トピックス利用目的は「買い物」、「ATMで入出金」、「カウンターコーヒ

クレジットカードについての調査です。

【OL】カードに関するアンケート(2014年/首都圏)

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【OL】カードに関するアンケート(2014年/首都圏) 【質問内容】Q1.あなたは自分名義のクレジットカードを何枚持っていますか?以下Q2~Q7は、Q1で「クレジットカードを持っている」と回答した方にお伺いします。Q2.あなたが持っているクレジットカードを教えてください。(3枚まで)Q3.クレジットカードの利用頻度を教えてください。Q4.1ヶ月間のクレジットカードのおおよその利用金額を教えてください。Q5.クレジットカー

2015年2月20日JCB★★★フィードバック数:0大型消費/投資

JCBの調査です。

「クレジットカードに関する総合調査」2014年度

JCB、「クレジットカードに関する総合調査」2014年度の調査結果を発表 株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、全国の一般消費者を対象に、クレジットカードの保有および利用の実態について調査した「クレジットカードに関する総合調査」の2014年度の結果について発表します。本調査は、JCBが2000年以降毎年、日本全国の一般消費者3,500人(20代から60代の男女。JCBカードの保有有無は不問)に対して、インターネットにより行っているものです。【2014年度版調査結果の概要】 1.ポイン

電子マネーやポイントサービスについての調査です。

【女性】電子マネーとポイント利用についてのアンケート(2015年/全国)

全国200万人の女性モニターから、女性の生活・消費行動が見える 女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【女性】電子マネーとポイント利用についてのアンケート(2015年/全国) 【質問内容】Q1.あなたは下記の電子マネーをカードやアプリ、おサイフケータイで利用していますか? 持っているものを全部チェックしてください。Q2.Q1で答えた電子マネーのうち、交通運賃以外の買い物や支払いでよく使うものはありますか?【はいと答えた方、よく使う電子マネーを選択肢からいく

2014年5月28日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

増税後の「電子マネー・クレジットカード」の使用に関する実態調査

増税後の「電子マネー・クレジットカード」の使用に関する実態調査2014.5.20 増税後の「電子マネー・クレジットカード」の使用に関する実態調査株式会社 オウチーノ2014年4月1日より消費税が5%から8%に上がり、財布の中で1円玉を目にする機会が増えた人も多いのではないだろうか。今回の増税に伴い、財務省は1円玉の製造を4年ぶりに再開した。しかし小銭のわずらわしさを考えると、電子マネーやクレジットカードの使用者が増えてはいないのだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリ

消費増税後の電子マネーとポイントカードに関する利用実態調査

消費増税後の電子マネーとポイントカードに関する利用実態調査結果 アイリサーチとは サービスアイリサーチでは、業界随一の幅広いサービスをご提供しており、それぞれに蓄積されたノウハウと豊富な実績がございます。 ここでは、私たちがご提供するサービスを一覧でご紹介いたします。 サービス一覧へソリューション モニターについて 分析手法 アウトプット 料金一覧アイリサーチでは、業界随一の幅広いサービスに対応しており、それぞれ、リサーチ業界でも安価な料金にてご提供させていただいております。 ここでは、私たちが

2014年3月2日ドゥ・ハウスフィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードおよび電子マネーの利用状況について

【生活者に聞く!】 クレジットカードおよび電子マネーの利用状況について 月刊『アイ・エム・プレス』2014年3月号に掲載 選ばれるカードの条件はポイントと使える店舗の多さ。 電子マネーの浸透はさらに進む。  株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表:稲垣佳伸)のmyアンケートを利用して実施された調査「クレジットカードおよび電子マネーの利用状況について(調査主体:株式会社アイ・エム・プレス 東京都文京区 代表:西村道子)」が、月刊『アイ・エム・プレス』2014年3月号に掲載されました。■メインで使

2014年2月21日JCB★★★フィードバック数:0大型消費/投資

消費者調査です。

「クレジットカードに関する総合調査」2013年度

JCB、「クレジットカードに関する総合調査」2013年度の調査結果を発表 電子マネーの利用や、日常業種でのカード利用、生活費に占めるカード決済の割合が堅調に増加 株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、全国の一般消費者3,500名を対象に「クレジットカードに関する総合調査」を行い、2013年度版をまとめましたので発表いたします。「クレジットカードに関する総合調査」とは、クレジットカードの保有および利用の実態について、2000年以降、JCBが毎年実施しているインターネットによるアンケ

鉄道/駅/スーパー/コンビニが電子マネー普及に貢献―定期モバイル調査「電子マネー」(2)

We use cookies to provide you with a great experience. By using our site you to agree to our use of Cookies.

福島県内における電子マネーの利用状況について

福島県内における電子マネーの利用状況について

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0大型消費/投資

2012.06 電子マネー~消費行動への影響編~

2012.06 電子マネー~消費行動への影響編~

2013年4月3日D2Cフィードバック数:0モバイル

Present Now VOICE Vol.5

アンケートによるスマートフォンユーザの声をまとめた「Present Now VOICE Vol.5」を発行いたしました。 内容は下記のリンクからPDFファイルにてご覧いただけます。質問項目は以下のとおりです。1.音楽を聞くのに、どんなプレーヤーを使っていますか? 2.タブレット端末を使用していますか? 3.よく利用している電子マネーを教えてください。 4.本を買う際、どんな方法で買いますか? 5.好きな炭酸飲料を教えてください。<一部抜粋> 「利用している音楽プレーヤー」では、男女ともに「携帯電

2013年3月13日アイティメディアフィードバック数:4大型消費/投資

コンビニでの少額決済、電子マネー VS 現金、どちらが多かった?

コンビニでの少額決済、電子マネー VS 現金、どちらが多かった? 飲食店に行く際、重視するのはどちら?飲食店に行くときに重視するのは「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」だと答えた人は22%、「とても信頼できる仲間内の情報」と答えた人は78%という結果に。「マスメディアの情報」派のコメントからは、仲間を信用しないわけではないけれど、嗜好が合わない人のアドバイスでガッカリするのは避けたいという気持ちが見て取れる。また、マスメディアの情報はとにかく手軽に入手できるメリットが大きいようだ。「仲

2012年11月20日日本銀行★★フィードバック数:1大型消費/投資

電子マネーについてのまとまったレポートです。

(論文)最近の電子マネーの動向について(2012年)

ENGLISH2012年11月19日 日本銀行決済機構局要旨電子マネーの発行枚数・端末台数は、増加を続けている。伸び率は、一頃と比べ鈍化したとはいえ、引き続き高い水準にある。このように利用環境が拡大するもとで、電子マネーの決済金額・件数は、足許でやや増勢を強めている。1枚あたりの決済金額・件数は緩やかな増加を続けており、発行枚数の増加と相俟って全体の決済金額・件数の増加に寄与している。また、最近のサーベイ調査の結果をみると、電子マネーは、比較的少額の支払い金額帯における決済手段として普及が進んで

2012年11月9日ジャストシステムフィードバック数:3マーケティング要登録

通勤・通学者の移動中の買い物に関する調査

通勤・通学者の移動中の買い物に関する調査 駅売店よりも駅ビルや駅ナカで消費。 「1回あたり2,000円以上使う」人が36.7%通勤・通学者の移動中の買い物に関する調査46.0%の人が、鉄道車内や乗換時の移動中に予定外の行動を決断調査結果サマリー乗換駅などの施設で「週に5日以上買い物している」人が、22.6%セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、鉄道を利用した通勤や通学などにおいて、目的地への移動中や帰宅途中に、乗降駅や乗換駅などの施設における買い物の経験を聞いたところ、「週に5日以上買い

2012年8月22日総務省★フィードバック数:17大型消費/投資

電子マネーと所有と利用についてのデータです。

電子マネーの利用状況

ここから本文です。平成24年8月20日総務省統計トピックスNo.62電子マネーの利用状況−「家計消費状況調査」の結果から− 家計消費状況調査は、ICT関連の消費や購入頻度が少ない高額商品・サービスなどの消費の実態を安定的に捉えることを目的として、毎月実施しています。今回は、二人以上の世帯における電子マネーの利用状況について、平成23年の結果から取りまとめました。要約電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合は、電子マネーの調査を開始した平成20年以降、毎年上昇。電子マネーの利用回数が最も多かっ

2012年5月11日朝日大学★フィードバック数:1大型消費/投資

電子マネーについてのまとまった調査結果です。

2012.05 電子マネー~利用状況と使い分けの実態編~

2012.05 電子マネー~利用状況と使い分けの実態編~

2012年5月2日セレスフィードバック数:2大型消費/投資

電子マネーに関する調査

◆中年男性は電子マネーがお好き?◆使う理由はダントツでポイントを貯めるため!!◆コンビニの次に多く使用されているのは、意外にもスーパー!!調査概要・調査手法: モバイルリサーチ・調査地域: 全国・調査対象: 15?59歳の男女(モッピーモニター)・調査期間: 2012/4/23?4/24・有効回答数: 1,006サンプル: (10代:19.9%、20代:20.0%、30代:19.9%、40代:20.0%、50代20.3%): (男性:50.2%、女性:49.8%) 調査結果概要中年男性は電子マネ

2010年9月14日博報堂★フィードバック数:10マーケティング

博報堂がECの伸張に関するデータを発表しました。

不況下においても伸張を続けるオンラインショッピングと電子マネー

不況下においても伸張を続けるオンラインショッピングと電子マネー

2009年7月21日ぐるなびフィードバック数:0デジタル家電

エコポイント交換商品に関する意識調査

2009年7月14日ぐるなび発:エコポイント交換商品に関する意識調査エコポイント対象の家電商品購入者は、「予定」も含めて3割エコポイント交換商品人気NO,1は「商品券」~交換した商品券で「外食行きたい」は半数以上~ 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(東京都千代田区:代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、エコポイントの交換に関する調査を実施いたしました。7月1日にスタートした省エネ家電普及促進事業であるエコポイント制度のポイント申請や交換ですが、スタート時の消費

2009年7月21日日本銀行フィードバック数:1大型消費/投資

最近の電子マネーの動向について

ENGLISH最近の電子マネーの動向について(2008年度)2009年7月10日 日本銀行決済機構局要 旨 日本銀行決済機構局は、2007年度に続き、今般、主要電子マネーの2008年度の利用動向に関する計数を取りまとめた。電子マネーの決済件数・金額は、「電子マネー元年」と呼ばれた2007年度以降も増加を続け、発行枚数も2009年1月に1億枚を超えた。主要な電子マネーが利用可能な地域も全国的に拡がっており、電子マネーは小口決済手段のひとつとして一定の位置を占めつつあるように窺われる。  もっとも、

電子マネー関連ビジネスの最新市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング電子マネー関連ビジネスの最新市場動向がまとまりました 2008年の市場規模は1兆50億円。81%がコンビニ、スーパー、駅ナカ店舗での利用累計発行枚数は1億3,500万枚。枚数シェアではEdyとSuicaで56%2013年の市場規模は4兆1,500億円と予測。普及が期待できる業態は、飲料自動販売機、ドラッグストア、書店、ファーストフード店、タクシーなど市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下

2009年5月19日日経BP★フィードバック数:1マーケティング

携帯電話、ネットの利用状況に関するアンケート結果です。

ケータイサイト閲覧は世代間の差が顕著

携帯電話の高機能化が進んでいる。通話やメールだけでなく音楽鑑賞やワンセグの視聴,電子マネー,各種アプリケーションなど豊富な機能を搭載した機種も増えてきた。一方で,ケータイサイトを使ったサービスや,ケータイ上で稼働するアプリケーションもどんどん増えている。それに伴い,ユーザーの利用形態も多様化してきた。ユーザーは今,携帯電話をどのように利用しているのだろうか。 まず,携帯電話を主に何に使っているのかを聞いてみた(図1)。「メール」(85.9%),「電話」(74.5%)が多いのは当然の結果だが,「ワ

2009年4月6日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

―Trend Survey-コンビニエンスストアアンケート 激変コンビニ。ユーザー利用状況、電子マネーシェアなど調査

日経BPコンサルティング 岡田華織 この不景気のなか、小売の中でも比較的業績がよいと聞くコンビニエンスストア。日本フランチャイズチェーン協会のデータによると、2008年5月以降のコンビニエンスストアの売上高は前年同月比でプラスが続いている。自動販売機用の成人識別たばこカード「タスポ」の導入で、コンビニでのたばこの購入が増えたとも言われるが、モノが売れない時代に売上を維持できているのは注目に値する。 年中無休で24時間営業、食料品から日用雑貨まであらゆる生活必需品をそろえているほか、次々と店頭に並

2009年3月30日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

NRIがポイント・マイレージに関する推定値を発表しました。

国内9業界のポイント・マイレージ市場を推計・予測

ポイント・マイレージの2007年度発行額は8,000億円以上、2013年度は8,400億円超に ~ 国内9業界のポイント・マイレージ市場を推計・予測 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、国内9業界の売上上位企業(ポイント・マイレージを提供している企業に限る)が2007年度に発行したポイントやマイレージなどの金額を推計しました(来店キャンペーン等の購買金額にかかわらず発行されるものや、特別会員向けの追加発行分等は除く)。その結果、発行総額は

2008年10月7日日経BPフィードバック数:2大型消費/投資

電子マネーはどれを使っている?

朝,家を出たビジネスパーソンが,コンビニで雑誌を買い,通勤電車の改札を通過し,エキナカで朝食を食べる。自動販売機で買ったコーヒーを飲み,改札を出て職場へと向かう。昼食はカフェでサンドウィッチ。空いた時間で文房具を購入。残業が深夜に及び,タクシーで帰宅する――。今,このすべてのシーンで,電子マネーを使えるようになりつつある。電子マネーは,徐々に,確実に,生活に浸透している。 その種類も増えてきた。タイプとしては,カードタイプの「ICカード型」と,携帯電話に組み込む「携帯アプリケーション」がある。事

2008年9月1日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日本銀行による電子マネーの動向調査です。

最近の電子マネーの動向について

ENGLISH2008年8月22日 日本銀行決済機構局要 旨 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況をみると、年度末発行枚数は8,000万枚を超え、同発行残高(未使用残高)も771億円となった。また、年度中の決済件数は810百万件、同決済金額は5,636億円と、それぞれ大幅に増加した。こうした利用増加の背景としては、新規電子マネーの発行や一部電子マネーにおける相互運用の開始、共用端末設置の拡充等が指摘できる。 上記電子マネーの発行残高・利用金額等は、従来からの主要な小口決済手段である

2008年5月19日日経BP★フィードバック数:0大型消費/投資

日経TRENDYによる電子マネーの利用状況に関するアンケート結果です。

―Trend Survey-電子マネーアンケート

日経BPコンサルティング 相山幹子 このところ、種類も利用場面もグッと広がった「電子マネー」。携帯電話をかざして自販機でコーヒーを買い、ICカードをタッチするだけで自動改札を通過。立ち寄ったコンビニでは、クレジットカードで買うには気がひけるようなちょっとした買い物をICカードでサクっと支払い…これらはすべて「電子マネー」を利用するからできること。というわけで、4月のトレンドサーベイは、「電子マネー」をテーマに、利用状況やイメージを調査。「これが便利」「ここが不満」といった利用者の声と合わせて、調

2008年5月19日インデックスフィードバック数:0大型消費/投資

同業種間でのポイント、電子マネーの相互交換に関する意識調査

ニュースリリース詳細2008年5月14日「ポイントオン」、同業種間でのポイント、電子マネーの相互交換に関する意識調査を実施相互交換できると仮定した場合、利用したいサービスの1位は「電子マネー」、次いで「ECポータル」、「家電量販店」に関心が高い傾向 携帯を中心としたポイントエクスチェンジ事業に加え、モバイルリサーチ事業も展開するポイントオン株式会社(代表取締役社長:錦織 康之 本社:東京都千代田区 以下 ポイントオン)は「ポイントオンリサーチ」のモニターを対象に、同業種でのポイント、電子マネーの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ