調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電子メール

「電子メール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:※本ブログは、2016年9月26日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。 【2016年10月21日】 「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあ

2015年4月21日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 報道資料特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 総務省は、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号)第13条の規定に基づき「特定電子メール等による電子メールの送受信上の支

2015年1月15日オプト★フィードバック数:0デジタル家電

オプトの調査です。

年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査

オプト、「年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査」を実施~ 一般化する「SNSで新年の挨拶」、「年賀状の新たな趣向」の兆し ~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に、年賀状やオンライン上での新年の挨拶行動に関する調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。《トピックス》 1 オンライン上の新年の挨拶「電子メール」23%に次いで「LINE」が14%にのぼる

2014年7月3日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

データ転送ツールについての調査です。

業務での大容量データ活用は日常的 ただしメール貼付での転送に課題あり

ITmedia エンタープライズと日立製作所はこのたび、企業におけるデータ転送についての読者調査を実施した。調査によると、回答者全体の8割以上が業務における大容量データの転送を日常的に行っていることが分かった。また、最も使われているデータ転送方法は、電子メールへのファイル添付であるという結果となった。調査概要目的:企業のデータ転送に関する実態の分析、考察調査方法:Webによるアンケート調査期間:2014年3月7日から3月16日有効回答数:329件半数が電子メールで大容量データをやり取り データ転

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0デジタル家電

どんな年賀状をもらいましたか?(2008/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査正月の楽しみといえば、「年賀状」もそのひとつではないでしょうか。普段、なかなか会うことのできない学生時代の友人や、遠方の親戚など、年賀状を通して近況を知らせ合う風習は日本ならではと言えるかもしれません。また最近ではパソコンの発達が目覚ましく、デザイン性に富んだ年賀ハガキも増えており、もらう楽

メールとLINEなどの使い分け状況を調査しています。

電子メールに関する調査

電子メールに関する調査

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:22企業情報システム

クラウドサービスの利用率は14.4% 本格普及への条件は?

TechTargetジャパンが行ったクラウドサービスの利用に関する調査によると、職場でのクラウドコンピューティングを使ったサービスの利用率は14.4%だった。使われているのは電子メールやカレンダー、スケジュール管理のサービスが多かった。利用する上での不安はコンプライアンスやセキュリティに関連する内容が多く、サービス提供側はその解消が求められる。 調査は11月12日〜13日に25歳以上の経営者・役員、会社員を対象に実施。1030人が答えた。クラウドサービスは「インターネットに接続された外部サービス

2010年7月26日総務省フィードバック数:16セキュリティ/ネットワーク

送信ドメイン認証技術の導入状況についての調査結果

報道資料送信ドメイン認証技術の導入状況についての調査結果の公表 総務省は、いわゆる「なりすましメール」を防止するための技術的対策の一つである「送信ドメイン認証技術」の導入を推進しています。今般、送信ドメイン認証技術の導入状況について、電気通信事業者で実際に受信された電子メールの調査を行い、その結果を取りまとめましたので公表します。電子メールは、その仕組みの簡便さから、コミュニケーションツールの基盤として広く普及しました。一方で、送り手がだれであるかを確認する手段が備わっていなかったことにより、第

2009年9月30日トリワークスフィードバック数:4マーケティング

シニア層の生活実態調査を実施

“デジタルシニア”の96.1%が「ほぼ毎日」パソコンを利用〜老化防止にも効果あり!?〜 「パソコン・インターネット」を趣味にしたいと考えている”シニア(=デジタルシニア)層”は63.5%に上り、またその内96.1%の人が「ほぼ毎日」パソコンを利用している。このような調査結果が、株式会社トリワークスの子会社である株式会社DigiBook(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田武史)が行った「シニア層の生活実態調査」から明らかになりました。この調査は、9月21日の「敬老の日」にちなんで、60歳か

ユーザー側のフィッシングに関するまとまった意識調査です。

フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008

~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008について2008年07月30日フィッシング対策協議会は、2008年2月にインターネット利用者を対象とした「フィッシングに関するユーザ意識調査」を実施し、その調査結果をまとめました

2008年4月21日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによるセキュリティに関する意識調査です。84Pあります。

情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)

HOME情報セキュリティ情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)報告書の公開について 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)報告書の公開について掲載日 2008年 4月15日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)」を実施し、報告書を公開いたしました。 1.調査概要 (

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ