「電子媒体」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月18日朝日大学★フィードバック数:0デジタル家電

マンガ、雑誌、一般書籍、新聞の違いです。

2015.01 電子書籍~書籍種別の特性編~

電子書籍に関するマーケティングデータ~書籍種別の特性 編~朝日大学マーケティング研究所調査概要P.1■調査手法:WEBリサーチ■調査期間:2014年12月1日(月)~12月3日(水)■調査対象:首都圏在住の20歳~59歳■有効回答:414名【内訳】男性合計20代50名30代20代52名50名30代54名40代50名40代53名50代51名50代54名201名女性213名1.電子書籍・電子新聞の利用状況P.2• 紙媒体より電子媒体で読むことが多い層(電子のみで読む+電子で読むことが多い)はどの種別

BtoBサイト調査結果分析2014 第4回:カタログ・パンフレットの入手経路

BtoBサイト調査結果分析2014第4回:カタログ・パンフレットの入手経路第3回で見たように、BtoB顧客が購入検討時に参考にする情報として重要な位置を占めるものにカタログ・パンフレットがある。BtoB顧客はWebサイトをよく利用することから、電子媒体をダウンロードして入手することが多いように思われるかもしれない。 しかし、実際にはダウンロードは入手経路の2番目で、最も多い経路はおよそ半数を占める「営業マンや販売店」(49.2%)である。【図1】カタログ・パンフレットの入手経路(2014年)※単

2013年11月29日ウェブレッジフィードバック数:0デジタル家電

電子書籍とタブレットの利用状況に関して調査

IoT・モバイルに関するニュース・情報をお届け 電子書籍派は40代以上にも多い?! タブレットのターゲットは「おじさま」か!? 『ポストコ』を利用して、電子書籍とタブレットの利用状況に関して調査を行いました。今回の調査では、45%の方に電子書籍の購入経験があり、年齢別に比較すると、20〜30代の若い世代の購入経験率が目立ちました。しかし、「電子書籍と本のどちらがか良いか」という設問では、20〜30代よりも40代以上の方の電子書籍への支持が高く、比較的電子媒体に関心の強い若い世代以外からも関心を

2013年6月18日内閣府★フィードバック数:125社会/政治

ニートも重要なテーマです。

平成25年版「子ども・若者白書」

子供・若者白書について「子供・若者白書」は、子ども・若者育成支援推進法に基づく年次報告書として、平成22(2010)年から作成され、毎年、国会に報告されています。(参考)子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号) (抄)第6条 政府は、毎年、国会に、我が国における子ども・若者の状況及び政府が講じた子ども・若者育成支援施策の実施の状況に関する報告を提出するとともに、これを公表しなければならない。入手方法全国の主要書店や官報販売所、全官報直営店(政府刊行物センター)、オンライン書店で購入で

2012年6月6日内閣府★フィードバック数:126社会/政治

子どもが育っていく環境についての白書です。

平成24年版 子ども・若者白書

子供・若者白書について「子供・若者白書」は、子ども・若者育成支援推進法に基づく年次報告書として、平成22(2010)年から作成され、毎年、国会に報告されています。(参考)子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号) (抄)第6条 政府は、毎年、国会に、我が国における子ども・若者の状況及び政府が講じた子ども・若者育成支援施策の実施の状況に関する報告を提出するとともに、これを公表しなければならない。入手方法全国の主要書店や官報販売所、全官報直営店(政府刊行物センター)、オンライン書店で購入で

2011年12月28日アイティメディアフィードバック数:1ライフスタイル

2011年の気持ちを表す漢字は“驚”と“耐”、どっちが多い?

2011年の気持ちを表す漢字は“驚”と“耐”、どっちが多い? いろいろあった2011年。あなたの気持ちを表す漢字1文字は?2011年「今年の漢字」は“絆”に決定。確かに激動の1年において、強く実感されたのがこの“絆”だったかもしれない。それはともかくとして、キーマンズネットでは“驚”と“耐”の2文字を提示して、どちらが2011年にふさわしかったかを白黒つけていただくこととした。その結果、“驚”派が33%、“耐”派が67%という結果に。“驚”派ではやはり震災とその後の事故にただただ驚いたというコ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ