調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電子情報技術産業協会

「電子情報技術産業協会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月8日JEITAフィードバック数:0大型消費/投資

ドライブレコーダー統計出荷実績(2017年度第1四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2017年5月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第3四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2017年2月8日JEITAフィードバック数:0大型消費/投資

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第3四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2016年11月6日JEITAフィードバック数:0大型消費/投資

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第2四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2016年8月7日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第1四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2015年2月24日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

JEITAの調査です。

国内企業における「攻めのIT投資」実態調査

平成27年 2月23日 一般社団法人 電子情報技術産業協会JEITA、国内企業における「攻めのIT投資」実態調査を実施 〜 攻めのIT投資を42%の企業が実施。その効果と成功の要件が明らかに 〜●「攻めのIT投資」に「極めて積極的」な企業が約14%、「積極的」な企業が28% ● 「攻めのIT投資」を行った企業の半数以上が売上、利益ともに増加 ● 成功要因はトップのリーダーシップ、IT投資の見える化、ITガバナンス、利用部門がIT投資へ関与 ● 「守りのIT投資」の企業でも、より積極的なIT投資の

2014年4月2日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

高齢者が安心・安全でスマートな生活が出来る社会の創出に向けた取組みを開始~高齢者のニーズ調査を実施しました~

トップページ > 高齢者が安心・安全でスマートな生活が出来る社会の創出に向けた取組みを開始高齢者が安心・安全でスマートな生活が出来る社会の創出に向けた取組みを開始一般社団法人 電子情報技術産業協会 CE部会 部会長 毛利雅之高齢者が安心・安全でスマートな生活が出来る社会の創出に向けた取組みを開始 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)CE部会は、コンシューマ・エレクトロニクス機器並びにシステムが、地域コミュニティを形成し、そこでの活動を通じた人と人との絆や“生きがい”をもたらす環境を提供

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ