調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電気事業者

「電気事業者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年8月4日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

サイト閲覧行動から見る電力小売り自由化市場

都市圏では大手電気事業者の新たな契約メニューへの変更を検討する人が少ないガス系事業者へ契約を変更した人は電気料金の比較サイトで検討携帯キャリア系事業者へ契約を変更した人は電気を含めたセット割に的を絞ってサイト検索保険や住宅ローン、通信料金など家計の見直しタイミングで、電気会社の契約を変更都市圏および北海道で電力会社の契約変更を検討している人が多い株式会社インテージは、インターネットやテレビなどの広告・情報視聴と購買行動や生活者の属性情報の関係性を捉えることができる「i-SSP」(インテージシング

平成28年度供給計画の取りまとめ

更新日:2016年6月29日平成28年度供給計画の取りまとめについて 当機関は、電気事業法第29条に基づき電気事業者が国に届け出た平成28年度供給計画について、同条に基づきこれを取りまとめ、経済産業大臣に送付いたしましたのでお知らせいたします。以上総務部 広報グループ広報グループ直通:03-6634-6555/6557FAX:03-6256-8512 電力広域的運営推進機関〒135-0061 東京都江東区豊洲6-2-15 電話 03-6632-0910(代表) FAX:03-3520-871

2015年5月28日帝国データバンク★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

TDBの調査です。

第2回「新電力会社(特定規模電気事業者、PPS)」の実態調査

2015/5/28第2回「新電力会社(特定規模電気事業者、PPS)」の実態調査駆け込み需要で登録社数が急増〜 電力小売りの自由化に向けて参入企業相次ぐ 〜はじめに東日本大震災以降、再生可能エネルギーの注目度が高まり、「新電力会社(PPS)」事業への新規参入が相次いでいる。特に、2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が開始され、全国的に太陽光発電所が急拡大した背景がある。さらに、来年4月とされる電力小売りの全面自由化を見据えて新規参入を狙う企業が増えており、電力小売り事業の

2015年4月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別CO2排出係数の検討に係る基礎調査)報告書

平成26年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別CO2排出係数の検討に係る基礎調査)報告書

2014年8月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業 (工場等判断基準順守状況等分析調査事業)

経済産業省委託事業平成 2 5 年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(工場等判断基準遵守状況等分析調査)平成 26 年 3 月目次はじめに........................................................................................................................................ - 4 1.省エネ法に基づく定期報告書・中長期計画書................

2014年8月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

グリーン電力市場に関する調査結果 2014

2014年08月21日 グリーン電力市場に関する調査結果 2014 ~2016年度の電力小売全面自由化とともに、グリーン電力の供給事業が急速に拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のグリーン電力市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~7月2.調査対象:PPS(新電力事業者あるいは特定規模電気事業者)、電力供給関連事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<グリーン電力とは>グリーン電力とは、太陽光や

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度電気事業者の会計に関する調査報告書

平成23年度電気事業者の会計に関する調査報告書

2013年2月13日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

石炭火力発電の予見性が低下

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東日本大震災以降、安全の追求を最優先に置いた電力の安定供給体制の構築が進められている。太陽光発電等の再生可能エネルギーは安全で環境適合性は高いが、供給が不安定で現時点ではコストが高い。そのため、当面は、安定供給と経済効率性を兼ね備えた火力発電に依存せざるを得ない状況にある。現在、電気事業者が頭を悩ませているのは、火力発電の電源構成の内訳である。ベース電源だった原子力発電の代替には石炭火力が適しており、

2012年2月23日帝国データバンクフィードバック数:8社会/政治

100業界231分野の2012年度天気予測 -2012年2月-

2012年2月23日特別企画:100業界231分野の2012年度天気予測 -2012年2月- 2012年度天気は停滞、前年度から「横ばい」が7割強〜52分野が改善を見込むも、復興需要は限定的〜 東日本大震災の発生からまもなく1年を迎える。消費税の増税や社会保障制度改革などの政策の先行き不透明感が続くなか、復興需要の増加による内需産業の回復力は限定的で、全体を押し上げるまでには至っていない。また、歴史的な円高や不安定な欧米景気などを背景に輸出産業も停滞し、国内景気は踊り場局面が続いている。福島

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ