「電気新聞」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年12月10日電力中央研究所フィードバック数:0社会/政治

今後の我が国の人口・世帯数はどのように推移するか?

ゼミナール(55)今後の我が国の人口・世帯数はどのように推移するか?中野一慶今後の電灯需要を見通すためには、契約の基礎単位である世帯数のみならず、構成人数や年齢等の世帯形態の変動を把握する必要がある。その基礎となるのが地域別・男女別・年齢別の人口である。地域の人口は出生数と死亡数の差の自然増減と、転入者数と転出者数との差の社会増減で決まる。これまで地域ごとの人口の差異を生んでいたのは主に社会増減であった。地域の社会経済の将来動向に関する分析では、国立社会保障・人口問題研究所の都道府県別人口予測結

2013年6月5日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の節電は継続するか?

ゼミナール(44)家庭の節電は継続するか?西尾健一郎東日本大震災後の原子力発電の稼働率低下により、特に夏場において電力が不足しがちな状況が続いてきた。2011年夏は東電・東北電管内で15%の数値目標を伴う節電が実施され、関電管内でも10%の節電が要請された。12年夏は東電・東北電管内では数値目標は設定されなかった。関電管内では当初15%の節電目標が設定されたが、大飯原子力発電所の再稼働を受け10%に緩和された。九電・北電・四電管内でも数値目標が設定された。節電協力の結果、これまでのところ需給逼迫

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ