調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電気自動車

「電気自動車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月29日イードフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

e燃費アンケート2016-2017

News 2017年3月22日 『e燃費アンケート2016-2017』を発表 「燃費満足度」の最重要ファクターは「実燃費」、ユーザーが求める燃費表示は「実燃費+走行シーン別」、自動車購入時のユーザー心理は「エコ<エコノミー」 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)が運営するマイカー燃費管理サービス「e燃費(イーネンピ)」()は、同サービスのユーザーを対象に行った燃費意識調査等を集計・分析した調査レポート『e燃費アンケート2016-2017』を発表いたします。 『e燃費アンケ

2017年2月8日Roland Bergerフィードバック数:0大型消費/投資

E-モビリティ・インデックス( “E-mobility index for Q1 2017")

E-モビリティ 世界7カ国の最新調査日本は総合評価でトップ ローランド・ベルガーは、電気自動車*を生産する主要7カ国を対象とした調査「E-モビリティ・インデックス( “E-mobility index for Q1 2017")」をドイツの著名な自動車研究機関であるfka**と共同で発表いたしました。本調査は、「産業」、「技術」、「市場」という3つの指標を用い、各国(ドイツ、フランス、イタリア、米国、日本、中国、韓国)の競争力を比較しています。今回の調査では以下のことが明らかとなりました。

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

2017年KPMGグローバル自動車業界調査結果について 2017年KPMGグローバル自動車業界調査結果について 監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークであるKPMGインターナショナル(チェアマン:ジョン・ビーマイヤー)は、この度「KPMGグローバル自動車業界調査」の結果をまとめましたので、お知らせします。 本調査は、世界の自動車業界の現状と将来の展望を分析することを目的に、KPMGインターナショナルが毎年行っている調査です。18回目とな

2016年6月12日パーク24★フィードバック数:0大型消費/投資

「電気自動車」に関するアンケート

ページ内リンク 【パーク24】電気自動車の理解度アップ 普及には車体価格がカギ!?パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果トピックス ① 電気自動車 1回充電あたりの航続距離に対する理解度が向上 ② クルマの燃料、1番人気は「ガソリン」。次いで「電気」 ③ E

2015年4月27日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「次世代自動車市場」に関するアンケート

[アスタミューゼ株式会社] ,電気自動車 未来 トヨタ自動車 次世代自動車 自動運転 アスタミューゼ astamuse 燃料電池車 アスタビジョン astavision

2015年3月9日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

「電気自動車」に関する意識調査

ページ内リンク 【パーク24】ドライバーが考える電気自動車の航続距離は50km以下 実際の航続距離と大きな差が!パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関する意識調査」についてのアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果トピックス ① 燃料でクルマを選ぶなら半数は「ガソリン」、次いで「電気」が17% ②

2014年10月3日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資要登録

自動車に関するアンケート

自動車購入、14.0%の人が“普段運転しない”にも関わらず決定権を持つ ハイブリッド車や電気自動車への買い換え意向、運転する人はしない人の約3倍自動車購入、14.0%の人が“普段運転しない”にも関わらず決定権を持つ自動車の新技術として、運転する人もしない人も「衝突回避」に期待調査結果サマリー自動車購入、14.0%の人が“普段運転しない”にも関わらず決定権を持つ自家用車を普段運転することが多い人に、自家用車購入時の決定者を聞いたところ、「本人」(78.5%)が最も多く、次いで「配偶者」(9.2%)

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)セイシェル共和国に関する調査~セイシェル国における電気自動車導入スマートグリッド化事業の検討~

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)セイシェル共和国に関する調査~セイシェル国における電気自動車導入スマートグリッド化事業の検討~

2013年11月21日マクロミル★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

HV、EV、PHV、FCV、CDVの調査です。

次世代車に関する調査

2013年11月21日次世代車の名称認知度はいずれも8割以上。興味度はハイブリッド車が6割強で最も高い 次世代車の魅力度・購入意向は、ハイブリッド車がそれぞれトップ次世代車購入時の追加許容金額は、燃料電池車が最も高い382,830円。ただし、「追加支払いしたくない」という人も3割程度存在株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、日刊自動車新聞と共同で、全国の20~69歳の自家用車所有者1,029名を対象に「次世代車に関する調査」を実施しました。

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

2011年、今年の日本を漢字一文字で表すと?(2011/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年6月5日電力中央研究所フィードバック数:0大型消費/投資

電気自動車・プラグインハイブリッド車の利用者はその性能に満足しているか?

電気自動車・プラグインハイブリッド車の利用者はその性能に満足しているか?

PwCによる調査です。

電気自動車に関する調査報告書 2012年版

Charging forward‐電気自動車に関する調査報告書2012年版‐PwCによる電気自動車(以下、EV)に関する調査報告書は、2011年4月版に続き2度目の発行となり、短期、中期、長期にわたってEVを成功に導く主要な要因について評価することを目的として作成されました。自動車、ユーティリティ、エネルギー、テクノロジー、政府、金融、教育の各セクターを代表する、34カ国200名以上が本調査に回答を寄せています。本調査報告書には、その中から選り抜いた結果をまとめ、EVの現在および将来の見通しに対

2012年11月26日ソニー損害保険★フィードバック数:62大型消費/投資

車の所有・利用についてのまとまった調査です。インフォグラフィックも付いています。

2012年 全国カーライフ実態調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2012年 全国カーライフ実態調査 前編」 「ガソリン代・燃料費」の負担感は3年連続上昇10代・20代男性の3人に1人が「マイカーは軽自動車」シニア層の新車購入離れ? 買い替えを新車で考えている50代は1年で10ポイント減少電気自動車を新車で買いたい方の予算 平均198万円、小型電気自動車に注目か電気自動車普及には充電場所の充実が「必要不可欠」8

2012年6月21日イードフィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

一般ドライバーの電気自動車に対する意識調査

News 2012年6月21日 一般ドライバーの電気自動車に対する意識調査、『EV Report Vol.3』の提供を開始。6月26日にセミナーも開催 2012年6月21日 各位 一般ドライバーの電気自動車に対する意識調査、『EV Report Vol.3』の提供を開始。6月26日にセミナーも開催 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、2012年版となる『EV Report Vol.3』の提供を開始しました。一般ドライバーの電気自動車

2012年6月4日オークネット★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

EVについての消費者の意識調査です。

電気自動車に関する意識調査

TOPオークネット総合研究所 消費者アンケート結果~電気自動車に関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所 消費者アンケート結果~電気自動車に関する意識調査~情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL )は、『オークネット.jp』()上で、「電気自動車に関する意識調査」を実施しました。今回は普段の自動車の利用から電気自動車(以下、「EV」)に対する興味・関心、購入意欲を調査し、EVの普及の可能性についてまとめました。1.実施概

電気自動車についての意識調査です。

電気自動車に関する国際意識調査

カテゴリEducation & Personnel IT・セキュリティマネジメントシステム交通・運輸企業健康産業産業・建設製品安全

2011年4月26日IPA★フィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

自動車・組み込みセキュリティに関する調査結果です。

2010年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査

「2010年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査」報告書の公開掲載日 2011年4月26日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、自動車の運転操作や盗難防止等に関する、制御系システムについての事件・研究等の事例と、電気自動車(EV,Electric Vehicle)に特有な脅威と対策等について、「2010年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査」の報告書としてまとめ、2011年4月26日(火)から、IPAの

2010年12月28日アクアビットフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン二次電池の世界需要は、2025年に約100倍に拡大

株式会社アクアビット報道関係者 各位2010年12月17日 株式会社アクアビットリチウムイオン二次電池の世界需要は、2025年に約100倍に拡大〜電気自動車や電動二輪車の普及、新興国におけるパソコンや携帯電話などの需要急増を背景に〜 〜12月18日発売、「未来予測レポート」最新刊で予測〜株式会社アクアビット(本社:東京都中野区、代表取締役:田中栄、以下「アクアビット」)は、2010年12月18日発売の「未来予測レポート2011-2025」において、リチウムイオン二次電池の世界需要が2

2008年12月9日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気自動車

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ今後購入してみたい自動車のトップは「ハイブリッド車」。次いで「ガソリン車」「電気自動車」と続く 電気自動車のイメージは、「環境にやさしい」「価格が高い」「電力が切れたときが不安」などが上位 自動車メーカー以外で電気自動車の開発を期待する業界は、「家電メーカー」31.3% 電気自動車の開発に積極的だと思うメーカーは、「トヨタ」45.4% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ