「電気製品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月31日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

ビッグデータを活用して高精度な米国の景気動向分析を実現

Blog Post:正確なインフレ率測定に活用できる、オンラインの物価変動を測定するデジタル指数「Digital Price Index」を発表 ※以下は、2016年3月16日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。 【2016年3月22日】 米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、ビッグデータを活用して高精度な米国の景気動向分析を可能にするDigital Economy Projectを発表しました

2015年6月1日GMOインターネット★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日中国人の消費です。

訪日中国人の消費行動調査

〜嗜好品、ぜいたく品などのショッピングに高い期待〜  GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する中国の提携モニターを対象に「訪日中国人の消費行動調査」を実施いたしました。過去3年以内に訪日旅行経験のある男女 552名過去に訪日経験はないものの、 今後3年以内に訪日旅行予定のある男女 540名  近年、アジアにおける中間所得者層の増加や円安といった背景を受け、訪日外国人旅行

2015年5月15日MasterCardフィードバック数:0ライフスタイル

2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比10.9%増加 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の3月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比10.9%増加しましたが、前年同月比1.4%減少しました。春分の日は各部門の販売に

第57回:3年間に使った金額(電気製品)(2013)

ブランドなんでもランキング第57回:3年間に使った金額(電気製品)一人の顧客が特定のメーカーに使う金額の大小はそのメーカーのブランド力の大小を端的に反映していると考えられます。電気製品に私たちはどれくらいの金額を使っているのでしょうか。今回はソニー、パナソニック、シャープ、キヤノン、アップルの商品について過去3年間に使った金額について聞いてみました。実際に使った金額の一人当たりの平均(「0円」と「覚えていない/わからない」をのぞいてそれぞれ平均値を用いて算出)を出してみると最も高かったのはパナソ

グラフで見る関西経済(2013年4月)

2013年04月25日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しの動きがみられる。生産は前月比で増加となる業種が増えるなど、持ち直しつつある。ただ、輸出は、実質輸出が2ヶ月連続で減少となるなど弱い動きとなっている。雇用所得環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などで持ち直しの動きがみられるが、賃金は弱含んでいる。厳しい所得環境が続く中、個人消費は横ばい圏で推移している。また、公共投資は、このところ前年比での減少が続いている。先行きは、海外経済が緩やかに回復する中、持ち直しが見込まれるが、足下の経済状況

主婦を対象とした夏の節電についての調査です。

主婦の節電と暑さ対策に関する調査

パルシステム生活協同組合連合会、『主婦の節電と暑さ対策に関する調査』を発表 パルシステム生活協同組合連合会は、「主婦の節電と暑さ対策に関する調査」をモバイルリサーチにより、2012年6月5日~6月11日の7日間において実施し、1,000名(調査対象者: 20歳~59歳の既婚女性)の有効サンプルを集計いたしました。 パルシステム生活協同組合連合会()(本社:東京都新宿区、理事長:山本 伸司)は、「主婦の節電と暑さ対策に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2

2011年9月7日経済産業省フィードバック数:0デジタル家電

家庭電気製品の量販店販売月報(平成22年8月~平成23年3月分)

既存の生産統計及び輸出入統計に加え、新たに家電流通に関する統計を調査して総合的に検討することにより、家電業界の総合的な状況を把握でき、経済産業省として家電業界の不況対策、家電流通の適正化等家電業界の産業振興に資するための政策に当該統計を活用することを目的とする。 平成23年3月をもって、本統計調査は終了しました。経済産業省 商務情報政策局 情報通信機器課 TEL 03-3501-1511(代表)(内線3981) 03-3501-6944(直通) 経済産業省 〒100-890

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ