調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 需給ギャップ

「需給ギャップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月4日タスフィードバック数:0大型消費/投資

賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年12月

首都圏版関西圏・中京圏・福岡県版2016年12月December 20161.2016年10月期 首都圏賃貸住宅指標2.2016年10月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標3.2017年関西圏・中部圏・福岡県の賃貸住宅市場の見通し2016年12月22日発行TA S1.2016年10月期 首都圏賃貸住宅指標東京都23区全域空室率TVI(ポイント)神奈川県市部埼玉県千葉県11.5611.2414.4514.8217.3315.362.932.923.033.603.393.37更新確率(%)42.

No.33 【日本の物価と需給ギャップ】

No.33 【日本の物価と需給ギャップ】

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップとインフレ圧力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インフレ圧力を測る際の代表的な指標の一つである需給ギャップは、実際のGDPと供給力を表す潜在GDPとの乖離を表したものである。しかし、潜在GDPは推計方法によって変わり得るため、真の需給ギャップの測定は難しい。内閣府は1-3月期の日本の需給ギャップをマイナス0.2%と推計しているが、日銀はすでにプラスになったと推計している。今年10月にQE3による資産買い入れを終了するとされるFRBの次の政策の焦点は

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

デフレ脱却宣言はいつ出るのか

デフレ脱却宣言はいつ出るのか | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却宣言はいつ出るのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は12/24に発表した12月の月例経済報告で、物価の判断を「底堅く推移している」とし、4年2ヵ月ぶりに「デフレ」の文言を削除した。ただし、日本経済がデフレに再び逆戻りするリスクを完全には排除できないことから

2013年11月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NIES諸国に忍び寄るディスインフレ圧力 ~景気低迷や負の需給ギャップに加えて、不動産市況の行方にも注意が必要~

NIES諸国に忍び寄るディスインフレ圧力 ~景気低迷や負の需給ギャップに加えて、不動産市況の行方にも注意が必要~

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却のカギを握る需給バランス ~2014年以降の需給バランスはどうなるか~

Economic Trendsデフレ脱却のカギを握る需給バランス~ 2014 年 以 降 の 需 給 バ ラ ン ス は ど う な る か ~経済関連レポート発表日:2013年11月18日(月)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 4 月の消費税率の引上げを前にして、GDP ギャップはマイナスからプラスに転じようとしてい る。需給環境の改善が進むことは、増税によってデフレが再燃するリスクを予防する。デフレ脱却を明 確にするには、一過性の需要

今回の物価上昇はこれまでと違うのか

今回の物価上昇はこれまでと違うのか | ニッセイ基礎研究所 今回の物価上昇はこれまでと違うのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)上昇率が0%台後半で推移し、米国型のコアCPIも2013年10月には5年ぶりのプラスとなることが見込まれるなど、ここにきてデフレ脱却の機運は着実に高ま

2013年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却は金融緩和だけでは困難

リサーチ TODAY2013 年 2 月 21 日デフレ脱却は金融緩和だけでは困難常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「金融緩和でデフレ脱却はできるか」、本論は改めてこの問いに対して答えるものである1。下記の図表は、日本と米国の実体経済における需給状態と物価上昇率の動きをみたものである。ここで実体経済の需給状況を示す指標には、日米で多少異なるものが用いられるが、考え方の基本は同じである。図表を振り返っても、実体経済の需給状況と物価上昇率の間に極めて深い関係があることが示される。たとえば、日

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ