「需給展望」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月9日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給見通しです。

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-要約 現在、日本政府は、需要見通しとエネルギーミックスの検討を進め、2030年のエネルギー需給の定量的な姿を示そうとしている。当所では東日本大震災直後に、2030年までの産業構造・エネルギー需給展望を実施したが(浜潟 [2013])、この2年余りの間に、エネルギー需給を巡る情勢は大きく変化した。需給見通しは、エネルギーミックスの議論の土台となるため、継続的な見直しが不可欠である。本稿では、見

2014年11月23日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネの見通しです。

業務・家庭部門の省エネの見通しについて-2030年までの将来展望のためのシナリオ分析-

業務・家庭部門の省エネの見通しについて −2030年までの将来展望のためのシナリオ分析−要約 2014年4月に新しいエネルギー基本計画が閣議決定されたものの、将来のエネルギー需給の定量的な姿については、未だ示されていない。当所では、震災直後に、2030年までの産業構造・エネルギー需給展望を開始した(浜潟他(2013))。しかし多くの不確定要素がある中での展望であったために、様々な検討課題が残った。中でも、震災直後の節電の定着への関心の高まりに見られるように、省エネの将来見通しには大きな不確実性が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ